【香港-中国】間の国際電話節約術(SIMカード着せ替えニンギョウ!?)

以前の日記で、「香港でのPCインターネット接続のこと」を書きました

が今回は「香港携帯電話での国際電話節約術!?」についてです。


【参考過去日記】→「香港でのお手軽PCインターネット接続方法」



「香港」から「中国」に電話をすると「国際電話(料金)」です。

(逆もまたしかりですね)


そう、通信事業者も異なり国際電話(料金)になります。

携帯3


「香港」と中国の「シンセン地区」(マカオもそうですね)は距離的

にもバスや電車等で1時間範囲で行けるほど近いです。


そう、この近さは移動イメージで例えるならば、東京から神奈川の

元町中華街に行くような感覚!?と言えば分かりやすいでしょうか。



そのような気軽さ!?もあってか香港の人達、特に週末になると

少し物価の安い深センに行って、ゆっくりお買い物やマッサージ、

観光などで過ごすケースも多いです。

(香港は、結構何でも高い!?ですしね。)




そしてタイトルのお話に戻りますが、そんな週末や夕方以降

の「香港→中国行き」のバスや電車の中では、携帯電話を

ガチャガチャ、イジイジしている風景を特によく見かけます。




ワタシ最初は、、、「みんなして何をやってるんだろうなー」と。




それが最近、判明&理解できました。(なはは)




そう、タイトルです。



ご存知かもしれませんが、

「香港の携帯電話はほぼすべてがSIMロックフリー」。

(香港では、公式的に様々なSIMロックフリー携帯があります)



つまり、携帯電話の中に入っている「SIMカード」(端末、

簡単に言いますと電話番号登録情報)は着せ替え人形のごとく、

携帯本体に入れ替えて使用できます。



逆を言うと、「中国のSIMカード」もそのまま使えるんですね。



ということは中国内では中国のSIMカードを差しこんじゃえば、

中国国内では国際電話ではなく、国内電話(料金)ということに。



そうなんです、このようにして皆さん、上手く使い分けていたんですね。



でも、、、自分がそこで疑問に思ったのが、「SIMカードは1枚1枚

それぞれに電話番号が有る」わけですから、カードを差しかえれば

「香港の電話番号」&「中国の電話番号」の2つの番号を持つ事に。



なんかそれって、、、例えば友人に予め2つの連絡先(香港にいる時

=香港番号、中国にいる時=中国番号)を伝えておかなければなら

ないのか、、、みたいな多少の面倒さを感じたり!?



もちろん、このように2つの番号(中国&香港)を分けて使用

している方もいますが、「一つの電話番号」で統一して使用

できないのかなーと。横着ですびばせ~ん、てへへ。




でも、、、そう思う人もいるはず。




ハイ、、、やはりできました。(なはは)



それがどうなってるのかですが、、、実に簡単でした。




中国にいる(中国SIMカードを使用中)時に香港の電話番号

にかかってくると、「自動転送」されるという仕組みです。

(自動転送されるように予めセットしておく)



なるほど、簡単ですな。




そしてそのやり方ですが、聞いた話ではほぼ以下の手順で統一

されているっぽいです。

(↑もしかしたら自分が他のタイプを知らないだけかもしれませんが)



まず「携帯本体」+「香港SIMカード」&「中国SIMカード(転送)」を準備。

(香港の至る所にある携帯屋さん等で売ってますよー。

香港は世界でもケータイのメッカ)



その後は以下の手順にて。


(1)「米米21米」+「香港用戸號碼」+「#」

(2)中国SIMカードに入れ替える。

(3)「13800138000」+「神州行儲卡可用戸號碼」+「#」


これで完了です。

SIMカード入れ替え
(携帯のカバーを開けてSIMカードを入れ替えます。
尚、写真上の部分の「ドラゴン」は携帯電話とは関係ありませんです。
自分がたまに着ているスヌーカーTシャツです。なはは)


注意点は中国へ入る前(香港にいる間)に(1)を済ませておく事です。

【備考1】「香港用戸號碼」&「神州行儲卡可用戸號碼」
     というのは、中国SIMカード(転送可)を入手した
     ときにカードに書いてある番号です。


【備考2】中国から香港に戻ってきたら、「香港SIMカード」に戻して
    「##21#」にかければ元の香港携帯に戻ります。


【備考3】「神州行」とは「中国移動通信(電話会社)」が販売している
      SIMカードです。自分はこちらを利用しています。

神州行SIMカード
(これが神州行「中国SIMカード」)


これで香港、中国どっちにいても各国内通話ができます。



これも、、、知ってると知らないでは電話料金(もちろん

SMSメール料金も)が随分(雲泥の格安!)違いますねー。

携帯2


そう、、、香港携帯を持参して中国に滞在している際に

かける電話は、全て国際電話になってしまう訳ですから、

これを活用することで国内通話状態に切り替え、電話代

を「一気に」節約できるという仕組みです。



みなさん、、、よく考えてますな。(なはは)



ということで、、、今回の日記は「香港&中国のSIMカード

差し替え(自動転送)で国際電話が国内通話状態に!?」でしたー。


携帯1
(この画像、、、オウマさんがパッパカしています、さすが香港!?)

※あっ、TVドラマや映画、スポーツ番組等も見れますぞ!

【追伸】上記手順、、、香港人の方達の入れ替える手つき、、、
    プロです。(なはは)
    日常的しぐさとでもいいますか、入れ替え&動作が
    メチャクチャ速いです。
    自分もあんな風に、、、中国行きの電車やバスの中でサラッと
    「最速SIM入れ替え」ができるようになりたいなー、なんて。
    現在の自分はまだ、、、「えっと、まずはコレやってぇ、
    次はコレやってぇ」みたいなモンモンした感じの手つきです。
    (なははのは)

【追伸】日本でも「SIMロックフリー」の議論が色々なされているようですね。
    いよいよ解禁!?→「参考記事/総務省モバイルビジネス研究会」

2010.02.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 香港生活&香港撞球

«  | HOME |  »

プロフィール

hammer

Author:hammer
台湾のビリヤード(撞球、POOL)スタイルにハマッたHammerの日記。(這個是Hammer的部落格上面還記
載了學中文及生活的許多事)...そして2012年4月以降、中国広東省シンセン市南山区にてHammer Billiard Club本店(深圳汉默台球俱乐部)を、2014年8月に深セン最大級のポケットビリヤード場、Hammer Billiard Club旗艦店を、その後帰国し2016年4月8日より広島ビリヤード&カフェバー胡町電停前店をOPEN!

@台湾

2009年(JET) jet2.jpg 2008年(中文台) 爆桿bingo logo

Blog Logo

Blog Logo

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

POOL!

ボール写真

CalendArchive

ブログ内検索

World Pool Championship

2009年(球歴5年生) blog用world pool championship 2008年(球歴4年生) 圧縮版 2007年(球歴3年生) 2007年世界選手権

MY CUE

1代目サウスウエスト

MY CUE CASE

myキューケース

翻訳Leggero

地獄の世界選手権STAGE1

地獄のSTAGE1!

月別アーカイブ

FC2カウンター

Dragon cue case@台湾廟

ビリヤードケースと廟logo

リンク

このブログをリンクに追加する

I’mラックマン!(ははは)

delta13.jpg

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

不撓不屈

龍馬精神

ASIA好き!

@台湾  台北101煙火 台北101新年 @台湾 台南(お店入口!) 台南搾門      ジャンプしょっとお! フィリピン上空     @フィリピン フィリピン @マレーシア @マレーシア @マカオ マカオにて     @香港 「THE100万$夜景」 100万ドルの夜景 名物「せり出し看板」 香港のせり出した看板 「STAR FERRY」 定番色スターフェリーlogo 「HONG KONG NEW YEAR!」 香港TST時計台花火 「アチョー!」詠春拳!? 服    @中国   「深セン」 シンセン駅 「中国高速鉄道CRH」 和#35856;号 「広州」 広州駅 「珠海(九州港)」 The 船! 「湖南省張家界」 天橋

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング