「自信が自信を育てる」

以前より度々、ビリヤードを経験していく中では、

「できるだけ勝ちながら成長する」、そして

「負け経験の累積は良くないかも!?」という

ようなことを書いてきていますが、そのことについて

もう少し触れてみたいと思います。



『関連日記』
  ・・・「ビリヤード人生において負けグセは上手くなっても抜けられないかも!?」




そう、「負けグセ」はビリヤード開始当初を含め、もしも長年身に付いて

しまったら、例えゆくゆく上達したとしても「なぜか負けやすいかも!?」。


もちろん、それを乗り越えられれば強選手になれるかもしれませんが、

センスに加え更なる多大な時間と努力が必要かもです。




主に海外ではビリヤードをする際、「できるだけ負けない様に

(せめて対等と予想できる位に)ハンデを交渉する」ということを書き

ましたが、これは単に「お金の面」だけでなく、「プレイヤー

としての将来の姿」にも大きく影響している気がします。




でもハンデに関しては特に日本の場合、その日本人の思想??

としてなのか、「なんとなく恥ずかしい」とか、「申し訳ない」とか、

あるいは「見栄???」があるのか、、、なかなか、ハンデ交渉は

難しいところもあるかもしれません。



実際、私も日本を離れる前はそうでしたもん、でも今は

「貰えるなら貰えるだけ、いくらでも」欲しいです。(なはは)




「自信を持って球を撞く」なんてよく聞くセリフかもしれませんが、

これは「それ(→自信)を意識すること」や「それ(→自信)を持つこと

を希望すること」で自信が持てる訳ではないです。




「自信」には技術うんぬんもありますが、それをも凌駕して「勝ち経験」

こそが「自信」に繋がる(=自信を持って球を撞ける)のかもです。




つまりそれは、、、「自信が自信を育てていく」のだと思います。




そういえば「勝ちだすと続けて勝ったり」というのを経験することが、

ままあるかと思います。

でも「負けだすと、ひたすら負のスパイラル」みたいな。

(もちろん、逆転することもありますが、どちらかというと少なめ傾向!?)





「勝ち経験こそが自信を育てる」。




逆を言いますと「劣等感は劣等感を育てる」。




先日、、、某国最高峰の国立大学(なはは)の

心理学教授の書物を見つけまして。



この書物、、、「おっ、コレは!」でした。


何度か日記にしております「ビリヤードは成長過程を含めて

負け経験の累積は良くないかも」に置き換えるとそのまま

通じるようなことが書かれてありました。





そう、、、できれば「次世代のビリヤード若手選手の方々」。

ビリヤードの「開始初期~成長期」を含めて、できるだけ最初

から「勝ち数を少しでも多く経験しながら」成長して行って

欲しいなーと個人的には思います。


「負けて、悔しい、そこから多くの事を学ぶ。」


これももちろん重要な要素の1つに挙げられますが、

「もっともっと上のレベルになった時に本当の意味で

多くの事を学べる」のかもしれません。




もう一度書きますが「自信が自信を育てる」




これはビリヤードの世界だけでなく、社会の中でも同じことが言えそうです。




この、、、「健康的に自信を育てて行く」ことが出来れば、この先

どんなシンドイ壁にぶつかっても、(それに逃避せず)前に進んで

いけるのかもです。





あと、、、「ラッキー」とか「成功運」、「達成運」みたいな、、、

そういうのって、、、「生まれ持った方」もいらっしゃるかも

しれませんが、それは「育てる」ことも可能なのかなーなんて!?




話は少し変わりまして「育てる側(つまりコーチ)」の立場

で考えたときの現段階での自論をば。




「教え子の成果」は「教え子の(健康的な)自信度」だと思います。




やはりこれも例えば「会社社会」でも同じことが言えると自分は思っています。


会社社会ならば、上司の「部下に対する教育の成果」は

「部下がどれだけ(健康的に)自信をつけて、自信を持って

仕事をしているか」。



あれれっ、なんか今回はエラそうなこと書いちゃった~、、、てへへのへ。



ということで、、、「自信が自信を育てる」でした。



【PS】もしもタイムマシーンがあれば、「ビリヤード、、、
    やり直したーい」なんてね。(なははのは)


2009.12.20 | | Comments(6) | Trackback(0) | 撞球のこと

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010-01-03 日 22:50:37 | | # [ 編集]

tさん、

コメントありがとうございます。

恐縮です。

海外の球撞きの「生の情報」って、

特に成長期の人達にとっては

ヒントになるのではと思いまして。


ある意味、自分は実験台的な部分

もある!?かもしれませんが!?


もちろん、球にアツイ気持ち&生まれもった

フットワークの軽さ!?が原動力になっては

いますが、これからも自分で体験した事をできるだけ

生々しく(なはは)日記に留めておこうと思っています。

2009-12-27 日 18:05:52 | URL | hammer #- [ 編集]

ライスシャワーさん、

コメントありがとうございます。


勝ち習慣や負け習慣。

これは一般社会でも例えができるかもしれません。


たとえば仕事が「出来る人」と「出来ない人」って、

そもそもの基準が違うかもです。


「出来る人」が「出来ない人に教えるときって、

いくら簡単に教えているつもりでも、それは

あくまで「出来る人」の判断基準による簡単

な教え」方であり、その結果、出来ないと

「なんでわかってくれないんだ、こんなに

簡単に教えているのに」っていう

「その「簡単」という基準はなんですか?」

みたいな感じがあったり!?

すみません、「負け習慣は良くない」から

話が飛んでしまいましたが、「成功体験」

を他から聞くことは重要だと思います。

でも、やはり最終的には自分がそれを

体験することかなーなんて思います。

内容がちぐはぐで恐縮です。

2009-12-27 日 17:58:40 | URL | hammer #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009-12-26 土 08:18:31 | | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009-12-25 金 20:43:39 | | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009-12-22 火 07:51:41 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

hammer

Author:hammer
台湾のビリヤード(撞球、POOL)スタイルにハマッたHammerの日記。(這個是Hammer的部落格上面還記
載了學中文及生活的許多事)...そして2012年4月以降、中国広東省シンセン市南山区にてHammer Billiard Club本店(深圳汉默台球俱乐部)を、2014年8月に深セン最大級のポケットビリヤード場、Hammer Billiard Club旗艦店を、その後帰国し2016年4月8日より広島ビリヤード&カフェバー胡町電停前店をOPEN!

@台湾

2009年(JET) jet2.jpg 2008年(中文台) 爆桿bingo logo

Blog Logo

Blog Logo

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

POOL!

ボール写真

CalendArchive

ブログ内検索

World Pool Championship

2009年(球歴5年生) blog用world pool championship 2008年(球歴4年生) 圧縮版 2007年(球歴3年生) 2007年世界選手権

MY CUE

1代目サウスウエスト

MY CUE CASE

myキューケース

翻訳Leggero

地獄の世界選手権STAGE1

地獄のSTAGE1!

月別アーカイブ

FC2カウンター

Dragon cue case@台湾廟

ビリヤードケースと廟logo

リンク

このブログをリンクに追加する

I’mラックマン!(ははは)

delta13.jpg

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

不撓不屈

龍馬精神

ASIA好き!

@台湾  台北101煙火 台北101新年 @台湾 台南(お店入口!) 台南搾門      ジャンプしょっとお! フィリピン上空     @フィリピン フィリピン @マレーシア @マレーシア @マカオ マカオにて     @香港 「THE100万$夜景」 100万ドルの夜景 名物「せり出し看板」 香港のせり出した看板 「STAR FERRY」 定番色スターフェリーlogo 「HONG KONG NEW YEAR!」 香港TST時計台花火 「アチョー!」詠春拳!? 服    @中国   「深セン」 シンセン駅 「中国高速鉄道CRH」 和#35856;号 「広州」 広州駅 「珠海(九州港)」 The 船! 「湖南省張家界」 天橋

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング