日本と台湾のカラオケ(KTV)文化の違い!?

以前からよく日記に触れていますが、今回は「日本と台湾のカラオケ

(KTV)文化の違い!?」についてです。

(尚、以下はあくまで私の周りのパターンです。)


あっ、その前に台湾では「カラオケ」と「KTV」は定義が違います。
(日本人的には一緒にしてしまいそうですが)

☆台湾でいう「カラオケとは」・・・「歌う位置が決まっていて、座っている位置
から前に出て行って小さなステージ上で歌うカラオケのこと。」


☆それに対して「KTVとは」・・・「部屋をぐるっと囲んだソファーなどに座ったまま、、、
つまり自分がお酒を飲んだりして座っている位置から、移動動無しで歌うカラオケ
のこと。」なのでKTVの場合はカラオケの画面が超デカイです。


<TO:男性の皆さま!?への補足としまして!?>
「KTV酒店」(ケーティービー・ジョウディエン)・・・これは上記「KTV」+「オネエサマと
一緒」のお店です。単に「酒店」とも言いますが。えっ、ワタクシですか?、
よい子!?なので。。。えっ?、社会勉強の一環として?台湾の歴史や文化、
習慣をより深く学ぶ為に?いやいや(なははのは)

上記を踏まえ、台湾でのKTV大手チェーンの2社をご紹介です。

☆銭櫃(チエングェイ)(Party World/Cash Boxとも)「錢櫃HP」

☆好楽迪(ハオラーディー)(Holiday)→「好樂迪HP」


ちなみに台湾でのKTVは「1つのパーティ行事という感覚がより強い」です。

なので誕生日パーティもここ(貸切個室&食べ物&お酒もあり、都合がよい)

で行われることも多いです。


そして以下は「普段行くKTV in台湾」についてです。

まずはその日の主幹者が、夜12時予約~朝4時の様な感じで

予約を入れます。


(コチラは夜猫族(夜更かし族、はははっ、死語!?ですびばせ~ん!?)

が多いのも特徴かな!?夜11時なんかに子供が歩いていたりするのを

見ることが。コッチがビックリしますね。)


そして、そのスタートの時点(夜12時)では4~5名位しかいません。

それが、、、

時間が経つにつれ、どんどん人が増えてきます。


友人が友人を呼び、その友人がまた別の友人を電話で呼ぶみたいな

感じで増えてきます。そんなこともあり、初めて会う人も結構います。

そして、、、

最終的には15人~20人位にまで増えます。

ただ、途中の1時間~2時間位だけ来て帰る人もいて、誰がいつ来て、

誰がいつ帰ったかも分からなくなるくらい人が入れ替わったりします。

(ははは)


また、日本のカラオケ(KTV)文化と大きく違うのが、歌っている人

以外はおしゃべりしていたり、サイコロゲームやシンジャーポー

(あっちむいてホイの激速Ver)等、様々なゲームが展開されていて、

そのゲームに負けた人が乾杯して盛り上がっていたりします。


ちなみに、ビールはダースで何回も何回もオーダーするので、

室内の地ベタ部分は空き缶の海(笑)に。


どういうことかと言いますと、ニホンジン的!?には空き缶は

ごみ箱等に入れたくなる!?かもしれませんが、缶が空くと、

バンバン下に放り投げて行く感じです!?数もスゴイ量ですしね!?


話は戻り、、、つまりマイクを持っている人以外の大部分は

その他の事をしています。


日本だと歌っている人の曲を聞いてないと気まずいんじゃないかと

思いがちですが、コチラは全く関係ないです。


歌う人は歌う、歌わない人は別のことをする。

(ちなみに歌えば歌ったで、その曲の間奏中に1杯乾杯、

曲が終われば更に1杯乾杯とかさせられます!?)


あと、誰かが一度歌った曲を別の人が再度入力して

同じ歌を歌うのも全然アリでーす。(なはは)


更に、1人で5曲連続とかを歌うのも全然アリでーす。(なはは)


これは曲を入力するリモコンが廻ってきた際に、自分が歌える

曲を一気にバシバシ入力するので、そうなる傾向にあります。



そして宴もたけなわになると、、、

いつの間にか人が減ってくるんですな、これがまた。(なはは)

・・・

・・・

・・・

「おあいそ~!(お会計~!)」

・・・

・・・

・・・

「えっ!?」

・・・

・・・

・・・

台湾のKTV、、、つくづく日本よりも高いなーと思います。

確かにコチラの方のKTVは滞在時間が長いというのもありますが。



最初は、、、「とりあえず4時間、この部屋確保したからね~!」

でも最終的には「更に2時間延長」して都合6時間になったりとか。(なはは)

・・・

・・・

・・・

そしてお会計すると。。。

「うわっはー、お1人様、、、1万円~2万円ナリ~。」


最後まで残った男性や主要メンバーで払う雰囲気もありますしね。

みんな、これを逃れる為に、ある意味、、、途中で帰っていく!?なはは。

主要メンバーも途中抜け出そうと試みる人もいるのですが、この点は

しっかり帰さない様にガードされますね、他の主要メンバーに。

「道連れ」ですな、なはは。


でも、、、日本は今、、、カラオケって1時間何百円レベルじゃなかった

でしたっけ!?

上記のお会計をキッチリ割り勘にしたとしても、それでも日本より随分

割高だと思います。


ということで、、、今回は、「日本と台湾のカラオケ文化の違い!?」

(あくまで私の周り話ですが)」についてでした~。

<追伸>個人的には忠孝復興&敦化南路&西門の「錢櫃」
に行くことが多いかな。(in台北)

2009.08.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽のこと

«  | HOME |  »

プロフィール

hammer

Author:hammer
台湾のビリヤード(撞球、POOL)スタイルにハマッたHammerの日記。(這個是Hammer的部落格上面還記
載了學中文及生活的許多事)...そして2012年4月以降、中国広東省シンセン市南山区にてHammer Billiard Club本店(深圳汉默台球俱乐部)を、2014年8月に深セン最大級のポケットビリヤード場、Hammer Billiard Club旗艦店を、その後帰国し2016年4月8日より広島ビリヤード&カフェバー胡町電停前店をOPEN!

@台湾

2009年(JET) jet2.jpg 2008年(中文台) 爆桿bingo logo

Blog Logo

Blog Logo

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

POOL!

ボール写真

CalendArchive

ブログ内検索

World Pool Championship

2009年(球歴5年生) blog用world pool championship 2008年(球歴4年生) 圧縮版 2007年(球歴3年生) 2007年世界選手権

MY CUE

1代目サウスウエスト

MY CUE CASE

myキューケース

翻訳Leggero

地獄の世界選手権STAGE1

地獄のSTAGE1!

月別アーカイブ

FC2カウンター

Dragon cue case@台湾廟

ビリヤードケースと廟logo

リンク

このブログをリンクに追加する

I’mラックマン!(ははは)

delta13.jpg

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

不撓不屈

龍馬精神

ASIA好き!

@台湾  台北101煙火 台北101新年 @台湾 台南(お店入口!) 台南搾門      ジャンプしょっとお! フィリピン上空     @フィリピン フィリピン @マレーシア @マレーシア @マカオ マカオにて     @香港 「THE100万$夜景」 100万ドルの夜景 名物「せり出し看板」 香港のせり出した看板 「STAR FERRY」 定番色スターフェリーlogo 「HONG KONG NEW YEAR!」 香港TST時計台花火 「アチョー!」詠春拳!? 服    @中国   「深セン」 シンセン駅 「中国高速鉄道CRH」 和#35856;号 「広州」 広州駅 「珠海(九州港)」 The 船! 「湖南省張家界」 天橋

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング