中国(上海)から台湾へ戻りました。(上海遠征番外編!?)

チャイナオープン(ビリヤード9ボール国際トーナメント)、決勝ラウンド真っ盛りですが、

一足お先に台湾へ戻ってきました。

今回の日記は「ビリヤード」の事だけでなく、「中華人民共和国(以下、中国とします)に

ついての、ほんの少しばかりの概要のオベンキョータイム!?」、「試合終了後の現地

での行動」等を含めた「上海遠征番外編」的内容です。

※まずは少しばかりのおベンキョータイムです。(なはは)

(1)超マクロ的に「中華人民共和国とは?」→コチラ「Wikipedia」

(2)お次は「上海」についてです。→「Wikipedia」

(3)そして「上海」の位置をばザックリと以下マップにて。


(4)「首都」は「北京」ですね、そしてこの「チャイナオープンの行われている
  「上海」が中国最大の都市だそうです。

(5)中国全体の人口は約13億人、「上海」には約2,300万人が住んでいるそうです。
  台湾の人口も約2,300万人ですから、「上海の人口」とほぼ同じですね。

(6)「通貨単位」は台湾と同じく元ですが、台湾は「台幣」、中国は「人民幣」でお札&硬貨
  共に違いますので、価値も全然違います。なので交互使用ももちろん出来ません。
  (台湾1元=約3円、中国1元=約15円)
  
(7)「言語」は言わずもがなの中国語ですね。(台湾の中国語との違いについては下の方で。
  「字体」に関しては「中国」は「簡体字」、「台湾」は「繁体字」ですね。
  <例>「台湾繁体字」の「開」、「中国簡体字」の「开」等。
  <余談>過去滞在したことのある「香港」や「マカオ」は台湾と同じ「繁体字」でした。

  また、滞在期間中に限っての所感ですが、台湾の普通語、中国の普通語、
  多少の言い回しが違う程度で、特に気にせず過ごせました。
  (たまに「へー、そう言うんだ」程度でした)
  
  あと、「字体(繁体字と簡体字)」の違いに関しても中国語がある程度出来る状態
  ならば、すぐに見慣れてくるかなという印象でした。(私、ほぼ「繁体字」の学習歴
  しか無し状態です。)
  だから台湾選手やコーチがバンバン行ってるんですな。
  (よく問題となりがちな言語の壁がないんですもん)

  ちなみにコチラでは、中国語の普通語とは違う、「上海話」というのもあって、
  これはサッパリ分かりませんでした。
  (台湾で例えるならば「台語」に当たる感じと言うと分かり易いでしょうか)

以下は一部写真付きでーす。(そういえば今回は写真、チョットしか撮らなかったなー。)

※飛行機着陸後、すぐに機内で新型インフルエンザ検査を1人ずつ実施。(はひ~)
新流感検査

※「(上海)浦東国際機場」です。
上海浦東国際機場

※試合会場(上海力道台球館)の玄関です。
会場玄関

※試合会場下見時に台湾の御大、ゴッド中のゴッドである趙豊邦(ヂャオフォンパン→
過去世界選手権を2度制覇!)とハイチーズ。(カッコエエ~アイヤー、アチョー!)
趙豐邦

※国際試合に行くと、もはや”定番”の平場勝負撞きの風景。
1テーブルに100人以上の人だかりができ、自分がエントリー(笑)したり、ひいきの選手
を応援しています。フーザーウエイ、、、負けまひた。。。お~い。。。ということは、、
ハイっ、ワタクシも負けまひた(涙)
平場のフーザーウエイ

※大勢の上海在住日本人の方々が連れて下さった超有名店へ。とてもおいしかったでーす。
(お世話になりました皆様方、本当にありがとうございました!)
南翔饅頭店
<お店>南翔饅頭店
<備考>1900年創業の上海で最も名の知れた上海小籠包の老舗店だそう。

※「呉江路小吃街」です。(あっ、そういえばこの近くにモ○マネブランド品!?(ははは)
 専門百貨店があり、徘徊してきました。すごいなー、巧妙でした。)
小吃街

※上海の地下鉄にも乗ってみました。
地下鉄 南京西路駅
<以下乗車時の小話です、すびばせ~ん、オチ無しです、心アタタマるお話ということで。>
「南京西路」駅からテクテク乗車。途中、「人民広場駅」で乗り換えようとしたところ、
目的地へ向かう「地下鉄8号線」が何らかの問題で走らなくなっていました。
「ええーっ」て表情をしていると、ナント現地の麗しきお姉サマ方が声をかけて下さり、
目的地方向が一緒とのことで、そこからはタクシーで途中までご一緒させて頂きました。
お名前も伺わず、料金も。。。恐縮です、その際はありがとうございました。(てへへ)

※そうそう、写真はありませんが、「朝までカラオケ」にも。(やっぱり!?なはは)
私の大好きな、、、もちろん中国でも大人気の「周杰倫」、もちろん新曲も含めて
バリバリあったので、上海でも歌いまくりまひた。(なはは)

~~~「以下は台湾の中国語(普通語)と中国の中国語(普通語)の違い
について自分が体感したことをば」~~~

※上の方で触れました「台湾&中国の中国語の違い」についてですが、
結論から申しますと、自分は違和感なかったです。「発音や言い方の違い」は多少
あるものの、特に気になるほどでもなかったです。(それは日本語も同じですもんね、
福岡の人が札幌に行ったら会話が通じないなんてことはないのと同じ!?)

尚、「言い方の違い」を例にしますとこんな感じでした。

<例>レストランで店員さんを呼ぶ際、台湾では「小姐(シァオジエ/女性への呼びかけ)」とか、
「先生(シエンシェン/男性への呼びかけ)」、あるいは、「哈囉(ハルォー/英語のHelloです)」等。

これを中国の場合は「服務員/フーウーユエン」と言っています。

でも、これも中国語が少しできる方なら一度聞けば「あー、そーなんだー」位だと思います。

ちなみに余談ですが、逆に中国で店員さんを呼ぶときに台湾の「小姐~」と使うと
「夜のお店のお姉サマ」チックに!?(なはは)。

<その他>「先入観だったのかな」的なお話です。
(但し、短い上海滞在期間に限ってのお話であり、中国に在住している訳ではないので
統計的と言いますか、習慣的と言いますか、、、つまり「人によって」ということもあります
ので、そのあたりはあしからずでございます。)

「台湾」ではタクシーのことを「計程車/ジーチェンチェー」と呼んでいます。
「中国」ではそれを「出租車(チューヅーチェー)」と言うんだよって友人に教えて貰っていました。

もちろん、それはあっていると思いますが、中国の方と団らん中に私、思わず「計程車」と
使って会話(習慣で思わず出て、言った後に「あっ、こちらでは出祖車って言うんだっけ」と
気づいた状況)したのですが、相手の方とは何の違和感も無く会話が続きました。

念のため後で、その中国の方に「こちらではタクシーは出租車って言うのですよね?」
って、改めて聞き直してみたのですが、「えっ、どっちでもいいですよー」だそうです。
これも気にすることもなさげ!?ですね。

※中国語語学留学の為に台湾or中国、どちらに行かれるかを悩まれていらっしゃる方は、
上記ご参考までに。(中国と台湾の中国語発音に関して、あくまで個人的体感イメージです
が、台湾発音はハッキリクッキリ系(重音)!?、中国発音は少しライト系(軽音)!?な印象です。)

ということで、「上海遠征番外編的日記」でした。

<最後に>
神箸P、内垣P、大井P(お二人)、田口P、高野Pはじめ、日本選手の皆様方、また上海在住

日本人の皆様方、現地では大変お世話になりました。そしてお疲れ様でした、またたくさんの

貴重なお話を頂きましてありがとうございました!

2009.06.13 | | Comments(4) | Trackback(1) | 【滞在記2008年】<中国上海>(主にチャイナオープン関連)

コメント

つっちんさん、

コメントありがとうございます。

現地での情報、たくさん教えて頂き
本当にありがとうございます。

大陸、、、次回はプライベートで、いや、
いつかは住んでみたいなーなんて。
(はははっ)

今後ともどうぞ宜しくお願い致しますっ!

2009-06-16 火 00:19:44 | URL | hammer #- [ 編集]

Woodrapさん、

コメントありがとうございます。

おっしゃる通りですね!

どちらの発音もそれぞれに歴史のあること
と、日記に書くのを少し控えた背景もあり
ましたが、上海の方からすると、台湾の
発音が「很好聽」だそうです。

台湾は大部分が福建省からの移民。
ということは、Woodrapさんのおっしゃる
様に福建省の方達は、柔らかい口調なのですね。

ルーツでもある!?福建省、いつか行ってみたいです!

(Woodrapさんは中国に長年お住まいの方でいらっしゃいますか?
個人的にも中国語は本当に興味深いものがあります。生涯学習
の1つとしてやっていきたいと思っております。)

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

2009-06-16 火 00:15:33 | URL | hammer #- [ 編集]

お疲れ様でした、楽しかったです。
あまりがっつりと食事も球もご一緒出来なかったですけど、次回機会があればまた上海にプライベートでもいらして下さい。
お待ちしてます!!

2009-06-15 月 16:00:14 | URL | つっちん #- [ 編集]

中国の標準語、台湾の標準語

いつも楽しく拝読しています。

中国人が台湾人の標準語を聞いた時に受ける印象を少し付け加えます。
福建語系の影響かもしれませんが、いわゆる北京語より「やわらかい」感じです。

悪く言えば男性っぽい発音や言い回しではないと感じているのが私だけではないはずです。

ただ、いま韓流ドラマが流行っているように以前「台湾ドラマ」が大陸で流行っていて、よって台湾の標準語のイントネーションはあの時代の一部として記憶されていて、聞いてて不快な思いはしません。
私もマネしていたくらいだから。。。

2009-06-15 月 12:52:51 | URL | Woodwrap #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

hammer

Author:hammer
台湾のビリヤード(撞球、POOL)スタイルにハマッたHammerの日記。(這個是Hammer的部落格上面還記
載了學中文及生活的許多事)...そして2012年4月以降、中国広東省シンセン市南山区にてHammer Billiard Club本店(深圳汉默台球俱乐部)を、2014年8月に深セン最大級のポケットビリヤード場、Hammer Billiard Club旗艦店を、その後帰国し2016年4月8日より広島ビリヤード&カフェバー胡町電停前店をOPEN!

@台湾

2009年(JET) jet2.jpg 2008年(中文台) 爆桿bingo logo

Blog Logo

Blog Logo

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

POOL!

ボール写真

CalendArchive

ブログ内検索

World Pool Championship

2009年(球歴5年生) blog用world pool championship 2008年(球歴4年生) 圧縮版 2007年(球歴3年生) 2007年世界選手権

MY CUE

1代目サウスウエスト

MY CUE CASE

myキューケース

翻訳Leggero

地獄の世界選手権STAGE1

地獄のSTAGE1!

月別アーカイブ

FC2カウンター

Dragon cue case@台湾廟

ビリヤードケースと廟logo

リンク

このブログをリンクに追加する

I’mラックマン!(ははは)

delta13.jpg

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

不撓不屈

龍馬精神

ASIA好き!

@台湾  台北101煙火 台北101新年 @台湾 台南(お店入口!) 台南搾門      ジャンプしょっとお! フィリピン上空     @フィリピン フィリピン @マレーシア @マレーシア @マカオ マカオにて     @香港 「THE100万$夜景」 100万ドルの夜景 名物「せり出し看板」 香港のせり出した看板 「STAR FERRY」 定番色スターフェリーlogo 「HONG KONG NEW YEAR!」 香港TST時計台花火 「アチョー!」詠春拳!? 服    @中国   「深セン」 シンセン駅 「中国高速鉄道CRH」 和#35856;号 「広州」 広州駅 「珠海(九州港)」 The 船! 「湖南省張家界」 天橋

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング