ビリヤードレッスン1 「態度」  (by台湾甲組教練in中国)

前回日記の宣言通り、台湾トッププロによるビリヤード

レッスン受講を開始しました。



今後、不定期ではありますが、上記の様な「レッスンNo+課程内容」

という感じでピックアップして書いて行きたいと思います。




今回はその初回になります。



課程はビリヤードに向き合う「態度」に関しての1つです。



まずコーチから開口一番に指導されたこと。





「チョークを毎球、自分の手元に置くこと」





ここで書くのも恥ずかしい様な基本中の基本。


でも恥ずかしいとかは言っていられません。


事実でした。




私、モリスやドラゴほどではありませんが、撞くのが速い方です。




1個ポケットしたらチョークを置いたまま、

次の手球に向かいチョークも塗らずについつい

サクサクと撞いてしまうことが往々に。




これには厳しく指導されました。




1個ポケットした後、次の的球を狙おうとしたとき、、、

「チョット、チョット、待って!」





なぜチョークが反対側(さっき撞いた所に置きっぱなし)

のレール上に置いてあるの?





「ダメダメ!」




「常にチョークは毎球、自分の手元近くに無いとダメだよ」

「もうその時点からビリヤードに向き合う態度がなっていないよ」



「今後もまたやってしまった時は一応再度注意するけど、

本当に真面目に上手くなりたいなら即変えないと、その悪習慣」




「コーチとしても指導したことに関して変われない人に

今後教えて行っても・・・というのもあるので」



「Hammerには絶対上手くなって欲しいから

初回からちょっとキツイ言い方になるけど」




「はい!」




今後は何も考えなくても反射的に(自分の)チョークは

毎球手元近く(のレール上)にある習慣に変えます。




つまり以降、球撞き人生が終わるまで一球足りとも

その習慣を忘れずにです。




「忘れずに」といいいますか、それを意識している間はアウトです。


意識せずとも体が勝手にチョークを手に取る動作&習慣です、


もちろん、練習とか試合とか関係なく。





基本中の基本なルーチン動作。




この動作、、、つまり練習時であろうが試合時であろうが、

どんな時も自分のリズムを一定に保つことが出来る1つの要素。



そして一球一球、気持ちをリセットできます。

球撞きは1球でも「適当さ」を残すとどこかでそれが現れます。



穴前の球だって一球は一球。

適当には撞けないです、これもその時に注意されました、

真面目さが足らないと。




シュートする⇒チョークを持つ⇒移動する⇒チョークを塗る・・・




たまにやったり、たまにやらなかったりは全く意味が無く、

しっかり毎球やることで初めて成り立ちます。





もしかしたら「こんな小さなこと気にするの!?」、、、

いえいえ、、、「気にする」ではないです。



とても重要なルーチンの1つであり、

何も考えなくても勝手に体がそうなるようにならないと。



「あっ、忘れたっ!」とかはもうその時点で、

全然変われていないのと同じ。



ちなみに指導された当日、2回目にそれをやって

しまったときは苦笑いされました。



繰り返しますが自分に警告。

「以降、絶対にその悪習慣を断つようにします」




以上、レッスン初回はビリヤードに向き合う「態度」

に関する初歩中の初歩のお話でした。




【追伸1】
1回目のレッスンだけでもメモだらけの状況でした。

いかに自分がダメダメだということが早速よく分かりました。

今後は溜まっていくメモの中から少しづつ自分への警告も

兼ねて!?ピックアップして行きたい思います。

ただ、なにぶんメモ量が多いです。

(それだけ不足が多すぎるということですが)

なんか、今後のことを考えると、、、もういっそのこと、

「ワールドクラスを目指すビリヤードの極意本」

みたいな感じで書籍化したほうが早いかも!?(なはは)


【追伸2】
参考ですがレッスン後はコーチの前で自分が取っていった

メモを復唱することになっています。

これは万一、自分が間違った理解をしたことを書いている

ケースがあっては意味が無いので、自分が取ったメモ内容

が指導内容と合っているかどうかコーチと相互確認します。

更に、重要な項目であったにも関わらずメモを取り忘れて

いたりするといったケースもあってはいけないので

その際は内容を書き足すように指導頂けるといった具合です。

ビリヤードのレッスンをされている方はご参考までに。

そういう意味では台湾の名コーチ(※教え方を知っている人)

や名コーチから育っていった選手は教え方も体系化されている

かもですね。


ただ現役選手で今まで教えたことがないプレイヤーや

我流でやってきたタイプの選手はまた違うかもです。


もちろんバリバリの現役選手で、かつ教えるのも上手い

という方もいますが、ただコーチにも向き不向きは

あるかもしれません。そういう意味では現在コーチを

して頂いている粘栄智は共に備えた選手です。



2011.09.18 | | Comments(4) | Trackback(0) | 撞球訓練心得

コメント

G店長さん、

コメントありがとうございます。
(ご返信遅くなりまして申し訳ありません)


台湾や中国はコーチスタイルです。


自分で見よう見まねで何年もやって

変な癖が付いてしまうと選手として

のロードマップも大きくズレてしまいます。


そんな部分を初めからコントロールしながら

やれればと思いこのレッスン記事を始めました。


このブログは内容が結構マニアックではありますが

上級者の方だけでなく、むしろ初心者の方にも是非継承

していければと願っています。


なお、ビリヤード関連の私のメールアドレスは以下になります。

hammer9ball@hotmail.co.jp

今後共宜しくお願いいたします。

2012-01-13 金 03:10:43 | URL | hammer #- [ 編集]

初めまして

興味深く見させてもらっています。
今年から日本のプロとして活動しますが、中国、台湾などのプレースタイルを参考に練習しています。
今後も勉強させてもらいます!

2012-01-04 水 19:42:39 | URL | G店長 #- [ 編集]

工房長さん

コメントありがとうございます。

ビリヤードに向き合う姿勢の差

というのがとても大きいことが

このチョーク編で。

今後とも宜しくお願いいたします!

2011-12-25 日 11:19:52 | URL | hammer #- [ 編集]

大変興味深く記事を拝見しました。

早速実戦しましたが、実にしっくりしました。

情報ありがとうございましたw

2011-12-19 月 10:47:54 | URL | 工房長 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

hammer

Author:hammer
台湾のビリヤード(撞球、POOL)スタイルにハマッたHammerの日記。(這個是Hammer的部落格上面還記
載了學中文及生活的許多事)...そして2012年4月以降、中国広東省シンセン市南山区にてHammer Billiard Club本店(深圳汉默台球俱乐部)を、2014年8月に深セン最大級のポケットビリヤード場、Hammer Billiard Club旗艦店を、その後帰国し2016年4月8日より広島ビリヤード&カフェバー胡町電停前店をOPEN!

@台湾

2009年(JET) jet2.jpg 2008年(中文台) 爆桿bingo logo

Blog Logo

Blog Logo

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

POOL!

ボール写真

CalendArchive

ブログ内検索

World Pool Championship

2009年(球歴5年生) blog用world pool championship 2008年(球歴4年生) 圧縮版 2007年(球歴3年生) 2007年世界選手権

MY CUE

1代目サウスウエスト

MY CUE CASE

myキューケース

翻訳Leggero

地獄の世界選手権STAGE1

地獄のSTAGE1!

月別アーカイブ

FC2カウンター

Dragon cue case@台湾廟

ビリヤードケースと廟logo

リンク

このブログをリンクに追加する

I’mラックマン!(ははは)

delta13.jpg

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

不撓不屈

龍馬精神

ASIA好き!

@台湾  台北101煙火 台北101新年 @台湾 台南(お店入口!) 台南搾門      ジャンプしょっとお! フィリピン上空     @フィリピン フィリピン @マレーシア @マレーシア @マカオ マカオにて     @香港 「THE100万$夜景」 100万ドルの夜景 名物「せり出し看板」 香港のせり出した看板 「STAR FERRY」 定番色スターフェリーlogo 「HONG KONG NEW YEAR!」 香港TST時計台花火 「アチョー!」詠春拳!? 服    @中国   「深セン」 シンセン駅 「中国高速鉄道CRH」 和#35856;号 「広州」 広州駅 「珠海(九州港)」 The 船! 「湖南省張家界」 天橋

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング