将来のビリヤード国際試合は中国主体?(WPA会長イアンアンダーソン)

先日まで行われていたビリヤードの国際試合、

世界9球北京公開賽(北京オープン)は

男子が張榮麟(台湾)、女子がチャユラム(韓国)

の優勝で幕を閉じたわけですが。



このようなビリヤードの国際試合に関しては、

WPA(World Pool-Billiard Association)が主催する

トーナメントが世界ランキングのポイント対象になります。


WPAリンク⇒WPA


そして今回、北京オープン時にそのWPAのボスである

イアン・アンダーソン会長からのインタビューコメントがありました。


以下、気になった部分を抜粋してみます。


(1)今年初めて開催され成功に終わった2011年北京OP。
   まずは第五回までの継続を予定するというコメントがありました。
   
   つまり、2015年までWPAランキング対象試合
   として毎年継続開催予定という。



(2)現在、中国で開催されているWPAランキング対象試合は
   ①北京オープン、②上海オープン、③女子世界選手権(瀋陽)
   があります。
   
   ナント、、、今後は更に中国は「西安」と「広州」でも開催予定だそうです。


   つまり中国だけで今後5つも以下の様なWPAランキング
   ポイント対象試合が毎年開催されていくという。

   ①世界9球北京公開賽(北京オープン)
   ②世界9球上海公開賽(上海チャイナオープン)
   ③世界女子9球錦標賽(瀋陽女子9ボール世界選手権)
   ④世界9or10球西安公開賽(西安チャイナオープン)
   ⑤世界9or10球広州公開賽(広州オープン)

   
   注)現時点では西安と広州については種目未発表です
   


目覚しい発展を遂げ続ける中国の勢いは今のところ留まる気配

を見せない様相ですが、これだけ多くの世界ランキング対象ポイント

試合が、今後中国を主体に行われていくというのはちょっとスゴイですね。




中国はやはり市場が大きいということもありますが、

背景の1つとして特にスポンサーも多いことが挙げられそうです。



中国では例えばテーブルメーカだけでも多数ありますが、

彼らにとってみればWPA公認対象試合でテーブルスポンサーすれば、

そのテーブル自体が世界ルール基準の正式テーブルということに

なりますし、何につけても最大の宣伝広告活動に。




これだけ中国で国際試合が増えていくとすると、今後はブランズ

ウィックテーブル(⇒試合といえばこのメーカのテーブルという位、

歴史あるメーカで日本で多く採用されているテーブル)を使用する

トーナメント(今のところ日本とフィリピン除く)をやるっていうのは、

アジアでは更に少なくなっていくかもしれませんね。



実際、私も中国シンセンでの生活の中で球屋さんを覗きに行って

ブランズウィックテーブルに遭遇したことはまずありません。

(広州であればケニーコウが経営しているLA CITYにはありますねー)

私のいるシンセン自体、9ボールが全然普及していないのもあるかもですが。



中国は土地が広大ですしポイント地区以外はまだまだこれからですね。



少し話が逸れますが、つい先日こんなことがありました。

シンセンではポケットの試合自体が珍しいのですが、

某球屋さんで9ボールの試合をやるという香港人友人

(香港ランキング3位)のお誘いで行ってきました。



そして1試合目の終了後。。。

お店の人「本当に申し訳ありませんが、今回はお引き取りの程お願いします」

hammer「えっ???」



つまり9ボールが全然普及していないシンセンにおいて、

私たちのようなある程度ビリヤードをやってきている者は

あまりに差がありすぎて相手の人たちが楽しくない(&賞金)

ということでした。私のようなレベルででもです。




実際、参加している人は9ボールってルールとかあんまりよく

分かんないけど8ボールは知っているから出てみたの様な方達がいます。

もしくは駐在等で中国に住んでいると思われる欧米人の方達。



こちらシンセンでは8ボールのことを中国語で黒八(ヘイバー)

と呼んでいますが、路上にミニサイズテーブル&ミニボールで

この「黒八」をやって遊んでいる子供たちをよく見かけます。

青空ビリヤードDSC00188


その延長線的な感じで9ボールの試合に参加している要素も考えられます。

実際、お店側も試験的に9ボールの試合をやってみているようです。

個人的にも9ボール(標準テーブル)普及して欲しいですし、

快く了解してお店を去りました。

(ただ、お店の部長さん曰く、6月には世界チャンプだろうが誰だろうが

参戦できる試合を開催すると意気込まれていました、ちなみにウージャーチン

の住んでいるシンセン某区にあるお店なんです、多分彼も出るかもです)



あれれのれ、最後はどんどん話が逸れて行きましたが

(なはは、毎度毎度!)、以上、今回は「世界ビリヤード機構の

大ボス、イアンアンダーソンのコメント抜粋日記&その他」でした~。


<参考資料>⇒イアンアンダーソンのインタビューコメント


【追伸1】台湾籍から中国籍へ変えた史上最年少世界選手権王者
の記録を持つビリヤード界スーパースターの呉珈慶、北京オープン
は5位タイで終わってしまいましたが、彼にとってまた新たな悩みのタネが。
台湾は19歳以上から兵役義務が発生する訳ですが、彼は22歳。
まだ行ってません。行く前に中国籍へ変更した訳ですが義務は残っていると。
2012年1月までに台湾に戻って入隊せよという台湾内政局からの通達。
かなり戸惑っているようです、ウージャーチン。
「台湾yahooニュース」

【追伸2】ホンコントッププレイヤーのリーチェン○ン、
私のいるシンセン(某区)に引っ越してきました。
ヨシっ!私もこれを機に長いビリヤード休憩から再度開始しよー!?なんて。
そうそう、香港もビリヤード協会がありますが(プロ組織は無いですが)、
ケニーとリー(香港の1位と2位)には毎月給料がでているそうです、
これは政府からの援助だそうです。あっ、金額はナイショですびばせん。



2011.05.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 試合&世界戦&プロツア-&TVマッチ&スケジュール関連

«  | HOME |  »

プロフィール

hammer

Author:hammer
台湾のビリヤード(撞球、POOL)スタイルにハマッたHammerの日記。(這個是Hammer的部落格上面還記
載了學中文及生活的許多事)...そして2012年4月以降、中国広東省シンセン市南山区にてHammer Billiard Club本店(深圳汉默台球俱乐部)を、2014年8月に深セン最大級のポケットビリヤード場、Hammer Billiard Club旗艦店を、その後帰国し2016年4月8日より広島ビリヤード&カフェバー胡町電停前店をOPEN!

@台湾

2009年(JET) jet2.jpg 2008年(中文台) 爆桿bingo logo

Blog Logo

Blog Logo

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

POOL!

ボール写真

CalendArchive

ブログ内検索

World Pool Championship

2009年(球歴5年生) blog用world pool championship 2008年(球歴4年生) 圧縮版 2007年(球歴3年生) 2007年世界選手権

MY CUE

1代目サウスウエスト

MY CUE CASE

myキューケース

翻訳Leggero

地獄の世界選手権STAGE1

地獄のSTAGE1!

月別アーカイブ

FC2カウンター

Dragon cue case@台湾廟

ビリヤードケースと廟logo

リンク

このブログをリンクに追加する

I’mラックマン!(ははは)

delta13.jpg

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

不撓不屈

龍馬精神

ASIA好き!

@台湾  台北101煙火 台北101新年 @台湾 台南(お店入口!) 台南搾門      ジャンプしょっとお! フィリピン上空     @フィリピン フィリピン @マレーシア @マレーシア @マカオ マカオにて     @香港 「THE100万$夜景」 100万ドルの夜景 名物「せり出し看板」 香港のせり出した看板 「STAR FERRY」 定番色スターフェリーlogo 「HONG KONG NEW YEAR!」 香港TST時計台花火 「アチョー!」詠春拳!? 服    @中国   「深セン」 シンセン駅 「中国高速鉄道CRH」 和#35856;号 「広州」 広州駅 「珠海(九州港)」 The 船! 「湖南省張家界」 天橋

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング