中国広東省「恵州市」地区の撞球小旅行!?

現在の中国華南地区のビリヤードはやはりスヌーカーがメイン

ではありますが、(ビリヤード)ポケット台にも力を入れている

球屋さんがあるということでパトロール!?(なはは)も兼ねて、

中国広東省は「恵州市」へ小旅行してきました。

(アンタも好っきやな~、てへへ)


★中国広東省恵州市・・・「wikipedia」

大きな地図で見る

★「恵州市」の面積は11,200㎢で、日本だと秋田県位の大きさに
 相当する「地級市(wikipedia)」で、人口は400万人位だそうです。
 
 (実際の人口に関しては、他地区から出稼ぎ流入している人が
  かなりいそうなので、もっと多いと思われます)


★今回の交通アクセスは「香港→シンセン→恵州市内」ルートにて。
 (私は香港在住なので以下は香港起点です)


【香港起点】
 ・「九龍塘」駅(MTR東鉄線・・・「wikipedia」
  香港ー羅湖電車logo
   ↓
 ・「羅湖駅」(中国シンセン)下車(wikipedia
  羅湖口岸logo
  (イミグレを抜け)
   ↓
 ・「羅湖汽車駅」(ローフー・バスターミナル/中国シンセン)
  羅湖汽車駅logo
  (バスターミナルはイミグレを抜けてすぐの所にあります)
   ↓
 ・ 高速バスで「恵州市」地区へ
  高速バス(シンセンー恵州恵陽)logo
  (片道40中国元=約600円、約1時間の道のりでした)
   ↓
 ・「恵州淡水花街」下車(恵陽区)
  バス時刻表シンセンー恵州淡水花街logo
  <参考/バス時刻表>「シンセン-恵州」間は20分に1本。
     
     ただし時間帯によっては乗客席がある程度埋まらないと
     なかなか出発してくれないないこともあるかも!?
     (なので、もしも急ぎの方は念のため余裕をもった移動をば)

そして高速バスを降り、徒歩5分ほどでそのお店へ到着!


このビル(時代広場)の5階にあります。
時代広場in恵州淡水花街地区logo
スヌーカは数十台(奥まで見ていないので正確な数字は
確認していませんが)、そしてポケット台は8台に加え、
ミニテーブル(ボールもミニです)も10台程ありました。


★カラフルなテーブルでーす。
カラフルテーブルlogo

★ユニークですね~!このテーブル。
ユニークなテーブルlogo   金伯朗logo   
(メトロ型なのですが、構えた時にボールが揺れないです、
 安定度ありそう。個人的には結構お気に入りです)


【お店情報】港龍卓球城
【住所】恵州市恵陽区淡水南門西時代広場5F
【地図】「google MAP リンク」
【備考1】24時間営業
【備考2】シンセンの福田区を中心に展開しているスヌーカー
     (ビリヤード)チェーン店の「恵陽支店」(恵州市)です。



そうそう、過去日記でも何度か書いていますが、中国広東省

におけるポケットビリヤードのメインは「8ボール」。

「過去日記2009年9月1日分」

現地の方で「9ボール」をやっている風景、

今の所は出くわした事がありません。



そして中国広東省地区では、ほとんどのお店が「ラックを組んで

くれる店員さん」がいて、「お客さんが自分でラックは組む」

というのはまずないです。



その都度、「摆球!(バイチョウ)/排球!(パイチョウ!)」

と言えば店員さんが来てラックを組んでくれるというシステム。

(スヌーカーがそうなので、その流れだと思います)


【参考】・台湾では「排」(pai2/パイ)+「球」、
    ・中国(地域により)では「摆」(bai3/バイ)+「球」。
    ・「摆」&「排」ともに「並べる」という意味を持っています。


このお店で少し9ボールをやりました。

そして、やはりココでも「いつもの!?パターン現象」に出くわすことに。

「9ボール」を何ラックか経過後・・・


~~~
hammer:「排球!」


店員さん:おもむろに、、、よけて置いておいた「10番ボール」
     以降のボールを取り出し15個でラックを組もうとする。
     (8ボールラック)


hammer:「不是哦,九球的啊!」
      (9ボールでーす。)


店員さん:9個に減らすが、9ボールのラックの形が分からず戸惑う。

     そして、1番ボールも9番ボールも置く場所が。。。

hammer:「1號是在這裡ㄛ,9號在中間ㄚ」
     (「1番はココで、9番はこの真ん中だよー!」と説明をば)



これは華南地区で初めて行くお店で遭遇する定番パターン。(なはは)


なんか、、、行くお店毎に毎回「9ボール」(ラック形状及び説明

を求められる)の「オートマティック普及活動」でもしている感じ!?


(なので去年から含めて過去に自分が行ったことのある、

特にシンセン地区の約5~7軒分位は「9ボールのラック」

の分かるお店が普及しているかと思われます!?なはは)



こぼれ話ですが、


「華南地区ではマスワリできる確率、結構低いかも」ですよー。


といいますのは、この「店員さんラック」は「隙間」があることが多いです。

上述の通り「9ボール」はまず分かりません。

そして店員さんの「ラック組み」は1発勝負といいますか、

「微調整無し」ですし(ボール同士がくっついてるかとかは・・・)、

組んだ後にトライアングルラックを外す際、枠にボールが当たって

ゴロンと球が動いたりすることも結構あります。(なはは)



なのでブレイク後は「1番ボール」もほとんど動かず、

後ろのボールも「塊のまま」というのが往々にして。



ちなみに、、、9ボールラックされた状態の「菱形」が

「斜めに置いた正方形」位になるほどに膨らんだラックで、、、

つまり球と球の間が数センチずつくらい離れているラック

なんかも遭遇したことありますよー。

(見てて笑いがこみあげて・・・失礼!)



尚、日本人感覚!?で「隙間があるから組みなおして―!」

なんて言うと、中にはキレる店員さんやムクれる店員さんが

いるケースもある(by経験者)ので楽しい雰囲気を壊さずに

ワイワイみんなでビリヤードをしたい際はお気をつけをば!?

(もしくはセルフラックで)



まー、ラックの意味自体がまだまだ理解されていなかったり

(特に「1番ボール」に密接するボールに隙間があると割れにくい)

田舎から出稼ぎで出てこられた店員さんも多く、ビリヤードを

知らない方もいらっしゃるのでご愛敬!?

でも、9ボールが14-1みたいになって意外と面白いかも!?



なお、この「店員さんラック」での現行自己最高は3連発。

シンセンで日本人の球友人と一緒にプレイしていた時に樹立!

結構嬉しかったですし、ドキドキしました。(ははは)



ちなみにその時の4発目のブレイクは、、、隙間があまりに

空きすぎていて、ほぼラックが「塊」のままノーインで終了。(なはは)



でも、たまたま1番と他のボールがくっついていたりする時も

あるっぽいので(上記3発の時がそんな感じ!?)、これはこれで

結構楽しめるかもです!?



また、、、面白い!?のが「排球!」(ラック組み)を

お願いする度に、近くにいる複数の店員さんの誰かが

来て組んでくださるのですが、



「あっ、さっきはこの店員さんのラック、割れたんだよねー。」とか、

「あっ、この店員さんの時は、塊のまま全然割れなかったなー。」とか、

「あっ、この人のラックは初めてだ、どんなラックになるんだろー」とか

別の角度からも楽しめたり!?


こういうのも、友人と球撞きする際にブレイク前の

オモシロ「会話ネタ」になります。


★「ヨッシャ!この店員さんの時のラックは割れるはず!」(と予想)

★そしてブレイク。

★「あれ~!?アッカ~ン、(ラックが)超盛られてるぅ~、

 さっき割れたのはたまたまやったんか~。」とかワンヤワンヤ。



まっ、実際はブレイクをする以前から「見た目」からして

「ラックの形が変」と言いますか、明らかに浮いてるのが

分かる程なので、ブレイクの構えに入ってからも笑いが

こみ上げて来たりも!?(笑)


誰がラックを組んでくれるかとか、どんなラックになるのかは時の運!?


ということで、「恵州小旅行日記(ビリヤード)」でした~。


【追伸1】上述の店員さんラックの話ですが、「9ボール」を置く
     位置を間違えられ友人は気づかずそのままブレイク。

     「ズドーン!」とコーナーポケットに直接9ボールイン。。。   
    
     「ああっ、今のウイングに9ボールが配置されてたよねぇ~!」  
     と友人と一緒に爆笑したりもありました。(なはは)

【追伸2】写真の「ユニークなテーブル」は「金伯朗(King Browns)」
     というメーカーです。

     なお、このお店のラシャですが、個人的に好きな
     「YTT330」もあり撞き易かったで~す。

【追伸3】バス出発の際の車内マイク放送で、、、
     「恵州は男性にとっては天国の地、女性にとってはウンヌン」
     というフレーズの(中国語)アナウンスが流れました。
     男性にとってはそんな地域だそうです。
     (ボクオコチャマなのですびばせ~ん。)

【追伸4】話は変わりますが、2010年度のビリヤード台湾男子
     プロツアー、第232戦(9ball)が5/28、第233戦が5/29
     (10ball)の1日〆試合で、2日連続開催が決まりましたね!
     チョッピリ安心しましたー。台湾といえばUS10BALL、
     羅立文、あと一歩でしたね。「蘋果日報」
     台湾!、継続加油!

2010.05.24 | | Comments(2) | Trackback(0) | 【シンセン居住前2009年】<深圳シンセン/広州/珠海/東莞>

コメント

Woodwrapさん、

コメントありがとうございます。

偶然の積み重ねで起きました。(てへへ)

現在は球撞きする頻度をめっきり減らしていまして、
お相手にもならないかもしれませんが、機会がありましたら
こちらこそ是非宜しくお願いいたします。

「摆」の字、よくお気づきで。そうなんです、「排」と「摆」。
どちらも「並べる」という意味を持っていますが、

台湾では「排」(pai2/パイ)+「球」、
中国では「摆」(bai3/バイ)+「球」。
発音(パ&バ)も四声(2&3)も違いますよね。

コチラの区域で球撞きしている範囲内では、台湾発音の「排球」
のままでも通じてはいるのですが、Woodwrapさんの仰られる通り、
地元の人たちの発音が2声じゃなくて3声で聞こえてくることが多く、
「なんでだろう」と思っていました。
(本文にも「参考」を入れさせて頂きました。)

こういう例はアイスコーヒーなんかだと「台湾/冰咖啡」、「中国/凍咖啡」
などがありますねー。
また、地方地方による言い回しなども含めて、中国語には興味が尽きません。
ありがとうございます!

2010-05-26 水 17:44:13 | URL | hammer #- [ 編集]

排球

Woodwrapです
いつも記事を楽しみにしてます。

店のラックで3連荘ですか?!
すごいです。ラックシートだったら。。。
いつか対戦して勉強したいです。

どうでも良い話ですが、「パイチュウ」の漢字を「摆 (手へんに四と去)球」と書く地域もあるようです

2010-05-26 水 16:58:28 | URL | Woodwrap #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

hammer

Author:hammer
台湾のビリヤード(撞球、POOL)スタイルにハマッたHammerの日記。(這個是Hammer的部落格上面還記
載了學中文及生活的許多事)...そして2012年4月以降、中国広東省シンセン市南山区にてHammer Billiard Club本店(深圳汉默台球俱乐部)を、2014年8月に深セン最大級のポケットビリヤード場、Hammer Billiard Club旗艦店を、その後帰国し2016年4月8日より広島ビリヤード&カフェバー胡町電停前店をOPEN!

@台湾

2009年(JET) jet2.jpg 2008年(中文台) 爆桿bingo logo

Blog Logo

Blog Logo

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

POOL!

ボール写真

CalendArchive

ブログ内検索

World Pool Championship

2009年(球歴5年生) blog用world pool championship 2008年(球歴4年生) 圧縮版 2007年(球歴3年生) 2007年世界選手権

MY CUE

1代目サウスウエスト

MY CUE CASE

myキューケース

翻訳Leggero

地獄の世界選手権STAGE1

地獄のSTAGE1!

月別アーカイブ

FC2カウンター

Dragon cue case@台湾廟

ビリヤードケースと廟logo

リンク

このブログをリンクに追加する

I’mラックマン!(ははは)

delta13.jpg

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

不撓不屈

龍馬精神

ASIA好き!

@台湾  台北101煙火 台北101新年 @台湾 台南(お店入口!) 台南搾門      ジャンプしょっとお! フィリピン上空     @フィリピン フィリピン @マレーシア @マレーシア @マカオ マカオにて     @香港 「THE100万$夜景」 100万ドルの夜景 名物「せり出し看板」 香港のせり出した看板 「STAR FERRY」 定番色スターフェリーlogo 「HONG KONG NEW YEAR!」 香港TST時計台花火 「アチョー!」詠春拳!? 服    @中国   「深セン」 シンセン駅 「中国高速鉄道CRH」 和#35856;号 「広州」 広州駅 「珠海(九州港)」 The 船! 「湖南省張家界」 天橋

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング