ワンワン

飼っているワンちゃんでーす。

【飼い始めの頃】
dudu



【現在】
#22047;#22047;#21860;酒


あっ、タイトルは「ワンワン」ですが、全くと言っていいほど吠えないです。

せいぜい、たまに小さく「クンクン」という感じ。



特に教育した訳ではないのですが、なぜか飼い始めの頃から吠えないです。

そういう性格なのかな?



最近は冬用の毛に変わり始めているようで!?毛が生え変わりつつ。

更に真っ白になりつつあります。



あっ、ちなみにワンちゃんは男の子ですが、オシッコするときは

なぜか女の子のようなスタイルです。(男の子のワンちゃんって

片足上げるんじゃなかったでしたっけ?でも飼っているワンちゃん

は足をあげずにそのままです。なはは)



カワイイっすぅ~!(なはは)


いつも癒されています。(てへへ)

シンセン行き


2010.11.29 | | Comments(2) | Trackback(0) | 深セン生活&中国撞球

【軌道修正】中国シンセンへ移った背景(起業理論!?ビリヤード!?)

2009年12月29日付の日記。
過去日記(2009年12月29日分)

そう、、、去年の末に台湾を離れ、香港へ渡りその後の現在は
中国広東省シンセンに居住中です。


その当時(上記リンク)の日記の中で以下のようなことを書きました。

※「自分の中のやりたいことリスト」というのがあって、「これからの5年内
くらいで挑戦したい、達成したい目標が大きく5つある」と。



今回の日記はその中の1つに関する内容です。

当時、コチラへ渡ったときの自分の中のキーワードは、

(1)「発展著しい中国」
(2)「ビリヤード」
(3)今となっては大きな武器になっている「中国語」


もしかしたら上記3つの組み合わせから「自分の中のやりたい
ことリスト」の1つに関し、想像ができるかもしれませんが。

つまりは「中国でのビリヤード場経営」。



そしてその結果は、、、

中国華南地区では「ポケットビリヤード専門店」は「時期尚早」
だったということで軌道修正することになりました。


※シンセンの球事情については。
http://1021hama.blog117.fc2.com/blog-entry-894.html

上記リンク先の日付を見ると分かりますが、去年の8月から見てきた
シンセンの球事情。

その後、実際に居住し地元の生活習慣等を感じ取りながら過ごして
きた生活。実際に現地で生活してみて住んでいる人の「感度」とい
いますか、分かることが本当にたくさんあります。(旅行や短期での
滞在だとやはり日常の事って断片でしか分からないです)


そして軌道修正の「理由」ですが、、、

確かにシンセンって物価がドンドン上がっています。
今やシンセン市民は香港に買出しに行く人が増えてきているほどだそう。

(香港は家賃が東京より高いということで聞きますが日常品等、
モノによってはシンセンより低価格高品質だったりします)


しかしながら、、、シンセンは「レジャー等に関する消費金額の考え方」
については、未だこれから先の話であろうという判断をしました。

(あくまで日本人である私の感覚(金銭含む)及び経験、体感であり、
かつシンセン人口におけるその比率的なイメージですが)



つまりもう少しストレートに書くならば、、、衣食住に関しての消費額

はぐっと伸びているようでが、「余暇」や「遊び」に関する「消費」余裕

まではまだまだといった具合。


加えて最も重要なポイントである「ポケットビリヤード自体の流行」が

全然来ていないです。


以上の様な背景から、自分の思うビリヤード経営とのギャップを感じ、
結論として「時期尚早」だったと。(in中国シンセン地区)



スヌーカー屋さんであればシンセンにはホントにたくさんあり、利益が
出ていたりもしますが、私の場合は今までの経験もありますし、やはり
「ポケット専門店」。でも利益無くして存続は・・・


余談ですが、ローカルな住宅街などの小道を歩いていると、
路上にミニポケットテーブルが置いてあって、青空の下で
8ボールをやっているのをみかけたりはしますが、「店舗
としての球屋さん」でかつポケットビリヤード専門店というのは。。。


シンセン地区不動産の高騰。
「店舗」となると、経営に際し「家賃」が大きくのしかかります。


つい先日の機関調査発表でアジア大都市不動産ランキングで
こちらシンセンが6位まで来ている程です。

(参考)1位香港、2位東京・・・6位シンセン、7位上海、8位北京

つまり、中国大陸内だとシンセンが一番不動産が高いということに。
そんな中国の大都会シンセンです。


その他参考までにコチラ現地でのお店の経営に関する
「営業や衛生や税務許可書類」についてですが。

面白いことに!?店舗面積の広さで取得金額が異なったりします。

(中国の場合、省や市などでその条件内容が異なるケースが
多いので、あくまで私のいる現地での話ですが。なので各省が
1つの国みたいに考えておいたほうが良いかもです。)

そして営業許可等の一式を取得する為に必要な費用イメージですが。
1,000平米位の球屋さんで、上記1セットの紙切れを取得するの
に百万円単位(日本円)の費用がかかったりする場合があります。

(コチラで5台、10台の球屋さんってなかなか見みかけません。
広さ的にも上記位のスペースの店舗がイメージになります。)


あとは自分が日本人であるということ、、、つまりコチラでは
「外国人」になりますのでお店の名義の問題や夜関係(酒類
販売等)であるということも色々諸事情があったりします。

普通の!?日本料理屋さんならまだしも!?、どちらかというと
球屋さんは夜系!?詳しくは割愛しますが細かい付き合い的な
ノウハウが必要な事情もあったり。(ココがかなり重要だったり!?)


現地の法律や風習や文化を含め開業ノウハウの蓄積にはなりましたが。


ではもしも、、、これを「シンセン」でやらずに「上海」でだったら
どうだったかということですが。


これも何度も過去日記に書いてきましたが既に上海の球屋さんの数は
相当数(約1750店舗)あります。

肝心な「先行利益」はもう「時既に遅し」。(これが3年前だったら・・・)


つまり上海だと「後追い」になりますし、そういうのは自分にはあんまり。

加えて上海は増えすぎたビリヤード場による(供給過多)、お店の
淘汰も始まって既に生き残り合戦がスタートしているそうですし・・・


そんなこんなで軌道修正をすることにしました。


もちろん、「やりたいことリストの1つ」である「球屋のオヤジになる」
というのは今後も持ち続けますが、現時点ではということで。


となると私、今後ココに住んでいる意味は!?

(考え中、考え中・・・)


【参考1】お店の経営に関し、「立地条件」については
日本とは随分と異なるかもですin現地。

業種にもよるかもしれませんが、日本だと「駅前」だとか
交通の便の話がよく出てくるかと思われます。

コチラではそれよりも「周りにどんな層の人が住んでいるか」
というのがキーワードになります。

これも過去に何度か書いたことがありますが、かたや月収
数万円の人、かたや大金持ち。とにかく賃金格差が激しいです。

(かたや路上店で300円の衣服を一生懸命値切っている人が
いるかと思えば、ヴィトンのバッグやiphone4を持ってたり、
外車に乗っていたり。。。)

なので、ビリヤード場経営といってもソコソコの高級店
(テーブル台1時間600円位 in現地)をターゲットに
やろうと思えば「それなりの場所」でないと、上記で言う所の
月給数万円の人たち(→多数)はなかなか。。。

そう、その上述の「それなりの場所」というのは「決して駅前
とは限らない」です。

この部分は実際に自分で足を運んだり生活していく中で
分かってくる事だと思います。

もうちょっと答えを書くならば、ビリヤード場をやるなら
そのキーワードは「夜に栄えている「住宅街」周辺」です。

更に突っ込んで具体的に書くならば、、、ヒ・ミ・ツ!(なんて、なはは)
住んでみて一生懸命考えれば自ずと分かってくると思います。

なので、そういう地区毎のニオイといいますか、生活スタイルや
どんな層の人たちが住んでいるのかなどを細かくリサーチし、
それに沿った形でやるのが重要だと思われます。
よって、駅があるとかないとか現状ではあんまり関係ないと思われます。

「駅前」が重要とは限らないという良い例が広州の超高級球屋
であるLA.CITY。

去年の東アジア大会で金メダルを取ったケニーコウが経営して
いることで有名ですが球代や飲食等、日本より全然高いですよ。

しかし、ポケット注力店でありながら経営状況はいい感じだそう。
その立地ですが、行くなら最寄り駅からタクシーといった具合で
地下鉄等の駅なんて近くにはないです。

この状況のカラクリですが、立地が「外国人(ビジネス)住宅の
ド真ん中の商業ビル」。つまり周辺の住人の方達の収入等、
ハナから生活費や消費額に対する考え方が違います。

なので経営する側から見ても、駅前のド高い家賃で店舗を借りず
に済み、しかも消費額の大きい顧客をターゲットに出来るという。
うまいなー、ケニーコウ。

ちなみに香港にも彼の投資している2軒目がひっそり!?とあります。
オープニング時に遊びに行ったっきりでその後の状況は分かりませんが。


【追伸1】将来コチラで開業をしたいのであれば、各省や各市各区
が出している都市化構想計画の様な発表は注意して観察しておく
必要があると自分は思います。

コチラは「発展の仕方がモーレツ」なので例えばもしそこが「現時点」
では栄えている場所だったとしても何年か後には、その隣町の方が一気
に都会になっちゃったりする場合も。

今後、地下鉄駅もどんどん増えていくので「新しい駅」が出来れば
また周辺に百貨店が出来たり、新しい住宅地が増えたり、盛り場ができたり。

具体的な例を出すのはその現地で何かをされている方にはちょっと
申し訳ないかもしれませんが、シンセンで言うなら○口区。

ここ5年位!?は夜の盛り場的な感じ&外国人住宅密集地だった
様ですが、隣の区(ちなみに私が今住んでいる区なのですが)
への都市化計画が巨大でどんどん人がコチラへ流れてきています。
しかもこれからの○年計画だったかで、更なる巨大投資による
都市化構想がなされています。

そういう、、、区や町単位だけで見てもコチラは移り変わりが
激しいので、予測しながら何処がポイント地区になっていく
のかを見極めることも重要かと自分は思います。

(もしくはそれを何年か毎に追いかけながら店舗も移動経営
させていくなんて!?中国ならでは!?ははは)


【追伸2】シンセンの不動産の話が出てきたので。

政府は「不動産バブル(投資目的購入)」を懸念して、
初回の住宅購入時には頭金(例)20パーセントで以降は
月賦でOK、でも2軒目以降は最初からトータル金額の
50パーセントを払わないと買えないと言う様な感じの
不動産投資目的購入への抑制!?なんかもし始めています。

但し、中国ってコロコロ規制内容が変わります!?ので、
上記数字等はあくまで参考ということで。

先述の「住宅購入による戸籍変更が可能な住宅」についても
期間限定だったりします。なので特に中国人成功者で戸籍変更
したい人はそういう細かい発表を見逃さないようにしてるみたいです、
(なにせどこの戸籍の人かという影響が未だにありますからね)


【追伸3】こちらの「車のナンバー」ですが「ダブルナンバープレート」
というのがあります。これは香港とシンセンの間を自家用車(や社用車)
で往来ができるというナンバー。

色々規定もありますが、資本投資などで取得できたりします。
もしこのナンバーを維持しているならかなりの成功者の可能性大!?かもです。

【追伸4】
中国人にとって「都会の戸籍」は、その人の人生を左右するほどの影響
(就職やビザ等)を未だに持っています。なので大都会人の証である
「シンセン戸籍」というのは「ステータス戸籍」とも。

もちろん、農村戸籍や郊外戸籍の人たちの「一発逆転方法!?」
もあります。それは広東省外や農村の戸籍の人であっても、都会
の指定マンションを購入すれば「(広東省)戸籍に変更できる」
という特典があるケースもあります。

そんな影響も含みながらコチラ現地は更に輪をかけて不動産が高騰
しています。そう、中国人にとってはシンセン戸籍(広東省戸籍、
特にシンセン戸籍)という都会戸籍が手に入れば、「香港の往復」
だって一気に簡単(通行証入手)になりますしね。


【追伸4】祝!アジア大会3Cの鈴木&甲斐両選手による金銀メダル独占!

観たかったー。でも観戦チケットは大会前に既に完売で見に行けず。
でも、、、TVを見ている限りでは観客席はガラガラ。
どうやら大部分のチケットを関係者で!?

それが影響してなのかどうか、、、試合前日&前々日のチケットを
中国大手の中国工商銀行の窓口で緊急追加販売するという情報を
聞きつけ、すぐに銀行窓口に問い合わせに行くも、無いと言われ・・・
いやー、観戦したかったです。。。

ともあれ、おめでとうございます!

2010.11.22 | | Comments(2) | Trackback(0) | 深セン生活&中国撞球

ニッポンとチュウゴクのカンケイ・・・(150~200年!?)

スゴイことになっていますね、例のYou tube流出ビデオの件。

現在の日中関係、恐らく戦後最大の冷え込んだ状態になっているかと。



コチラは情報統制がキツイ国ですが、今回は中国版you tube等にも

流出していますし、もう隠しきれず!?コチラのテレビや新聞、

ネットニュースにも出ています。



それでも、、、実際の生活上で例えばご飯を食べに行ったりした先で、

店員さんやそこにいるお客さんが今回の事件ことを知っているかと

いうと、意外と知らない人も多い感じもします。

知っている人は知っている人で、「あー、あれ日本がワザとぶつかって

きたんでしょ?」的な!?

ましてや、あの船長は中国では表彰されたんですよね。




結局、中国内で流れてくる予め管理されたニュースを見ている

限り、日本に対する考え方のベースが違うのかもです。



他の原因の大きな1つとして個人的に思うことがあります。

コチラに住んでいていて特に思うのがテレビドラマ。

戦争ドラマをよくやっています。



チャンネルをヒネルとどこかでそれ系をやってるんじゃないかって位。

それをもうずっと長年。



その内容はやはり、ニホン兵が超悪役。チュウゴクは正義。

そういったドラマを子供の頃からずっと見て育ってくれば、

日本に対する印象は。。。

何がどう正当なことであっても、日本はオカシイというような。



ストレート!?に言いますとそう、幼い頃からずっとセンノウ

され続けながら育って!?



中国版You tubeでも例の流出ビデオを見てみましたが、

そこにコメント追加欄があるのですが。

ニホンに対する更なるブジョクや内容のスリカエ(むしろ

ニホン船がぶつかってきた)系がメインです。



ちなみに、、、こんなMVもあります。

http://v.youku.com/v_show/id_XMTM3MTU4NzI=.html

中国語が分かる方には特にキツイ内容の歌詞(字幕)です、お気をつけおば。

このMVにしてもネット掲示板等でリンクされ、そのコメントたるや・・・

日本人としては、かなりキツイです。



少し話が逸れますがホンコン映画も日本未公開作品が結構多いです。

実はホンコン映画もその手の内容(ニホン軍が悪役)が多かったりします。

まー、そんな、、、ある意味で、、、

幼い頃からずっとセンノウ!?されて育ってきている中華圏!?




もしも今後、、、中国のテレビでそういう関係のドラマ主流をヤメタ

としたら、これからの2世代から3世代位(150年~200年!?)後には、

そのような日本への偏った印象は減るかもですね。



でも・・・思うんです。

ニホンは過去に原爆を落とされて以降、アメリカをずっと敵対視してます?

アメリカがやることなすこと全て否定してますっけ???

人によって個人的にそう思う人はいるかもしれませんが、

一般世論としては。。。




そうそう、この流出ビデオを気心の知れたチュウゴク友人に見せる

機会がありました。

MSN JAPANのニュースビデオ動画が再生可能でした(in中国)のでそれを。

まず最初は、、、「これホンモノのビデオ?」(偽造ではないの?)から

会話が始まりました。気心が知れていたとしてもです。

そこからのスタートになります。

ニッポンに対する刷り込まれた印象というのをまず拭うことからです。

念のため繰り返しますが、気心の知れた友人だからこそ

こんな話が出来ている訳ですが。

まー、本人としては葛藤しますよね、何よりもメンツを重んじる国ですし。

(そんなはずは、、、という・・・)

私、やんわり、そして理路整然と説明しました。

決して逃げ道が無いように追い込むのではなくですよ。

そして理解したあとは自国に対する嫌悪感。

そうなんですね、分かってくれるんですね。

センノウ!?が解けたというと言い過ぎかもしれませんが。。。



ここでセイフヒハンはどうかと思いますが、チュウゴクの

一般の人って、真の情報を得ながら育ってきているとは

言いがたい!?気がする!?ので、誤解も招きやすいのではと。



もちろん、これを世直し大名のごとく周りの友人にコツコツ説明

をしよう思っても!?、なんせ人口13億ですからね。。。



とは言いましても、ドンドン冷え込んでくる国家間の関係。

これが個人同士でのイザコザなら、別にどこの世界でも大なり

小なりあると思いますが、国家間です。



日本人である私が思うに、上記の友人への説明例の様に

中国人って一度気心が知れる(つまり幼い頃から見てきた

テレビドラマ等のニホン軍の印象を拭う)とお互い懐へ

一気に入れたりするイメージがあります。

ただ、そこに行き着くまでがなかなかなのかも。。。

ましてや言語が違う国同士。

そこが上手く行き、しっかり相談できる間柄になれれば国家間も!?




私、今年はまだ日本に帰っていませんが、、、

中国全般に対し日本では今、過去最高に印象が悪くなってそうですね。

以前から何度か書いて来ましたがコチラで「謝る」という

行為はほぼありえないです。

タイワンでもなかなか。

ちなみに台湾の場合は悪いことしたとき「Sorry」と英語で返すことが多く、

それは母国語での謝罪では無いという事でメンツが傷つかない!?為、

使われています。(母国語での謝罪行為はメンツが傷つくので)



中国、台湾はメンツが潰されることが何よりの屈辱。



自分の経験上でですが、過去の台湾~香港~現在の中国生活まで、

「(深く)お詫びする」意味の中国語である「道歉」(dao4qian4/ダオチエン)、

「抱歉」(bao4qian4/バオチエン)はまだ実際に聞いたことないです。

過去、台湾での大学生活時代に授業中に習っただけ。




なので中華圏の人に謝罪を求めるのはそう簡単にはかもです。。。



真実を大部分の人に理解してもらうというトコロから行かないとかもです。

センノウ!?をジワジワ解いていくとでも言いましょうか?



また、大きく世界経済で考えた場合、世界各国と中国は

たくさんの歯車があります。

なので「もうチュウゴクはイヤだから今後関係するのはやーめた」

という風には!?さらなる一歩大人の(+抜かりない)対応をば!?




今後、、、万一有事があるような場合は自分も中国には

いられないかもですね。



世界平和って相互理解・・・


【追伸1】将来中国よりも人口が多くなると言われている

モーレツ発展中のインドですが。中国とインドは陸で繋がって

います。そして中国はあらゆる面で既に入り込んでいます。

チュウゴクはイヤだから今後はインドで大量に安く生産って

流れこんでいっても、又うかうかしていると!?

(インドは元々親日だそうですが)

外から日本を見てるとなんか、、、日本って動きが遅いような気が。。。

ビリヤードでいう、細かい関節を気にしすぎて球撞きがなかなか上手く

なれないみたいな!?例が違いますな、失礼!



【追伸2】外から日本を眺められる、全体的な視野で見れる、

地球儀(世界)の中にある日本というようなモノサシで考える

とでも言いましょうか、そんなセイジ家さんって少ないのin日本!?

自分のようなシロウト目から見てもなんだか・・・



【追伸3】もうすぐ始まる広州アジア競技大会、相当厳重な警備が

配されるようです。出場選手、観戦される皆様、念には念を入れて

くださいませ。


※在広州日本国総領事館から注意喚起が出ています。
http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/consular/doc/toukouzyouhou-101027.htm

※尚、サッカーの11/8の試合は不測に備え日本人専用席が
 設けられるそうです。
http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/consular/doc/118sakkayosen1105.htm

※在広州日本国総領事館のHPホーム(要チェックをば!!)
http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/index.htm

2010.11.06 | | Comments(4) | Trackback(0) | 深セン生活&中国撞球

【ビリヤード】2010年第16回広州アジア競技大会(第16届亜州運動会)

いよいよ第16回アジア競技大会(Asian Games)が近づいてきましたねー。
(競技期間は11/13~26)



【Wikipedia/2010年アジア競技会】
http://ja.wikipedia.org/wiki/2010%E5%B9%B4%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E7%AB%B6%E6%8A%80%E5%A4%A7%E4%BC%9A



競技種目の中に「ビリヤード」もあります、今回は関するご紹介です。



まず、この「第16回アジア競技大会」ですが、

中国語だと「第16届亜州運動会」になります。


発音はピンインだと「di4shi2liu4jie4/ya4zhou1/yun4dong4hui4」。

無理矢理カタカナ発音にするならば「ディースーリョウジエ/ヤージョウ/ユィンドンホエイ」

みたいな感じです。(なはは)



※広州アジア競技大会の公式HPはコチラ。 
http://www.gz2010.cn/



そして気になるポケットビリヤードの部では、

日本から以下の4選手(男女各2名)が参戦。

頑張ってください!!


★神箸久貴
(中国語発音だと、シェンジュ-・ジョウグェイ/shen2zhu4・jiu3gui4)

★田中雅明
(ティエンジョン・ヤーミン/tian2zhong1・ya3ming2)

★梶谷景美
(ウエイグ-・ジンメイ/wei3gu3・jing3mei3)

★光岡純子
(グアンガン・チュンズ/guang1gang1・chun2zi3)

【対戦表】http://www.my147.com/News/Display.php?id=15244


※ビリヤードの会場は「広州亜運城総合体育館」内だそうです。

(参考/会場について)http://www.gz2010.cn/special/00780200/yayunzhtyg.html

 住所/広東省広州市番禺区新城東部蓮花山麓傍(亜運城南部)

(参考/Google MAP)
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E5%B9%BF%E5%B7%9E%E4%BA%9A%E8%BF%90%E5%9F%8E&sll=31.015279,114.477539&sspn=32.27105,79.013672&brcurrent=3,0x0:0x0,1&ie=UTF8&hq=%E5%B9%BF%E5%B7%9E%E4%BA%9A%E8%BF%90%E5%9F%8E&hnear=&ll=22.96195,113.495293&spn=0.034141,0.077162&z=14&iwloc=A


あひ~、中国からはfc2ブログは直リンクを貼れない

(アクセス規制の関係上)ので、すんごい長いアドレスに。。。(汗)


更にアクセスですが、もし広州国際空港からタクシーで直行だと

240元位(約3,120円)、約70kmの道程の様です。

広州市内からの地下鉄利用であれば4号線で「海傍」駅下車、

A出口から徒歩10分程度の様です。



あと、、、ビリヤードの試合観戦チケットですが。

ネットで調べてみましたところ、「完売」になっていました。


ということは、もし現地に行けたとしても会場に入れない(見れない)。。。

あくまでネット上でですが、チケット予約案内を見る限りではそうなっています。

当日券とかあるのかな???

(参考/チケット状況)
https://ag.tickets.gz2010.cn/AGTicketing/internet/search/result.jsp?type=category&id=111


となるとテレビ観戦かな。。。

ビリヤードもきっとTV放送(in中国)やってくれる!?でしょう!

(参考/パンシャオティン)
http://www.gz2010.cn/video/2010/10/5/V/V6J086I5V.html


ということで今回は、広州アジア大会のビリヤード情報を紹介してみましたー。


※上記内容は個人的にまとめてみたものです。

変更等あるかもしれませんので、正式なものは公式HP等で確認ください。



【追伸1】前回日記の台風の件ですが、私の住む中国シンセンの
手前でカクンと進行方向を変えた為、コチラに台風は来ませんでした。


【追伸2】前々回の日記で書きました、携帯電話を盗まれてしまい
友人等の電話番号を失ってしまった件ですが、メールやFacebook等
からコツコツご連絡を頂いています。
本当にありがとうございます。大変お手数をおかけいたしました。


2010.11.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 深セン生活&中国撞球

«  | HOME |  »

プロフィール

hammer

Author:hammer
台湾のビリヤード(撞球、POOL)スタイルにハマッたHammerの日記。(這個是Hammer的部落格上面還記
載了學中文及生活的許多事)...そして2012年4月以降、中国広東省シンセン市南山区にてHammer Billiard Club本店(深圳汉默台球俱乐部)を、2014年8月に深セン最大級のポケットビリヤード場、Hammer Billiard Club旗艦店を、その後帰国し2016年4月8日より広島ビリヤード&カフェバー胡町電停前店をOPEN!

@台湾

2009年(JET) jet2.jpg 2008年(中文台) 爆桿bingo logo

Blog Logo

Blog Logo

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

POOL!

ボール写真

CalendArchive

ブログ内検索

World Pool Championship

2009年(球歴5年生) blog用world pool championship 2008年(球歴4年生) 圧縮版 2007年(球歴3年生) 2007年世界選手権

MY CUE

1代目サウスウエスト

MY CUE CASE

myキューケース

翻訳Leggero

地獄の世界選手権STAGE1

地獄のSTAGE1!

月別アーカイブ

FC2カウンター

Dragon cue case@台湾廟

ビリヤードケースと廟logo

リンク

このブログをリンクに追加する

I’mラックマン!(ははは)

delta13.jpg

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

不撓不屈

龍馬精神

ASIA好き!

@台湾  台北101煙火 台北101新年 @台湾 台南(お店入口!) 台南搾門      ジャンプしょっとお! フィリピン上空     @フィリピン フィリピン @マレーシア @マレーシア @マカオ マカオにて     @香港 「THE100万$夜景」 100万ドルの夜景 名物「せり出し看板」 香港のせり出した看板 「STAR FERRY」 定番色スターフェリーlogo 「HONG KONG NEW YEAR!」 香港TST時計台花火 「アチョー!」詠春拳!? 服    @中国   「深セン」 シンセン駅 「中国高速鉄道CRH」 和#35856;号 「広州」 広州駅 「珠海(九州港)」 The 船! 「湖南省張家界」 天橋

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング