世界戦で実力を出しきるということイコール!?

ビリヤード情報の「on the hill」でとても共感する記事が掲載されていました。



タイトル「適応能力が生死を分ける」。

リンク→ http://onthehill.seesaa.net/article/157875075.html




そう、「適応能力」。




特に日本人の性格。




他の諸外国に比べてどちらかというと細かくて、

深く考える性質を持っていると思います。




私、中国に住んでいますが球撞くときなんて、

隣合わせのお客さんにキュー尻でバコーンって

背中を撞かれるなんて普通ですよ。




また、まさに撞こうとする瞬間にとなりのお客さんが

ドーンと体をぶつけてくるとか。

周りに気をつけることなんて配慮ないですし。




ある意味、、、逆に撞き返すぐらいの勢いでないと

というイメージです。




私、以前にかなり悩んだことがありましたもん。

「こんな国にいるの嫌だー!もう帰るっ!」って


・・・

・・・

・・・

テーブルのコンディションに関しても日本は除湿機があったり、

球を拭いてくれたり。





海外では全く拭かない珠屋さんもありますし、傷がひどい球も。

逆にギンギンにワックスをかけるお店だって。

テーブルだって平行じゃなかったり、ラシャがボコボコ穴あいてたり。

湿度が高い国だとキューケースからキューを出した瞬間、

一気にキューが汗を拭いてドロドロになったり。




以前、台湾に住んでいたときにこんなことが。

普段日本にいるときはとてもうまい選手。

でも海外ではその実力が上手く出せない・・・

「えっ!?」て言うくらいボロボロになる人も。




「環境への対応」



これは海外戦を目指す選手にはとてもとても重要なことだと思います。



たまたまハマッ時はいいけど、そうじゃないときはボロボロ。

もう、、、C級に戻ったくらいの勢い!?





「タフさ」や「浮き足立ち感」、「緊張感」だけでなく、

加えて何より「適応力」も求められます、世界(海外)戦。



そんなことも含め、以前より何度も書いていますが、

特に若いプレイヤーの方たちには早期の海外戦経験を

おすすめします。



つまりそんな「経験」。



そこで、、、もしブッ壊れても・・・

それでも、、、得るものもホントに大きいと思いますよ。



それを何度か繰り返しているうちに!?、ドーンと突き抜けて強くなれるかもです。





ぶっちゃけ、、、全部イレイチしたっておかしくない、

というか、、、それでも入んないかもです。



その位、海外での試合経験というのは(即効性はないかもしれませんが)、

ゆくゆく何年か後への大きな糧になるかと思いますよー。



その辺りは「早熟」な方が後に良い方向に向かうかもです。



毎回ビリヤードプレイヤーの皆さんに煽り続けていますが

以上、年寄りの戯言でした。(なははのは)




2010.07.30 | | Comments(4) | Trackback(0) | 撞球のこと

タビニデマス、サガサナイデクダサイって(なはは)

広大な中国大陸。



そろそろウズウズ。

どこかに行きたい病が(なはは)




ということで1週間くらい中国内を旅してきます。




今回は初の「長距離列車」、つまり陸路です。

片道18時間くらいの寝台列車にて。

(しかも直通列車ですよ、スゴイ!)




飛行機に乗って行けばあっという間ではありますが。

(しかも中国国内線だから安いですし、自分が乗る寝台車の

チケット代とそんなに差も。いいんです、これはこれで。なはは)



こんな長時間の列車なんてなかなか乗れる機会もないと思うので、

どんな感じなのか経験してみます。(クタクタになったりして!?)



放浪グセアリなのかな!?(あひひ)


2010.07.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 深セン生活&中国撞球

久しぶりの中国語基礎講座!?(生活編/台湾&中国の中国語!?)

かなりご無沙汰の「中国語基礎講座」(生活編)です。



今回はチョット志向を変えまして、最近の出来事を交えながらの

ストーリー風(かなり強引な展開ですが!?)で中国語の生活用語

を紹介してみまーす。では早速スタート~!

(携帯電話からだと一部文字化けの可能性があるかもです。)




~Hammerの中国語基礎講座(日常生活用語編)テキスト~(なはは)



シンセンの夏、、、過去生活していた台湾よりも更にゲキ熱いです。

そこで先日、追加でクーラーをもう1台取り付けて貰ったのですが

その際、壁の高い位置に取り付ける為、「凳子」を用意。


  ※「凳子」(deng4 zi/デンズ)・・・背もたれのないイス



ちなみに、同じ背もたれの無いのイスでも「長め(ベンチ)」タイプは、


  ※板凳(ban3 deng4/バンデン)



そして、ドライバー(ねじ回し)を用いてクーラーを壁に取り付けました。


  ※「螺丝刀」(luo2 si1 dao1/ルオスーダオ)・・・ドライバー



その後、お腹がすいてきたので本場(ははは)の中華料理を。


(ってココ中国なんだから、そりゃ中華料理ですね。
 しかもストーリー展開早っ!笑)



お店に入りテーブルにつくと、既に小皿(取り皿)が置いてありました。


  ※「碟子」(die2 zi/ディエズ)・・・小皿(取り皿)



なお、こちらシンセン(広東省)ではその小皿(取り皿)のことを、

特に「食べた後の殻や骨」を入れる小皿のことを、、、


  ※「骨碟(gu3 die2/グーディエ)


と言う人も結構います。(これは台湾時代には聞いたことがなかった単語でした。)



あっ、「皿」というと「盤子(pan2 zi)」を使うケースもありますが、

これは「もっと大きめの皿」(料理が盛ってある様な皿等)のイメージが強いです。




そうそう、コチラの料理の辛さ、、、ハンパないですよ~。(はひ~)


  ※辣椒(la4 jiao1/ラージァオ)・・・トウガラシ

  ※辣醤(la4 jiang4)・・・トウガラシ入り味噌



自分は辛いモノのはソコソコ大丈夫な方だとは思っていますが、

それでもヤバイ程に激辛な時は(なはは)ビールを流しこむか、

ごはんをガツガツ頬張りながら口の中の辛さを抑制しつつ!?

食べています。


(注文時に「辛さ控えめ」の旨を伝えれば調整してくれるお店も
 ありますよー、もしくは予めその料理が辛いかどうか聞いてから、
 注文するかどうかを決めるなど)



その後お腹いっぱいになり、食べきれなかった分を包んで貰うことに。
(=お持ち帰り)



  ※打包(da3 bao1/ダーバオ)・・・「持ち帰り」

  

同じ意味で「帯走」(dai4 zou3/ダイゾウ)がありますが、

コチラでは「打包」がメインです。

(※台湾では逆に「持ち帰り」=「帯走」を使うことがほとんどです)




そして余談ですが中国語で「お弁当」という表現に関しては

台湾と中国で表現が違う傾向に。


  
  <台湾> 便当(bian4 dan1/ビエンダーン)

  <中国> 盒飯(he2 fan4/ハーファン)



このように、同じ中華圏でもその地域により単語1つをとっても

表現(言葉の習慣)が違うことが多々あります。



他にも例を挙げますとマクドナルドの「ビッグマック」。


  <台湾>大麦克(da4 mai4 ke4/ダーマイカー)

  <中国>巨無覇(ju4 wu2 ba4/ジーウーバー)




更には、日本語で言う「美容院」(髪を切る所)。


  <台湾> 美容室(院)(mei3 rong2 shi4)もしくは以下同様

  <中国> 理髪店(li4 fa4 dian4)


「理髪店」というと日本語的には男性が行くような、
 いわゆる「床屋さん」的イメージがありますが、
 中国(語)では「理髪店」です。



先日、髪を切りに行ってきました、そこで店員さんに、、、

頭の真ん中あたりは髪を「すく」様な感じで、とお願いしました。



  ※髪を「すく」・・・剪碎髪(jian3 sui4 fa4//ジエンスェイファ)



余談ですが、コチラの理髪店ではマッサージ付きのコースが

多々あります。

代表的な1つに洗髪後、仰向けの状態のまま美容師さんが

自分の首のところから手(オイルか何か使用)を入れて背中

をマッサージするというもの。



それを中国語で、


  ※滑背(hua2 bei4/ホアベイ)


これがですね、、、超・キ・モ・ティ・イ・~!(ははは)



なおコチラでは洗髪のみだと安いので、特に女性は洗髪だけをしに
週2~3回等のペースで理髪店に行くというパターンも多いそうです。
(もちろん人にもよりけりではありますが)




アレレのレ!?ここまで書い来てナンですが、

すっかりストーリ風ではなくなってきた様な感じも。。。




そのついでに!?(なはは)、先程の「食」の話に戻しまして

中華料理についてもう少し。


   ※中華料理・・・中国菜(zhong1 guo2 cai4/ジョングォーツァイ)



個人的にですが「ラーメン」と「餃子」と「チャーハン」は
日本のが一番美味しいと思っています。



自分にとっては中国というとビール。

「青島ビール」美味しいで~す、ほぼ毎日。。。(やっぱり!?なはは)




でも、、、夜更かしして飲み過ぎるとついつい朝寝坊を。。。


  ※懒虫(lan3 chong2/ランチョン)
  
  ※懒猪(lan3 zhu1/ランジュー)


これは共に「寝坊助」(ねぼすけ)という意味で使われます。
(ドキッ!?なははのは)



なお、、、


  ※夜猫族(ye4mao1 zu2/イエマオズー)・・・「夜更かし族」(なはは)



以上、今回は「中国語基礎講座」(生活/台湾&中国の中国語!?)編でしたー。



【追伸1】
 「チョコレート」の中国語(普通語)は、

    ※「巧克力」(qiao3 ke4 li4/チアオ・カー・リィ)ですが、

  中国シンセンでは、

    ※「朱古力」(zhu1 gu3 li4/ジュー・グー・リ―)

  という表記(例えばケーキ屋さん等)も見かけたりすることも。

  これは「広東語」での文字表記だそうです。



【追伸2】
  そうそう、ナンバーのついていない新車が道路を走っているのを
  チョクチョク見かけますinシンセン。

  「えっ?、それってマズイんじゃないの?」と聞いてみたところ、  
  購入時はナンバーが付いていないので、取得申請期間中ということで
  ナンバーが付いてないそうです。

  そして尋ねました。

  「ナンバーが来て(付けて)はじめて路上で車を運転できるんじゃないの?」

  すると、、、

  「だって、買ったらその日から自分のものなんだから、
   ナンバーが来るまでの間もすぐに乗りたいでしょ。」

  「なるへそ、おみそれ致しやした~・・・」(って、、、なはは)

   そんな感じだそうです。(マジでぇ~?そんな軽いノリでOKなの?)


  (参考)「広東省」での車の登録ナンバーは、「粤・○○○○」
       のように「粤」(yue4/ユエ)と書かれています。
       これはまさに「粤」=「広東省」の意味ですね。

【追伸3】
  今回は日常会話で使うものばかりでしたが、ビジネス会話となると。。。
  普段なかなか使う機会がないので、過去に台湾の大学で学んできた
  ビジネスコースでの用語などは、、、もうズイブン忘れて。。。
  イカン、イカン、日々勉強じゃー!(あひひのひ)

2010.07.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 深セン生活&中国撞球

「中華圏に住むなら、むしろ中国語は出来ない方が幸せかも!?」+「α」

変なタイトル!?(なはは)



今回は「中華圏に住むなら、むしろ中国語は出来ない方

が良いケースもあるかも」というお話です。




もしも現地で中国語が出来ないなら何を言われても素通りできますよね。

つまり何を言っているか分からないですもんね。





でも、逆に中国語が上達すればする程にその土地の人の考え方、

習慣、文化などあらゆる面でそのギャップに遭遇します。




特に日本人で一般のお仕事関係(駐在)等で来られている方々で

かつ、中国語はお話しされない方々。お気をつけくださいかもですよ。




中国語が分からないことを逆手に、結構メチャクチャな事を

言われてたりしてるかもですよー。




そう、、、中国語が話せないと分かるやいなや、相手から

汚い言葉で罵られていたりする場合もありますぞー。



またそういう状況であるのが、特に日本人の場合、中国語を聞き

取れないことへの「照れ」からか、愛想笑い(作り笑い)なんかを

してしまうという。




これは拍車をかけて「コイツ、罵られてるのに笑ってるよ!」

なんて更に。。。




そういうのを間のあたりにすると、ある意味で逆に中国語は

覚えなかった方が気づかないままで過ごせたかもみたいな。




もちろん中国語が話せるようになったことで自分の行動範囲が

大きく広がったり、中華圏の人の考え方等が垣間見れたり

それだけでもたくさんの貴重な経験が出来ていると思いますが。


なので現地では特に、、、


★「信頼できる人を1人でも多く作ること」、

★「メンタルタフネス」


かな、やっぱり。



もちろん、上記はどこの国であっても共通している部分も

かもしれませんが、特に中華圏ではその「程度や意味の深さ」

(←日本とは又違う次元の)も重要かもです



ということで今回はチョット変なタイトルだったかもな、

「中華圏に住むならば、むしろ中国語は出来ない方がよいかも!?」

でした。




~以下は「+α」部です~


【追伸】しばらく球から離れていたワンホンシャンが復活。
     
先日の台湾プロツアー業界復帰。その一戦目で準優勝。
私にとっての永遠のスター。チョットホッとしています。
彼の最近のプライベート事情は割愛しますが、
王泓翔、継続加油!
(ヤン様は・・・、ノーコメント。。。)
     
あと、過去にリュウシンメイのお店がウリに出されている件
もありましたが、最近プロツアー&青英会の試合会場としても
協力されていた台北の名門店の1つ、テツジン撞球館も
ウリに出されています。


なお、先日のワンが準優勝(優勝はザンロンリン)した
プロツアーの結果でも分かるように参戦者は激減しています。
(去年までの半分以下にまで)


ビリヤードでは喰えなくなったと分かるやいなや
ナダレのように・・・(アッサリ!?)


何度も書いていますが、好きだけではやっていけません。


死ぬまで世界のトップクラスで居続けるか(賞金)、
はたまた強力なスポンサーがある、はたまた自由度
の効く何か別の収入源をもっているか。
そういう何かがないとしんどいです。


中国(上海や北京など、ほぼ中北部限定ですが)では
相変わらず毎月のように日本円換算で優勝賞金70~
80万円クラスの試合が開催されています。

ちなみに確か今月は成都で中国プロツアーが開催予定です。
(もう、中国に頼っていくしかない!?タイ○ン!?)

2010.07.20 | | Comments(2) | Trackback(0) | 中国語のこと

【その3】最近の生活コネタ集(中国シンセン)

前回日記に引き続きまして中国シンセン生活コネタ【その3】です。


(1)「メイド・イン・チャイナ品の日本向けと中国向け!?」


世の中のモノというモノ、身につけるものにしても日用品にしても

中国産がホントに多いです。




そして興味深いのが、同じ中国産でも「中国国内向けの商品」と

「日本(海外)向け(OEM供給)の商品」はやっぱり違う様です。




なんか、、、コッチでモノを買うとやたらと壊れるような。(はひひ)




身近な話ですと洗濯物を干すツリーありますよね、

洗濯バサミが一杯ついたヤツ。



先日あれを買ったのですが、使い始めてすぐにボロボロとハサミ部が

取れ落ちました。(繋ぎ目のハリガネ部品!?がしっかりしていない)



自分が購入したタイプは24個の洗濯バサミが付いてるツリータイプで、

今では既に残り15個しかありません。(はひひ)




他の例としましては先日、新品の洗濯機を設置したのですが

使用1週間位でホース部の繋ぎ目の部分が折れました。



これは洗濯機自体が壊れたのではなく、蛇口から水が出るところ

の繋ぎ目の部分です。でもソコって蛇口の先端ですよ。

それがポキッって折れるって。。。ビックリしました。(なはは)



そして修理屋さんに依頼。


さらに修理後はやはりボ○タクリのカカクで・・・(モメました・・・)


いやー、、、モノが早く壊れれば壊れるほど商売が儲かるのは

わかりますが、もうちょっと耐久性をお願~い。



う~ん、日本の品質管理のスゴさを垣間見ました。。。




(2)「人脈次第!?影響力in中国」


以前にも書いたことがありますが、人脈次第で物事の

動きがyesにもnoにもなるかも!?です。



前回の日記に引き続きまたまた実験を。(なはは)



先日の朝、部屋に付属しているエアコンの1台から水漏れが発生。
(また「壊れ系」の話ですが・・・なはは)


そして、さっそく修理会社へ電話を・・・



・修理会社「今日は忙しいので修理に伺えるのは夜9時頃になります」

・私「部屋の中で水漏って困っているので早く来て貰えませんか?」

・修理会社「無理ですね。。。」



そこで、、、


(オヌシもワルじゃのう。。。てへへのへ)



ビルの保安の人にお願いし、同じ会社の同じ担当者へ電話して頂くことに。



すると、、、



・修理会社「ハイ、今から20分位でそちらへ向かいます」


 ・・・

 ・・・

 ・・・


って、、、お~い!!!なはは。(Hammer、、、ショボッ・・・)



う~ん、勉強になります。



今後は少しづつでもそう言う人(テリトリー内で影響力のある人物)

と上手く渡り歩いていくことが、ココで賢く生きていくコツかもです。



以上、深セン生活コネタ集【その3】でした~。



【追伸】「路上販売のDVD屋さんについて」

コチラでは公開されたばかりの映画でも
すぐにDVD化され売られています。

また、映画だけでなく今やっている日本のTVドラマ
とかも放映後すぐにDVD化され、ご丁寧に綺麗な
パッケージまで作られて売られています。(はひひ)

しかも、、、お値段ですが・・・

現在公開中の最新作映画のDVDですらナント日本円
で100円前後です。(おーい、なんでもアリかーい!)

先日、葉問の3作目(香港映画)のDVDを入手したの
ですがそのDVD、葉問だけでなく他にも20作分の映画が
入っていました。(ココ1年くらいの名作ばかり)
    
いやー。。。

2010.07.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 深セン生活&中国撞球

【その2】最近の生活コネタ集(中国シンセン)

前回日記に引き続きまして中国シンセン生活コネタ【その2】です。


(1)「シンセンの自宅について」

住んでいるマンションはシンセン某区ド中心街。(やっぱり!?なはは)

自宅の周りには飲食店、アミューズメント、BAR、日本料理屋、

香港への直通バス停、シンセン空港行きバス停、その他多くの

お店でとても賑やかな地域です。

また自宅の隣は大型デパートで地下スーパーもあるのでとても便利。



自分が海外で部屋を選ぶ際の基準が「便利さ」を優先に

するため、今回もやはりこういった場所になりました。

(実際に十分に歩いて見て周り、「ココだっ!」と思った

 周辺の不動産屋に入り、物件を探しています。)




更に自宅のそばにスターバックスもあるので、昼と夜に愛犬ルル

の散歩を兼ねて自分の大好きなコーヒーを飲みに行っています。

(中華圏のローカルカフェ店のコーヒーっておもいっきり牛乳が入った

コーヒーが多い傾向にあり・・・やはり行くのはスタバーになります。)



そしてルルをナデナデしつつ(なはは)、前回の日記で書いた

「中国版iPad」でメールチェック&ネットサーフィン

しながらまったり。

(On the hill等、日本の気になるビリヤードニュースも
 しっかりチェックしていますよ~、なはは)



なんか、こういう風に書くと「優雅な生活してんなー、

コノヤロー(なはは)」的かもしれませんが、海外生活は

やはり日本と違って色々とパワーが必要だったりするので、

自分にとってスタバでのまったり時間は気持ちを開放できる

オアシスです。(自分で選んだ道なのでしんどいとは思っていませんが)


(参)スターバックスの中国語は、「星巴克」(シン・バー・カー)です。



(2)「民度!?」

日本を離れて以降、台湾→香港→中国(シンセン)と

住み歩いていますが、以下は特に中国に関して。



中国はココ数十年のあまりにも急激な発展でそれに関わる

「法規」や「人の行動」が追いつけていない感があります。



身近なところでは、台湾でもそうでしたが並ぶ列への

割り込みとかはスゴイですよね、相変わらず。



バスなんかでもそう、降りる人が降りないと乗れない状態でも

猛突進しながら乗り込んできます。



エレベーターでも。

そこで先日ワタクシ、、、イジワルな!?実験を。(なはは)



たまたまエレベータの先頭に私が並んでいたことがあったのですが、

きっと割り込んでくるだろうと予想し、エレベータのドア横ギリギリ

まで体を密着させて並んでいました。




つまり、これよりも前に割り込もうと思っても行けない状態まで

体を密着。(イジワルゥのルゥ~、なははのは)



しかし、、、、それでも、、、



ドア横壁に密着までしている私の脇腹の隙間から手を突っ込んで

私をどかしながらまでしてズンズン割り込んできます。って、おいおい。



これって、、、

「エレベータに一番に乗り込む世界選手権」か何かですか???

「一番乗りするとトロフィーが貰えて賞金10万ドルとかあるんですか?」

「年間ランキングとかあるんですか?」 

・・・

・・・

・・・

なははのは・・・


そこまでするのはなぜなんだろう、急がないとおしっこが漏れるとか?

いやいや、違うな、本能の赴くままだなきっと。



まぁ、台湾時代にもこのような経験を数多くしてきたので随分と忍耐力

を付けてきたつもりなのですが、それでも「なんだかなー」って感じです。



ちなみに経験上、「台湾」&「香港」&「中国」の中で、

香港だけはそういう感じはないです。

香港は超国際都市ですし、そういうマナー的な部分は早くから

習慣づいているのでしょう。


(以前にも書きましたが香港は「謝る文化」が根付き、

むしろなんでも謝る傾向になりつつ、日本みたいに!?

台湾と中国はそういう部分はこれからかな。)



あと先日、愛犬ルルと散歩中にこんなことが。。。



「うわ~、超小さい、カワイ~!」って近づいてきた女性が。

ダッコしながら、私の目を盗んでそのまま連れ去ろうと。

おいおい!危ないなー、もう。

ちなみに現在強烈ペットブームです、中国(シンセン)。



話の展開的に「治安(inシンセンの私が住む某区)」についてですが。



現在住んでいる周辺はシンセンの中でも高級住宅街。

これは自慢でも何でもなく、やはり外国人なので念には念を入れて

セキュリティ等も考えた末でです。実際、家賃は出費ですもん。

(ローカル系ならばその1/3~1/5位の家賃で住めるようなイメージです。)

夜中の3時に1人でウロチョロ出来るような多くの保安の人達で

囲まれている様な地域です。なのでこの地域の治安に関しては

日本と変わらないかなという感じです。




ちなみに自宅から15分も歩けばドローカル色漂う街並みに

なりますが、そのあたりでも超平和ですね、この区内は特に。


なので涼しくなってからの夜は、そういったローカル街に

入って路上屋台や路上夜市等をウロチョロしています。(なはは)



ということで総じてですが、シンセンは中国全土的に見ても

かなり安全な地域だと思います。



きっとこれはシンセンが中国全土の中でも物価も所得もNO1という、

中国の富裕層が住む地域ということも背景にあるかと思います。

なお、7/1以降シンセン市内は全区が経済特区化されました。


※もちろんご自身の安全はご自身でお気をつけくださいませ、

 それはどこの国にいても同じだとは思います。



以上、シンセン生活コネタ【その2】編でした、次回【その3】に続きまーす。


【追伸】愛犬ルル(露露)はプードル(中/貴賓)とチワワ(中/奇哇哇)のハーフです。
    もう、、、可愛すぎてメロメロでございます。(てへへのへ)

2010.07.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 深セン生活&中国撞球

【その1】最近の生活コネタ集(中国シンセン)

今回の日記は中国シンセンでのココ一ヶ月位の生活ネタです。


(残念ながら中国のネット規制により写真や動画の
 アップは出来ないので文字だけになりますが。)



(1)「生後2ヶ月のワンちゃんを飼い始めました~」


女の子で名前はルル(露露)といいます。

私の手のひらの上で立つほど小さく、

もう可愛すぎて毎日ほぼずっと一緒にいます。(なはは)



まだトイレのしつけは上手くできていませんが、

モゾモゾする前兆があるので、それを見かけると

ティッシュを持って後ろからストーキング。(ははは)

そしてルルがしゃがむ瞬間に素早くティッシュをズサっと。(はふぅ~)



現在は少しづつですがルルが部屋のどこでトイレをするかの

目安がつき始めているので、もう少ししたらルルは自分で

マイトイレポジションで鎮座できるようになるかな。(ははは)



※愛犬ルルについては大尊敬しているビリヤードプレイヤーの1人、

内垣さんのサイト(このブログのサイドバーにリンク有り)で

ルルの写真入りでご紹介いただきました。ありがとうございます!


http://www.prochoicepool.com/gallery/archives/306.html
(直リンクも貼れない状況なのでアドレスをば)



(2)「iPadの中国版!?」

中国では「iPed」とか「ePad」、「i Robot」

などの名前で色々出てますね。



いわゆる(アンドロイド端末)タブレット型コンピュータ。



この「中国版i Pad」ですが、種類もとても豊富にあります。

そして私もこの「中国版ipad」をば入手。



言語設定機能もやはりあるので表記を日本語仕様にもできますよー。


操作方法についてはここ数週間位、色々いじくって大体の機能は

使えるようになりましたがこの「中国版iPad」、現時点では

1つ問題があります。




それは日本語で文字を「打つ」のにはソフトインストールが必要。

(購入時には「中国語」&「英語」文字入力ソフトが入っています)



でもまぁ、こういうのは遅かれ早かれ「アンドロイド端末中国版iPad」

への日本語入力フリーソフトは出てくるでしょうから(もしかしたら、

自分が気づいていないだけで既にあるかも)、それをインストール

してしまえば日本人(語)も使えるのではないでしょうか。

 

なお、変り種では「ウインドウズ版の中国版iPad」とかもありますよー。

もう、、、ワケがわかりませんな、筐体はアッ○ル系なのに

中身はウインドウズって。(なはは)



そういえば、日本のニュースでもこの中国語版Ipadの話題が

出ていますが、ココ現地では日本のニュース以上に安いですよー。

シンセンってまさにアップルのiPadを作っているメイン工場

区域ですしね、尚更なのかな。



せっかくシンセンに住んでいることですし、日本向けに

「中国版Ipadの代理購入請け負います」ビジネス

でもやってみようかななんてね。(なははのは)



以上、シンセン生活コネタ【その1】編でした、次回【その2】に続きまーす。


2010.07.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 深セン生活&中国撞球

「中国ネット環境は前途多難!?」+「中国のPC!?(さすが世界の工場!?)」

またもや大変ご無沙汰の更新です。



香港から中国シンセンへの引越しを終え、

生活は既に一段落しているのですが、

いかんせん、こと中国のネット環境に関しては。。。




いやー、中国ネット規制はイタチごっこ!?かな。

でも,,,強力な壁が立ちはだかっています。



現状、このブログ(FC2)は新規投稿するのがめい一杯です。

また、写真や動画もやはりUP不可なのと、せっかく頂いて

いるであろう公開&未公開を含めコメントも内容確認が

できないままでいます。(すみません)




やるなー、中国のネット規制。。。




しかも規制はさらに厳しくなって行く噂も!?




突破口としては一応、、、国際ADSLを契約すれば

何でも閲覧したり編集したり出来るような話を聞いた

のですが、問い合わせをしてみた所、月額2,500中国元。



それって,日本円にして月額約35,000円!



高っ!



いやいや、、、普段(日本で)見れるはずのネット環境を作るのに

毎月約3万5千円を払ってまではチョット。。。(年間約42万円!)




ということでネット環境に関しては前途多難ではありますが、

次回以降、まずは「シンセン生活」ネタをUPしてみたいと思います。



【追伸1】
※前回日記にも書きましたがyahoo japan mailもココでは規制で
使えないのでビリヤード関係のメールは以下へ変更しましたー。

何かありました際はコチラへ。

 <メール>hammer9ball@hotmail.co.jp 
<skype名>hammer9ball


【追伸2】
※もしもどなたか、、、中国でYou tube閲覧やface bookへの
「投稿や編集」、それからfc2 Blogの「管理画面操作」を突破
されている方がいらっしゃいましたら上記宛ご教授くださ~い!(涙)


【追伸3】
※ネット格闘の末!?日本から持ってきていたPC、、、壊れました。
ムムム、、、ホントやるなー、規制!?

そしてそのパソコンを修理したのですが、
この方面はさすが中国です。

修理屋さんに持って行って内容を説明した所、すぐにPC
本体をパカっと開け、サクサク基板交換、半田付け等を行い、
あれよあれよと回復しました。

いやースゴイの早いの、しかもゲキ安いの。(なはは)

ただ、ソフトも全て入れ替えなければならない程の
ぶっ壊れ状況だったのですが、ココは中国。

その修理屋さんには日本語のウインドウズソフトはありませんでした。

結果、自分のPCは、、、外観的には日本のPC(キーボード)
ですが、中身は完全に中国語版のPCに生まれ変わりました。

そして元々日本語版VISTAだったのが中国語版XPへと。(なははのは)

そうそう、ソフトといえばコチラではゴースト・ウインドウズも
多いですよー。詳しくは割愛しますが(なはは)、これはイホウ
だと思われますのでお気をつけをば。

ちなみに、そのゴースト・ウインドウズ(→日本円で1,200円程度、
って、おいおい)だと日本語が打てなかったりするケースも多い
のでお気をつけをば。(日本語入力ソフトをインストールしようと
しても弾かれてしまう。)

更にもう1つコネタですがPC関連部品、例えばバッテリーや
充電アダプター等も代用品(なはは)がたくさんあります。

お店でPCの型式さえ伝えれば日本のPCだろうがなんだろうが、
カ○ゾク版!?部品が。。。しかも、ビックリするほど安いです。

(もう、、、バ○オだろうが、ダ○ナブックだろうがなんだろうが、
もはやブランド名はPC本体のプラスチック部のカバー表記だけ
みたい!?って、おいおい)

まー、世界中の商品は中国で生産されているものが大部分
ですから、大抵のモノや図面はありますわな。(汗)



【ご参考】
※FC2ブログを使用されている方への参考ですが、
海外PROXYを利用することで中国内では「ブログ管理画面」まで
は一応辿りつけますが、今のところ開けるのは新規投稿画面のみ。
(つまり書いた日記内容を見直し、後で修正を加えたいと
思っても、過去記事への管理画面へは入れないのである意味、
新規投稿は公開したら最後、一発勝負です。。。前回日記、
日本語がオカシイところあるのに直せなーい。はひひ。)

※また、プロキシを利用することでface book、Twitter等
見るだけならたどり着けますが、投稿したり編集したり、
また次のページに行ったり、前のページにもどったりも無理です、
つまり当該ページのみ開けるといった感じです、今のところ。
(自分が分かっている範囲ではありますが)

2010.07.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 深セン生活&中国撞球

«  | HOME |  »

プロフィール

hammer

Author:hammer
台湾のビリヤード(撞球、POOL)スタイルにハマッたHammerの日記。(這個是Hammer的部落格上面還記
載了學中文及生活的許多事)...そして2012年4月以降、中国広東省シンセン市南山区にてHammer Billiard Club本店(深圳汉默台球俱乐部)を、2014年8月に深セン最大級のポケットビリヤード場、Hammer Billiard Club旗艦店を、その後帰国し2016年4月8日より広島ビリヤード&カフェバー胡町電停前店をOPEN!

@台湾

2009年(JET) jet2.jpg 2008年(中文台) 爆桿bingo logo

Blog Logo

Blog Logo

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

POOL!

ボール写真

CalendArchive

ブログ内検索

World Pool Championship

2009年(球歴5年生) blog用world pool championship 2008年(球歴4年生) 圧縮版 2007年(球歴3年生) 2007年世界選手権

MY CUE

1代目サウスウエスト

MY CUE CASE

myキューケース

翻訳Leggero

地獄の世界選手権STAGE1

地獄のSTAGE1!

月別アーカイブ

FC2カウンター

Dragon cue case@台湾廟

ビリヤードケースと廟logo

リンク

このブログをリンクに追加する

I’mラックマン!(ははは)

delta13.jpg

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

不撓不屈

龍馬精神

ASIA好き!

@台湾  台北101煙火 台北101新年 @台湾 台南(お店入口!) 台南搾門      ジャンプしょっとお! フィリピン上空     @フィリピン フィリピン @マレーシア @マレーシア @マカオ マカオにて     @香港 「THE100万$夜景」 100万ドルの夜景 名物「せり出し看板」 香港のせり出した看板 「STAR FERRY」 定番色スターフェリーlogo 「HONG KONG NEW YEAR!」 香港TST時計台花火 「アチョー!」詠春拳!? 服    @中国   「深セン」 シンセン駅 「中国高速鉄道CRH」 和#35856;号 「広州」 広州駅 「珠海(九州港)」 The 船! 「湖南省張家界」 天橋

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング