KTV(台湾カラオケ)曲追加でーす。

日記不定期!?定番の!?(なはは)、

台湾KTV曲の追加でーす。

ワタクシ、、、相変わらずカラオケに行く機会が多いです。

「飲みにいこー」=「カラオケ」みたいな図式が。

まっ、ある意味???で健康的!?(なはは)

日台交流戦しまくりです。(笑)

今回のカラオケ練習曲は誰かしら男の子が歌う確率激高の、

定番といえば定番のこの曲です。(以下YOU TUBEリンク)

【曹格/世界唯一的妳】


ということで、台湾KTV曲追加日記でしたー。

2009.10.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽のこと

ビリヤードってドコ見るの???

今回の日記は、ビリヤードで球をシュートをする際の「目」についてです。

そして話をもう少し絞りますと、「シュートする瞬間、ドコ見てます?」です。

(シュートの際は、、、隣で撞いているキレイなオネエサマを
見ていたりなんて。。。そんなのはダメですぞ、ゴホンゴホン、なはは)

冗談はさておき、以下は「あくまで概論(※)」として書いてみます。


※「あくまで概論」、、、といいますのは、「球の種類等で各自工夫」

をしていることがあるからです。(球撞きされている方なら、

その意味、、、分かりますよね!?)


ということで、、、イキナリ結論から行きますが、、、台湾では

「ほぼ大多数が的球」です。(「シュートの瞬間に手球を見る」

というのは今の所、聞いたことが無いです。)


そして以下、概要を書いて行きます。

あっ、その前に前提としまして。(なはは、球撞きってたくさんの要素

があるので、ある程度話を絞らないと話が終わらない!?)


まず、、、これは何度も過去日記に書いていますが、球は「視力」で撞く

のではないという前提的な考えです。

(これも過去に書いたことがありますが、視力0.2とか0.3で

こちらにワールドクラスがいますよー。ちなみに狙ってるときに視力を

意識して球を見るならば、視界の先には的球が2つに見えるそうです。。。)


あと、上記について語弊がないようにですが、「視力」という言葉について、、、

もちろん視力は良いに越したことはないとは思いますが、ちょっと極端な例

かもしれませんが、例えば球に付着しているシミ一個まで見る必要が

あるのかみたいな。つまり、視力に「意識の重き」を置いているのでは

無いということです。(理由は下の方にもヒントがあります)


前置きはこの位にしまして今回の日記の主である「目線」についてですが。


「台湾スタンダード」は以下の方法です。

(1)立って大体の厚みを見る
   (コレは一応、目を使う。でも「大体」といった感じです、
   おわかりの通り、人間はロボットでは無いですしね。)

(2)「素振り」で手球の「撞点を確認」(コレも目。)
  
  (補足)「撞点確認」は距離が近い(手球と顔の位置)ので

  盲目でもない限り視力が0.2位でも確認できますよね。)

(3)その「素振り」で「撞点を外さない」という確認ができたら、
  その後は的球へ視線を移す。
 
  (補足)ちなみに「撞点を外さない」については、腕の振りだけ
  ではなく、「ブレないブリッジ作りが重要」だと思いますよー。

(4)的球を「見たまま」(※注釈)撞く。

(5)撞く際の「視界の意識レベル」は的球のみしか無い状態。


これがスタンダード的な流れです。


そして(4)の「注釈」の「的球を見たまま撞く」についてですが、

これは大げさに言うと目をキョロキョロさせないというレベルの

話しであり、必死で目を開けて見る(凝視する)という意味では

ないです。

目を動かさないことが重要という意味です。

(「目」が動くと体が動き易いのでその防止という意味合いが強い)

つまり「的球を見て」、、、「目線を離さない」のは、体が動いたり、

ヘッドアップをしたりするのを防止するため的な考えです。

(もし「手球」を見ていたら不安で目線が動いてしまう可能性高いと思われます。)

そして、、コレはちょっと極端な例で語弊があるかもしれませんが、

台湾に来てから完全に自分の誤解に気づいて改めたことがあります。

日本にいた頃、、、「目と手で狙う」シュートをしていました。

でも、現在は「真っすぐ振る意識」でのシュートです。

これは台湾の選手に最初に教えて貰ったことの内容ですが。

確かに、、、、目に頼るビリヤードなんてしてたら。。。

それこそ、宝くじではありませんが、あっ、今日はたまたま合ってるんだ的に。

つまり、波が激しいビリヤードに。

顔の向きや体の向きが1ミリたりとも毎日狂わないなんて

無いですもんね。ロボットでもない限り。


しかも、コチラのテーブル、、、1.5個穴幅とかですよ。

「目」がどうのこうのなんて言っていては、永遠に上手くならない!?

(ちょっと言い過ぎですが、強調したい点ですのでこの位の勢いで

書いておこうと思います。)


また、「目」が動くからコジルという考え方も言われています。

つまり、「目の動き」が逆に余計なことをしてにシュートミスを

起こす原因になるという考えです。


話は戻ります。

「視線」に関しての続きですが「では、、、その時の視界って

どうなってます!?」。


コチラも「台湾スタンダード」理論としまして以下へ。


前述の(2)&(3)では「手球」と「的球」と「キュー先」が視線に入っています。

でも、、、ラストの(4)の際は。

確かに「視界には入ってしまうかも」しれませんが、


でも「視界意識の強さ」は的球だけを見ているのみです。

つまり視界意識では「キュー先」は忘れている

(→脳内から外れている)状態です。

(なはは、なんか話がだんだんマニアックに。。。)


「キュー先を視界意識から外す」様にするのは、キュー先が意識

にあると、キュー先で厚みに向かって的球を撞いてしまう可能性

があるからです。

そう、、、これがクセもの。(「壊れる」ときは大体この時!?)

結局、、、ビリヤードって基本、、、「手球と的球の重なり方」で

角度がつく訳(湿気だ、力加減だなんだという条件は除く)です

ので、シュート時のキュー先への意識の強さは撞点確認時以外

は危険という考えです。

ということで、「球撞きする時、ドコ見ます!?」でした~。

今回の日記、、、なんか、、、球撞きしない人には「表現の仕方」がどんどん

マニアックになってきてしまいすびばせ~んです。

私のブログをご覧になられる方って、、、球関係以外の方が結構多いんですな。

なので、ビリヤード日記の際はできるだけ分かりやすく書いているつもりでは

ありますが、球の深い話になってくるとどうしてもマニアックな表現に。

でもこの手(ビリヤードの技術的)の話、リクエストがありましたらどうぞー!

【PS】ビリヤード、、、最終的には「自分にとって一番球が入る」スタイル
を作り上げる(追求する)ことだと思います。なので人によって違うことも
あります。だから、難しいんですな。そんなこともあり上記はコチラでの
一般的考えの参考ということで。

【PS】冒頭の「球の種類で工夫」ですが。
自分の場合はですが、例えば「土手撞きハードショット」はブリッジ
(する方の意識強く)で撞いています。(なんか曖昧な表現ですみません。)
「でも土手撞きソフトショットは振る腕(の意識強く)で撞いています。
その方がシュート率が高いです。

【PS、以下はかなり重要なことかも!?】

「真っすぐ振りたい」ならば、こんな練習がお勧めかもです。
これは私個人の考え方で台湾選手から聞いたとかそういうのではないです。

キューの模様がありますよね。

この模様を利用して、、、テイクバックからフィニッシュまで模様の絵柄が

横回転しないように撞いて、真っすぐがバンバン入りますか!?

逆に言いますと、グルグルと絵柄が回転しているならば、

内に引いたり、外にコジッたり、、、あとはグリップに余計な

遊びがあるかもですよー。

でもですねー、私の場合、これが悲しいことに長年(日本+台湾で計5年以上)

やってるともう手遅れ(治らない)の可能性が。

もしも自分が全くの初心者に戻れるならば、グリップとキューの間に

隙間を作らず、キューの絵柄が回転しない様に振る練習をしてただろうなー。

それが最初に出来上がれば、数年もあればワールドクラス!?

なはは。

初心者の頃は、何も分からずどうしても「入れたい」気持ちが先走り、

途中でコジッたりの習慣が付いたりして。。。

で、あとで、後悔しても、、、もうビリヤード選手としては

天井抜けるようなことはないだろうなーとだんだん気づくことに。。。

台湾はコーチ制度があるので、その辺の所、しっかり教育されている様です。

初心者の頃は「球、入んなくていい」、「真っすぐ振れと」。

その基準さえできれば、あとは一気に伸びていく!?

そうそう、「グリップとキューの隙間はダメ!」というのはワンホンシャンに

一番最初に注意されたことです、もうかれこれ何年前だろー。。。

【PS】もう1つ重要なことをば。
(「そんなの分かってるよ!」的かもしれませんが、初級者の方への
ご参考までに以下)

球って、、、何グラムか知りませんが、「手球に与える力の関係」は

重要だと思います。

例えば、体が「5の力」レベルを与えたならば、手球にも「5」の力が伝え

られる様に訓練すること。これは相当重要だと思いますよー。

もし「引き球(撞点は下なのに)」をしようとして「全然引けない」という

ならば、それはこのバランスが崩れていることが原因だと思いますよー。

つまり、体は「5」の力を与えているつもりなのに、手球には「3」しか

伝わっていないみたいな。

今日は結構書いたなー。自分、、、球に関してはいつも悩んでいるせいか!?
(いやいや、まだまだ全然、、、研究力不足ですが。)

でも、、、「悩み過ぎる」ことも進歩の妨げになるかも!?ですのでお気をつけをば。

あとは、小さい穴で撞くことで真っすぐを感じることでしょうか。
大きい穴だと何が真っすぐがよく分かんない!?
また、例えば穴幅1.5個位でもバリバリ穴振りができることも分かってきますしね!

更に付け加えまして「小さい穴」での練習メリットはストローク養成だけでなく、

一番の重要な要素は「手球コントロール訓練」の為です。

ふー、尽きないので今回はこの位で。(PS文がメチャ長いやん、、、ははは)

自分、、、結構好きっすよー、ビリア~ド~、、、そりゃそっか、ははは。


あっ、もう1つ、ヤン様を見るとわかり易いかもしれませんが、

「激薄カット」は体の後ろで力が抜ける様な意識で撞くと薄く

当て安い易いですよー。なんか、、、表現の仕方がどんどん

マニアックに!?すびばせ~ん、なははのは。

終わんないですな、この手の話は。

2009.10.29 | | Comments(16) | Trackback(0) | 撞球のこと

中国アラカルト(深セン&香港)

今回は、先日行ってきました中国(深セン&香港)の写真アラカルトです。

尚、香港や深センについては過去に何度か日記にしたことがありますので、
ご興味がお有りの方はPCからのみではありますが、カテゴリー欄から
「香港」、「中国南部」を選択されればバラバラと過去日記が出てきますで、
ご参考までに。
(参考過去日記例・・・「深センの球事情」

まずは「香港編」です。

☆2009年12月5~開催される「香港2009東アジアゲームズ」のマスコット。
香港2009東アジアゲームズin空港

☆この「東アジアゲームズin香港」、相当気合いが入っています。
香港市内では、このような垂れ幕が多々見られました。
(ガンバレ!ニッポン!!!)
香港東アジアゲームズ垂れ幕

☆香港の街並みの一角。
 香港といえば超!超!物価が高い世界都市の1つですな。
 特にもしココに住むなら特に家賃がハンパ無いかもです。(汗)
香港の街並み

以下は「深セン編」です。

☆ココは「福建」料理店で、朝ご飯をモグモグ(in深セン)
朝ごはんin南山区

☆ココは「湖南」料理店で、お昼をモグモグ(in深セン)
湖南料理店
湖南料理

☆ココは「深セン」鍋料理店で、晩御飯をモグモグ。(in深セン)
火鍋店 in深セン

・・・って食べてばっかりやん。。。(なはは)

☆最近のお約束的になってきた!?海外に行くと
「その土地での映画鑑賞」をするの巻。
今回は「窈窕紳士」をば。
窈窕紳士(映画)

☆深センは特別経済区ということもあり、現在も超マッハで
  発展が進んでいますが、交通網としての地下鉄も次々と
  新しい駅が誕生しています。早速乗ってみました。
  コチラは開通したばかりの「深大駅」。
深大駅(新地下鉄)

☆深セン地下鉄マップ
深セン地下鉄

☆コチラはスヌーカー専門店。
 フラフラ散歩中(笑)に見つけて入ってみました。
スヌーカー専門店

☆そしてやはり、そこで撞きました。(なはは)
スヌーカ―店にて
(このお店に入る前にボーリングをしていまして、撞くときは
腕がチョットプルプルしていましたが、、、なはは)

☆コチラはスヌーカー&ポケット併設店。
#21992;波樂#26700;球會
<お店>嗨波楽卓球会
<住所>南山区南海大道2067号集美服飾批発三F

☆その上記スヌーカー&ポケット併設店内です。
尚、写真の手前のテーブル(緑ラシャ)ですが、
通常のポケットテーブルよりも少し小さいサイズです。
球屋内

☆夜中の下道ですが、遅い時間でも結構人がいます。
そしてついつい、、、つられて、、、自分もそのままその屋台で
ビール&焼鳥をば。球撞き後の夜中はこれがクセに!?(なはは)
夜中の下道

☆深センに行くととりあえず行くのが、前回もご紹介いたしました「海上世界」。
詳しくは冒頭の過去日記リンクにて。
海上世界in深セン

☆ホテルの近くにあった廟です。
廟1

☆そして、その境内では、、、ほのぼの(いやっ、実は鉄火場!?)と、
麻雀してる人が目立ちます、なはは。(THE 青空マージャン!)
廟

その他、ビリヤードテーブルが置いてあるBARなども前回の
深セン日記に+アルファとして何軒か新規開拓(なはは)して
きたのですが、今回はデジカメの充電器を忘れてしまい、
滞在途中で電池切れでカメラに収めることができませんでした。

ということで、簡単ですが写真アラカルトでした~。

【PS】以下は旅を終え、台北に戻ってきた後の台北101ビル&市政府です。
日本人なのに、なんか、、、「帰ってきたで~」みたいな感じがするのはなんで!?
だいぶ染まってますな。。。
台北101&市政府

【一応ご注意】
私はアホなので!?フラフラ夜中歩いたりしていますが、
これは一般的に大丈夫だろうと言われる場所を選んで
いるからです。絶対安全というのはどこの国でもなかなか
ないと思いますので、皆さま、、、お気をつけくださいませ。
自己管理&自己防衛ですぞ!
ちなみに聞いた話ですが、偽タクシーと言うのがあるそう
ですのでご注意をば。(もしも、ナイフ等を突きつけられたら、
抵抗せずあきらめてお金をだして、別のタクシーが見つかる
様な所で落として貰う様に交渉した方がいいとか!?確かに。。。
お金を全部取られた上に、何もない所で降ろされても更に困りますな。

2009.10.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【シンセン居住前2009年】<深圳シンセン/広州/珠海/東莞>

久しぶりの音楽編

久しぶりの音楽編です。

目覚めが悪い時にはコチラでスッキリ!
☆「Dittohead」 by SLAYER


それでも、、、まだ足りない時はコチラでガツッと!
☆「Walking corpse」by BRUTAL TRUTH

↑この曲、、、ストレートですが速いです!(from 私、、、音楽を聴くときはドラム中心派!?)

2009.10.27 | | Comments(2) | Trackback(0) | 音楽のこと

ちょっとご無沙汰でした。

中国から帰ってきての何日間か。

しばらく、ぼーっとしていました。

瞑想好きなんでございます。(ははは)

いやー、色々と考えたり、考えさせられたり。。。


ワタクシ、、、台湾に住むまでは日本から海外に出ること

すら、数える程(それまでに過去訪れた事のある海外は

台湾とバリ島のみ)しかなかったのに。


でも台湾に住むようになって以降、ドンドン色んな土地を

訪ねるようになり、、、自分の中の世界が随分広がった様に

思います。


日本という島国の枠内で過ごしていた時と比べまるで

世界観が変わった感じがします。


そして外から日本を見ることで改めて「日本の良さ」も認識できます。

自分が日本人だからというわけではなく、日本ってホント

なんでも良く整備された国だなーなんて思います。



今回の中国ですが。

とにかくパワフルです。

そして皆んな「生きる術」!?を良く知っているというか、「ハングリー」です。

今回の中国でたくさんのハングリー精神パワーを貰ってきました。


そして帰ってきた台湾。

現在、元気ない状態が続いていますがココ一番勝負ドコロかもです。

球屋さん、しんどい。

近くの球屋さんが一軒、閉店。

そうそう、ライホェイシャンが勤めていた球屋さんも

景気が悪く。。。彼女は他へ。


ちなみに台湾の球屋さんは365日24時間営業がメインですが、

最近は午後営業開始~夜中2時位に閉店という営業スタイル

(人件費、光熱費削減)へ変更し始めているところもあります。


「ビリヤード」って、、、やっぱり難しすぎるのかな。。。


ワタクシもモチロンですが、特に一般の方からすると、、、

とてつもなく難しいかもです。


そしてハマったらハマったで、上達に「何年」単位の時間のかかるもの。


またコチラで耳にするのが「真剣に何年かやって、その日の球の調子の

バラツキが激しい人はビリヤードには向いていない(センスが無い)」。


コチラのネット上では「現代ビリヤードは3年のプラン」で何かしらの

目が出なければ、センス無しなんて書いてあるものも。

(ウージャーチンやカークン達が出てきた今の時代、、、ある程度

選手の育て方が確立されつつあります。)


そんなこともあり、何年かは皆んな真剣に頑張るものの(選手になることを

夢見る人も)その後、、、「オレ、、、調子の波が激しいタイプだということが

分かったからビリヤードには向いてないな」とサクッと悟り、そこからは完全

にお遊び系にスタイルが変化し、それまで毎日撞いていた人が急に週一

とか1か月に数回とかに変わったり。


ちなみにワタクシの某友人まだ20歳で、球歴5年。

その彼、、、高校時代に好成績を残し、ビリヤードのスポーツ推薦

で大学に入った程のツワモノ。その彼ですら「オレは5年やっても調子

の波が激しいからビリヤードには向いていない」と既に将来選手に

なるつもりはないとの事。


逆を言うと「何年かやって分からない&安定しない」は

「この先、何年やっても分からない&安定しない」とでも!?

(もちろん、それでも長年やっていれば、多少の上積みはあるかとは

思いますが、でもスコーンと天井を抜けるようなレベルには)

まー、残酷といえば残酷な話しですね。


そんなこんなで中国、台湾、日本、ビリヤード、その他諸々、、、

最近は「瞑想タイム」に入っていました。(なはは)


ヨシッ、ということで自分は明日もバリバリ球撞きだーい!

楽しみますよーいと!(なははのは)


日本&台湾加油!!!

2009.10.26 | | Comments(6) | Trackback(0) | 台湾生活&旅日記

中国の旅→台湾に帰ってきました。

中国南部の旅を終え台湾に帰ってきました。

そして早速、今回の旅に関しての簡単な所感です。


中国の特に南部、、、これから将来に渡ってどんどん

発展していくんだろうなーと強く感じさせられました。


中国南部(華南)地区は特に世界都市である香港にも

近いですし、貿易等含め色んな意味で未知数的な

パワー&潜在力を秘めている印象がとても強いです。


以下は自分の中での中国の部分的印象。


あくまで行ったことのある地区(上海、広州、東ガン、珠海、

深セン、香港、マカオ)でかいつまんだレベルではありますが。

☆「上海」
   ・・・「金融、情報を主に発展」
   ・・・熟成している印象で、現在既に淘汰が始まっている!?

☆「華南地区」(中国南部)
   ・・・まだまだこれから。そして将来とんでもなく化けるかも!?
     そんな匂いがプンプンしています。

ということで、「台湾に戻ってきました&簡単な所感日記」でした。

2009.10.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【シンセン居住前2009年】<深圳シンセン/広州/珠海/東莞>

本場の麻雀@中国(深セン)

20091017023806
本日は中国人の方と麻雀をば。

使用牌数(手牌)は日本と同じく13牌で、ツモ分を牌入れて14牌です。

(そういえば台湾は16牌なので違いますねー。)

そして、、、さすがの中国本場です。

メンバーには若い女性もいたのですが、

その方ですらバリバリの盲牌です。

男性なら当然みたいな。

(自分が盲牌するときに間違えがちな「五萬」あたりも中国人メンバー達
は「簡単簡単~!」と言いながらサクッと一発で。なはは)

※盲牌・・・麻雀牌を「触る(指でなぞる)」だけで何の絵柄か分かる事。


そして、、、本場中の本場と言いましょうか、、、激速バージョンです。

みんな打つのが速い速い!

また、「捨て牌」も日本とは違い、場にバラバラに捨てていくので、

目まぐるしいです。(なはは)


ワタクシ、、、日本では打つのがかなり速い方だと

思っていたのですが、さすが本場です。

負けじと自分も最速で打ちました。

ちなみにルールですがこの場では「ツモ上がり」しかありませんでした。
(色んなローカルルールもあるようですが。)

つまり、テンパイしても相手から上がる事ができません。

上がれるのはツモのみです。

超面白ーい!

ヤバイです、中国本場のスピード&ツモのみ麻雀。

ワタクシ、、、本日は麻雀部屋にこもって。。。(なはは)

という事で!?、本場の麻雀にハマる!?日記!?でした~。

2009.10.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【シンセン居住前2009年】<深圳シンセン/広州/珠海/東莞>

深セン→香港は超近いです。

20091014134403
現在滞在中の中国。

今回の中国滞在での自分の中のテーマは「生活感を味わう」です。

そんなこともあり、超ローカル的な場所をフラフラしたり(なはは)、超ローカルなお店で食したり。

また、使用交通機関に関しても、やはりタクシーがメインにはなりがちですが、それでも可能な範囲でバスや地下鉄にも乗って移動したり。(そうそう、深センの地下鉄、路線がどんどん伸びています、将来的には空港まで繋がるようで、超便利になりますね。)

なお、今回拠点にしている深センから香港まではとても近く深セン湾のイミグレを通ると、、、「ハイッ、ココから一歩踏み出すと香港でーす」みたいな感じです。

今回の中国滞在、一週間ちょっとではありますが、色々と見聞を深めてきたいと思います。

あっ、ビリヤードに関しては、なんやかんやで夜はほぼ毎日、例の!?BAR内に併設されているビリヤードで現地の方達と8ボールを楽しんでいます。知らない人との対戦、毎回ワクワクしますし。なにより新しい友人が増える楽しみもあります。

ということで、「深セン→香港は鬼近っ!」でした。

明日も日中は香港にフラフラ(なはは)してきます。

2009.10.14 | | Comments(4) | Trackback(0) | 【シンセン居住前2009年】<深圳シンセン/広州/珠海/東莞>

外国へ行ってきまーす。

台湾男子プロツアー(ビリヤード)が終わってそのまま、、、

中国へ1週間程、旅立ってきます。(またかい、なはは)


今回は特にビリヤードのデカイ試合があるからとか、

そういうのとは関係なくプライベートです。


とか言いながら、中国到着当日の夜にハウストーナメントが開催

される情報があり、空港から直行すればギリギリ間に合うっぽい様

なので「芝キュー(※)」ででも参加してこようかな~なんて!?(なはは)


って、、、どんだけ好きやねん!(はひひのひ)


ということで再び、もとい、、、今年は三度目(ハマってるなー・・・)

になる中国へ行ってきます。


<補足>「芝キュー」・・・ハウスキュー、貸しキューの事。中国語in台湾は「公竿」(ゴンガン)。

2009.10.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【シンセン居住前2009年】<深圳シンセン/広州/珠海/東莞>

第230回台湾男子プロツアーは(シャオゴウ、、、今年4回目の・・・)

第230回台湾男子プロツアー(ビリヤード)がin桃園が

10月9日、10日に開催され、参戦してきました。


会場までの移動ですが、今回は王泓翔、呂輝展の他に

私が所属しているビリヤード場である「東尼士撞球館」

(前述の2人が経営)の「常連さん達」も応援ということで、

「東尼士軍団」一行で行ってきました。

その際の車移動中の事なんですが、、、みんなドクジタ&

口達者でしてですね、車の中はずっと大爆笑状態でした。

ワタクシ、、、こういう「遠足チック」なの大好きです。(なはは)

話は戻りまして、改めて試合要項をば以下へ。

☆第230站體委會盃職業排名賽(第230回台湾男子プロツアー)
☆日程:09年10月9日(金)、10月10日(土)
☆種目:9ボール(初日予選9セット先取、決勝日ベスト16からは11セット先取)
☆会場:KEJ撞球館
☆住所:桃園縣龜山鄉文化二路89號5樓

<会場入口>
KEJ(230回プロツアー会場2009年10月9&10日

<試合の様子1>(あっ、ヤン様がいる、なはは)
会場の様子

<試合の様子2>
会場の様子2(230回台湾男子プロツアー2009年10月分)

まず大きなトピックスとしては、週明け(10月12日)に開催される

台湾男子プロTVマッチ参戦の絡みもあり、ビリヤード界の

ゴッドの1人である趙豊邦(ジャオフォンパン/世界制覇x2度!)

が超久々に台湾プロツアーへ参戦。

しかし、、、時代(世代!?)の流れ!?か、

青英会の若手選手に苦杯を。

<御大、趙豊邦(ジャオフォンパン)>
ジャオフォンパン230回プロツアー

そして以下はベスト8からの結果です。

【BEST8】
☆江振宇(11)-(9)張裴瑋
☆黄坤城(11)-(5)王泓翔
☆余豊熙(11)-(7)蘇継光
☆呂輝展(11)-(5)張榮麟

【BEST4】
☆呂輝展(11)-余豊熙(8)
☆江振宇(11)-黄坤城(6)

【決勝戦】
江振宇(11)-(9)呂輝展


決勝戦の「江振宇vs呂輝展」戦は超シビれる試合でした。

10対5で江振宇のリーチをかけてからの呂輝展(リューフェイザン)、

空クッションからのスーパーファインプレーで息を吹き返し、

その後も途中セーフティ戦になってはスーパーファインプレーを

何度も見せ、10対9まで追いついたのですが、取っていれば

フルセットとなっていた9番をミス。(でもこの9番も難しかった&

結果、ポケット穴幅1.7に弾かれてしまいました。そしてその残り

球も渋かったのですが、これを江振宇が縦バンクで沈め優勝!)

そんな、呂輝展の後半の追い上げには拍手喝さいで観衆を

アツくさせる試合でした。勝敗を決めたラストの9番縦バンクを

仕留めた江振宇(ジャン・ジェンユー)は初優勝ということもあってか、

9番ボールが入った瞬間、雄たけびを。

こういうの、観戦しててブルっちゃいますね!


ということで、2009年10月度台湾男子プロツアーは

祝!台湾プロツアー初優勝を飾った江振宇(ジャン・ジェンユー)でした。

<優勝の江振宇(ジャン・ジェンユー)>
江振宇

<BEST4の顔ぶれ>
上位4名


そして「シャオゴウ(小狗)」こと、呂輝展(東尼士撞球館)、、、

ナント今年の台湾プロツアー、、、4回目の準優勝。

実に今年のプロツアー9回開催中の4回が「亜軍(2位)」。

お参りした方がいいかも!?

<またもや、、、準優勝の呂輝展(リューフェイザン)>
呂輝展230回プロツアー

そして今回の「I ♡ 王泓翔」(なはは)は5位タイでした。

<王泓翔>
I love 王泓翔

・・・

・・・

・・・

そして最後はワタクシ。

1回戦の相手はアジアゲームズ金メダリスト&世界選手権準優勝

の実績を持つ、日本でも有名なご存知、、、張裴瑋(ザンペイウエイ)。

ハイっ、殺されました。この試合では何球撞けたでしょうか。

なんか、、、「自分、、、なんも悪いことしてないのに~」、、、

みたいな(笑)試合でした。(ひたすらラックマンBy ほっそ~)

<張裴瑋(ザンペイウエイ)/今回は5位>
ザンペイウエイ

そして2回戦は青英会の選手。

この試合はラッキーで勝って、次の3回戦。

今度は、、、といいますか誰と当たっても厳しいのが、この台湾プロツアー

ではありますが、こちらもまた台湾ビリヤード界のゴッド中ゴッドの1人で

ある張明雄(ザンミンション)。

<張明雄(ザンミンション)/今回は予選最終で敗退>
張明雄

試合中は王&呂&常連さんに「頑張れ頑張れ!」と応援されながら

の状況だったのですが、自分なりのパフォーマンスは出せず。

チャンスを貰いながらも生かせず、、、そして終了~。(はひー)

ということで、今回は第230回台湾男子プロツアー参戦日記でした。

<コネタ1>
「御大」という言葉が出てきたので、もう1人台湾の重鎮、
張皓評(ザンハオピン)(世界選手権3位&全日本選手権
優勝実績)は最近台湾プロツアーの参戦がありませんが、
彼は現在、上海在住で潘曉婷(パンシャオティン)の
お店でコーチをされています。

<コネタ2>
台湾男子TVマッチ視聴率低下の件で、もっと盛り上げる
ために、「普段の台湾選手のパフォーマンスが冷静すぎでは?、
例えばエフレンやストリックランドのようなパフォーマンスなんか
もあったほうが観る側もアツクなれる方でのは?」という意見をば
コチラ、台湾版on the hill主催のEdifyさんに伺ってみました。
Edifyさんとしては「民族性のもの」&「Hammer、考えてみて。
例えば勝ったら何千万円貰えるのと100万円貰えるのとで
喜び具合ってどう?」ということでした。確かに。タイガーウッヅ
が優勝して吠えるのと比較するのは・・・かもしれませんね。

尚、最新情報ですが、週明け10月12日に行われる台湾男子
プロTVマッチC組(趙豊邦&潘聖平&張榮麟)の放映時間
ですが、今回に限っては急遽お昼1時in台湾から(元々は
夕方4時前後~)に変更となったそうです。なんでも夕方から
はプロ野球の放送が入るそうです。

<コネタ3>
今年のジャパンオープンを優勝した譚湘玲(タンシャンリン)が
改名した件ですが、こちら台湾では名前を変えることが
あります。例えば新規一転するときとか、不幸があった時とか。
彼女に何かあったのかな。聞くのはヤボなので!?
その新しい名前は譚禾耘(中国語発音はタンフーユン、
英語名はTan, Ho-Yun)だそうです。

<コネタ4>プロツアーでは10代の若手選手がまた
コツコツ出始めています。高校生とか大学生で勢いの
ある若者達。とりあえずブレイクがキツイですが、
まだまだコワイモン無しといいますか、厚みさえあれば
何でも入れにいくみたいな。この辺りはこれからの
経験なのでしょうが、なんか、、、いいなー、その汚れ無き(笑)
戦士達。ワタクシも、、、そんな、、、青春時代に戻りた~い。(なはは)


<訃報>先日の日韓台交流戦でもお元気でいらしたJPBA事務局長の
     原田さん。信じられないのですが。。。本当でしょうか。
     台湾に来られた際、、またお電話などでもいつも気さくに
     お話をさせていただいていたのですが。
     未だに信じられません。お悔やみ申し上げます。
     本当に本当ですか?この日記を書いている時点で、
     媒体ではそのような情報が見つからないので何度も
     書いてしまいますが本当に信じられません。。。

2009.10.10 | | Comments(2) | Trackback(0) | 試合&世界戦&プロツア-&TVマッチ&スケジュール関連

«  | HOME |  »

プロフィール

hammer

Author:hammer
台湾のビリヤード(撞球、POOL)スタイルにハマッたHammerの日記。(這個是Hammer的部落格上面還記
載了學中文及生活的許多事)...そして2012年4月以降、中国広東省シンセン市南山区にてHammer Billiard Club本店(深圳汉默台球俱乐部)を、2014年8月に深セン最大級のポケットビリヤード場、Hammer Billiard Club旗艦店を、その後帰国し2016年4月8日より広島ビリヤード&カフェバー胡町電停前店をOPEN!

@台湾

2009年(JET) jet2.jpg 2008年(中文台) 爆桿bingo logo

Blog Logo

Blog Logo

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

POOL!

ボール写真

CalendArchive

ブログ内検索

World Pool Championship

2009年(球歴5年生) blog用world pool championship 2008年(球歴4年生) 圧縮版 2007年(球歴3年生) 2007年世界選手権

MY CUE

1代目サウスウエスト

MY CUE CASE

myキューケース

翻訳Leggero

地獄の世界選手権STAGE1

地獄のSTAGE1!

月別アーカイブ

FC2カウンター

Dragon cue case@台湾廟

ビリヤードケースと廟logo

リンク

このブログをリンクに追加する

I’mラックマン!(ははは)

delta13.jpg

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

不撓不屈

龍馬精神

ASIA好き!

@台湾  台北101煙火 台北101新年 @台湾 台南(お店入口!) 台南搾門      ジャンプしょっとお! フィリピン上空     @フィリピン フィリピン @マレーシア @マレーシア @マカオ マカオにて     @香港 「THE100万$夜景」 100万ドルの夜景 名物「せり出し看板」 香港のせり出した看板 「STAR FERRY」 定番色スターフェリーlogo 「HONG KONG NEW YEAR!」 香港TST時計台花火 「アチョー!」詠春拳!? 服    @中国   「深セン」 シンセン駅 「中国高速鉄道CRH」 和#35856;号 「広州」 広州駅 「珠海(九州港)」 The 船! 「湖南省張家界」 天橋

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング