どっひゃー!

先週の金曜日は台湾男子プロツアーに参戦していた為、
学校に許可を頂いてお休みしていました。
そして、今回は祝日とも重なって自分は5連休(9/21~9/25)。

6日ぶりに学校へ行くと、クラスメイトの人は多くの宿題を提出。
先生から、「頑張ってあなたは明日提出してね!」と指示。

うっはー、宿題の内容を今聞いて明日提出なの!
こりゃやばい!夕方から用事あるし。

授業後、速攻で図書館にこもり、いそいそと宿題を片付ける。
なんとか終わり、帰宅。(汗汗)

夕方からはホームの球屋さんではなく、別の球屋さんに行く
約束をしていました。

いそいそと準備をし、日本から遊びに来らているUプロ、
友人アマとともに球聖撞球館(→確か今年の女子世界選手権
の予選会場)へ。

複数の台湾トッププロ達と各々セットマッチ。
結果はさておき皆さんアツイひと時を過ごされました。

この球屋さんには、先日より日本からビリヤード修行に
来ているアマ君の練習場ということで早速見つけて挨拶。
「修行期間は1ヶ月で現在ホテル暮らし」とのこと。

こういう意気込みはとても共感します。
自分もそういうのを繰り返すうちに結局台北に移り住みましたので。

球撞き終了後は、台湾プロ達+日本人メンバーで焼肉屋さんへ。
ここでもまたアツイ??言語交換(変な中国語や変な日本語)
を楽しみ、帰宅。

「よしっ、今日も一日厳しい球をいっぱい見て気合が入ったぞ!」

実は私、、、今週マレーシアに行くんです、それも試合で。
今の自分のレベルでは勝てる可能性はほとんどありませんが、
経験を積みたいなと思って。
自分なりに、できるだけ恥ずかしくない球撞きができたら
いいんだけどなー。

2007.09.27 | | Comments(4) | Trackback(0) | 撞球のこと

衝撃の出会い・・・

前回の続きです。

台南での最終日、出会いました。

むふふっ、サウスウエストです。

台湾ではかの有名な黄國展老師にサウスを何本か紹介いただきました。
そして試し撞きの2本目にピーンときました、コイツだと。
(以前記事にしましたトビ、カーブとかももちろんチェック)

間違いない!自分にはこれだっ!

早速価格を伺うと一般的には12~13万元するものらしい。
(1元=4円計算だと日本円で約50万円くらい)

うひゃー、高っ!
でも、かっこいいし、トビ少ないし、パワーすごいし。
ふぅ、いいヤツはそれぐらいするんだなー、やっぱり。

うーん、いいけど価格がキツイっす。。。

老師とはかれこれ約2年前からのお付き合い。

またキューケースも老師から購入しています。
(日本にはまずない、白革で龍の絵が彫ってある、とても
綺麗なキューケースです。いつか写真UPさせていただきます。)

そういった今までの関係もあり、今回はこのサウスを超特別に安く
(価格は内緒)譲っていただけることとなり、、、、

ハイ、買っちゃいました~、サウス!
いえ~い!さうすうえすと君

これでワシもサウス使いじゃー、やっほーい!
もう、テンション上がりまくり。

いそいそと台北に戻りホームで転がしまくりました。
そして球は入る入る、パワーもスゲエー!
オレって実はいけてるヤツのかっ!!(→勘違い)

ということで、サウスを台湾在住1ヶ月目にして
手に入れることになりました。

でも、これでしばらくは節制生活だなー、こりゃ。(冷汗)

2007.09.25 | | Comments(2) | Trackback(0) | 撞球のこと

台湾男子プロツアー9/21,22[その2]

その2です。

1日目の16名決定後、夜は台湾プロx6名+その友人+私で
海鮮居酒屋みたいなところに行きました。

ここは台南、そして南の海で取れた刺身、激ウマでした。
そしてみんなビールを飲む飲む!!
オイっ、明日の試合のベスト16に残ってるメンバー
ここに4人もいるやん、大丈夫なんかー(笑)

でもみんなガンガン飲む飲む。

自分はビール約20杯でギブアップ。
23時頃、王泓翔にホテルまで先に送ってもらい爆睡。

で次の日、試合会場にいき王に聞くと、あのあと更に
カラオケに行って歌って飲んでしていたらしい。すげぇな。

そうそう、今回は日本からも男子プロがエントリーされました。
UプロとOプロです。女子はKプロも。
残念ながら決勝日には残れませんでしたが、いろいろと
収穫はおありだったようです。

で、決勝が終わった夜は結局台北の自宅には帰らず、
台南に居残りました。
そこで衝撃の・・・に出会いました。

話は続く(もったいぶってすみません)・・・


2007.09.24 | | Comments(1) | Trackback(0) | 試合&世界戦&プロツア-&TVマッチ&スケジュール関連

台湾男子プロツアー(9/21,22)[その1]

台湾プロツアーに初参戦してきました。
場所は台南にある中山撞球館。

ここは日本に住んでいたころから、1週間とか時間が取れる時に
修行に来ていたので、いわば台湾のホーム。

で、結果は1回戦6-9、2回戦も同じく6-9で負け負け。。。

どちらの試合もいい感じでリードしていたものの、結局はマスワリ
連発等で一気に捲られました。遊ばれてたのか(笑)

台湾プロは、アマチュアに負けてしまうと罰金
なので、もちろんそんなことはないですが。

いつか一回戦突破してやるぅ!

さておき、プロツアーの最終結果は、「優勝(冠軍)」が呉珈慶、
「準優勝(亜軍)」が張榮麟でした。

ファイナルの状況は張榮麟が一方的にリードしていたにも
かかわらず、呉珈慶が一気に捲くっての優勝、見ごたえありました。

そして私の大ファンでもあり大親友でもある王泓翔は2日目
のシングル戦ベスト16の1回戦で楊清順に負けてジエンド。
(予選の2回戦では楊清順に勝ったのに、再抽選後のベスト
16でまた当たって、今度はリベンジされた形。)

今回参加してまず思ったのが、やっぱり若いプロたちの堂々さですね。
ファイナルまで見て帰ったのですが、あれだけ落ち着いている10代(呉
珈慶は18歳)、20台(張榮麟は20か21歳)はなかなかいないっす。

で、やっぱりとにかく入れる、入れる!
そしてもちろんブレイクもエグイ、エグイ!

この日は世界で一番レベルの高い試合なんじゃないって思いました。
また、世界のトップたちはこんなにも厳しいのかと。

今の自分の腕(先月の2007/8/18に日本を立つ時点で激ショボA)
とのあまりのギャップに「モチベーションUP」が半分、「こりゃ
自分には無理だわ」が半分(いや、90%以上かなwww)

まっ、私は球が好きなだけす、ハイ!

ということで、プロツアーネタは「その2」に続く予定です。

あー、それにしても毎回ホント締まりのないブログだなー、
大丈夫か、オレっ!

2007.09.24 | | Comments(2) | Trackback(0) | 試合&世界戦&プロツア-&TVマッチ&スケジュール関連

台風

昨日の夕方から台風でした。

台湾では台風が接近してくると次の日は学校、
会社、お店(一部を除き)が休みになります。

自分、恥ずかしながら、それ全然知らなくてwww

私は某大学に通っているのですが、前夜の
時点では普通に学校に行こうとしていました。

夜、球撞きが終わって家に帰ってPCを見るとクラスメイト
の方がメールをくれていてそれで初めて気がつきました。
(Tさん、Thanx)

「明日は休みなんだー、宿題も済ませていることだし、
じゃっ、今日は朝まで球撞きしよっ」みたいな(爆)
でっ、また球屋さんにリターン。

舞い戻ると、みんなバリバリ球撞き中。
どうりでみんな帰らないわけだ。

自分は朝5時まででギブアップして家に帰りました。

で、次の日午後2時ごろ顔を出すと、昨夜2・3・5
(アーサンウー)をやっていた人達が、そのまま同じ
メンバーでまだやってました。多分17時間くらいぶっ続け。
(激笑)すごいなこの人たちは。。。

ということで、「台湾では台風の日は学校・会社はお休みです」
というお話でした。

2007.09.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 台湾生活&旅日記

シューティングについて

台湾のプレイヤーは本当に「シューテイング」/「入れ」が強いです。

なぜか???

今日はマクロ的な話しかしませんが、やはりストロークで
球を入れています。

これってどういうことか、、、ですが、「目」に対して「構え」
を合わせるのではなく、とにかくまっすぐキューを出すことだけ
を意識しているようです。

個人的な意見ですが、自分も含めて特に初中級者の方は「目に対して
構えを合わせている」プレイヤーが多いような気がします。

台湾ではまったく逆の考えのようです。

目は構えに入る前の厚みを見る動作だけであって極端な話、
あとは適当にしか見てないといっも過言では無いくらいです。

自分は今まで血眼になって的球を一生懸命に見て、かつ、それに手
を合わせるといった、まさに「手の感覚」でシューティングして
いましたが、どうやらそれが、自分にとってはアベレージが上がら
ない要因だったようです。

その日の感覚次第でバラつきが多きく、いわゆる「壊れた状態」
の日もしょっちゅう(笑)

捻る時なんかは特に顕著です。
目で厚みを合わる(目に構えを合わせる)と、最後は微妙に
コジります。

台湾の上級者達にそういう撞きかたをする人はまずいないと思います。

そこで、まずはこの「目に構えを合わせる」や「手の感覚で入れる」
を捨てることからはじめようと、ただいま大幅改造中です。

一時的に大きく「入れ」は落ちますが、少しの辛抱です。
1週間もすれば体が慣れてきそうなので「入れのアベレージが」
大きくあがることを期待しています。(すでに予兆あり)

あと、キューをまっすぐ出す練習方法ですが、ネタはいろいろと
あるのですがそれは小出しに(笑)。

2007.09.18 | | Comments(2) | Trackback(0) | 撞球のこと

キュー選び

今回はキューを買うときに選ぶ基準についてです。

台湾の自分の周りのプロや友人たちはみな
一様に同じことをています。

まず、デザインとかは2の次(笑)で、とにかく
「シャフト命!」みたいな選び方をしています。

業者の人に何本もシャフトを用意してもらい、
とにかくスロウ、カーブ、トビの出やすい球を撞きまくるんです。

そして、もっとも少ないシャフトを探しています。

なので、ド当たりシャフトは中古であっても高価です。
(補足/もちろんバットとの相性やバランスも重要ですよー)

できるだけ「カーブ」を最小限に抑え、「入れ」に関する
余計な心配も最小限にしているようです。

自分なんかはまだ球歴も浅く、知識も少ないので
このキュー選び基準に関しては、とても新鮮でした。

早速「当たり」の出物があった際は声をかけて頂ける
よう業者の方にお願いしちゃいました。(爆)
半年くらいは普通に待つことになるようですが、気長に待つ
ことにして見ます。

そうそう、台湾といえばキューメーカはやはりサウスウエストです。
楊清順が使用している影響が大きいのだと思いますが、
とにかくサウスウエストの人気は半端ないです。
(ちなみに色も黒いほど高いらしい!?です。)

ということで、台湾でのキュー選びについてのお話でした。

2007.09.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 撞球のこと

台湾人のキュー出し

今回は台湾のストロークについての触りを日記にします。

あくまで個人的な考えですが、台湾人のストロークは
いまや世界でも最先端ではないかと思っています。
(シューティングも手玉コントロールもブレイクも)

ビリヤード店内を見渡してみもその大勢の人は
キューを出しまくりです。

決して上手い人だけということではなく遊びでやっている人
もバンバンキューを出しています。
これは台湾ビリヤードの大きな特徴だと思います。

なぜそういう風習?があるのかを考えました。
たとえば台湾では毎日の様にテレビでプロの試合とか流れて
いるので、そういうのを見てというのもあるだろうし、あと
特に感じるのはポケットの小ささです。

ポケットが小さい場合、キューを「置きに行く」とやはり
ガコガコしやすいと思います。

自分は最初は「穴が小さい」からバンバンキューを
出すのが怖くてこじんまりしたストロークをしていたの
ですが、これがまさに悪循環。。。

小さいポッケだからこそキューは出したほうが良いと考えます。

ではどうやって長くキューを出すのか、とか、その為のグリップ
とか、フォームとか、どうやって穴にやさしい球を撞けるよう
するのかとか、話は細分化されていくので今日はこの触りの部分
まで。

あっ、そうそう、「キューを置きに行くとガコガコしやすいと
思っている理由(厚みを間違えた場合は含まず)は、手球の回転
が不安定だからだと思います。

キューを長く出すことで手球にいっぱい回転を加えられれば
的球は勝手にポケットに吸い込まれていくものと考えています。
 

2007.09.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 撞球のこと

ボポモフォ、ピンイン!?

今回は中国語についてです。
自分が勉強するのは北京語(いわゆる標準語)です。

タイトルの「ボポモフォ」というのは台湾の平仮名
(あいうえおかきくけこ・・・)のようなものです。
またアクセントもついています。
生粋の日本人である自分にとっては、まさに暗号状態。。。

ただ、初心者の私にとっては文字(漢字)を読む際の
ふりがなの役目をするため、学んでいくにはとても重要です。

ただ、いかんせん暗号のような文字なのでなかなか覚えられません。
その助け舟代わりになるのがピンインです。

ピンインというのはアルファベット調で読み方が書いてあり、
アクセントも付いていますので、とてもわかりやすいです。

ただ、ネイティブの発音はやはりボポモフォの方が
より正確のようです。

情けないですが今はこの段階で悪戦苦闘中。

でも、、、絶対覚えてやるぅ!

2007.09.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 中国語のこと

早速ハウストーナメントで

8/21~26までの6日間は台南に遊びに行ってきました。

「行き」は、初の台湾新幹線に乗っちゃいました。
所要時間は、板橋~台南で約90分でした。
料金は、片道指定で約5500円位。
そのまま日本の新幹線を移植しただけあってそのままですね。

着いた後はいつも懇意にしていただいている北山プロ(JPBA)に
会いに行き、そして老師(黄國展・・・台湾大御所国際コーチ)
や他の友人にもご挨拶。

で、タイトルの話ですが、今回は台南にいた6日間の内、4回
9Ballのトーナメントにエントリーしました。
試合出まくり。(笑)

結果からいうとなぜか5回ともすべてベスト8(笑)

行ったお店は「法肯(falcon)」、「TOUCHx2回」、「富豪士」でした。

特にTOUCHという1台の穴幅がナント約1.3個。。。
もう見た目からして「これ球入るん?」って感じです。

台湾では大体穴幅1.4~1.7個がスタンダードかな~と思って見てきました
が、ここの1.2個はマジきついです。

でもこのとき、、、バッコバッコ入れまくっている人を見て、「球を入
れる」ということは「理論以上にストロークで入れるもの」なのかなと
思いました。(これはいずれ後述検討中)

ということで今日は尻切れトンボ日記でした。

2007.09.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 試合&世界戦&プロツア-&TVマッチ&スケジュール関連

«  | HOME |  »

プロフィール

hammer

Author:hammer
台湾のビリヤード(撞球、POOL)スタイルにハマッたHammerの日記。(這個是Hammer的部落格上面還記
載了學中文及生活的許多事)...そして2012年4月以降、中国広東省シンセン市南山区にてHammer Billiard Club本店(深圳汉默台球俱乐部)を、2014年8月に深セン最大級のポケットビリヤード場、Hammer Billiard Club旗艦店を、その後帰国し2016年4月8日より広島ビリヤード&カフェバー胡町電停前店をOPEN!

@台湾

2009年(JET) jet2.jpg 2008年(中文台) 爆桿bingo logo

Blog Logo

Blog Logo

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

POOL!

ボール写真

CalendArchive

ブログ内検索

World Pool Championship

2009年(球歴5年生) blog用world pool championship 2008年(球歴4年生) 圧縮版 2007年(球歴3年生) 2007年世界選手権

MY CUE

1代目サウスウエスト

MY CUE CASE

myキューケース

翻訳Leggero

地獄の世界選手権STAGE1

地獄のSTAGE1!

月別アーカイブ

FC2カウンター

Dragon cue case@台湾廟

ビリヤードケースと廟logo

リンク

このブログをリンクに追加する

I’mラックマン!(ははは)

delta13.jpg

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

不撓不屈

龍馬精神

ASIA好き!

@台湾  台北101煙火 台北101新年 @台湾 台南(お店入口!) 台南搾門      ジャンプしょっとお! フィリピン上空     @フィリピン フィリピン @マレーシア @マレーシア @マカオ マカオにて     @香港 「THE100万$夜景」 100万ドルの夜景 名物「せり出し看板」 香港のせり出した看板 「STAR FERRY」 定番色スターフェリーlogo 「HONG KONG NEW YEAR!」 香港TST時計台花火 「アチョー!」詠春拳!? 服    @中国   「深セン」 シンセン駅 「中国高速鉄道CRH」 和#35856;号 「広州」 広州駅 「珠海(九州港)」 The 船! 「湖南省張家界」 天橋

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング