スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

広い視野で

チャイナオープン(ビリヤード9ボール国際ビッグトーナメント)が終わって早1ヶ月。

あの、、、その、、、チャイナオープン参戦から台湾に戻ってきて以降。。。

心が折れたまま、球撞きから逃げていました。(ショボイ奴ですびばせん。)

この1カ月、、、台湾生活やビリヤードのこと、、、たくさんの事を考えていました。


思い起こせば、球歴が浅い状態のまま、ただビリヤードが好きというだけで、

全く中国語もできないままビリヤード世界強国である台湾に1人移り住み。

そのまま、台湾プロツアーに全戦参戦。

そして台湾に来てしばらくして自分の成長の記録の1つして外部ブログである

この「Hammerの台湾撞球生活」を開始。


自分で自分を褒める様でヘンですが、このキッツイビリヤード強国に1人で

乗り込んで揉まれまくって、ボコボコにされて。


ビリヤードだけでなく生活面でもすべてが訳分からず状態のゼロスタート。


生活面では、現在通う台湾の某大学の入学も、台湾に到着後、王泓翔にお願いして
入学手続きをやって貰いました。
(当時、中国語には4声があることすら知らないまま来たので。ある意味無防備過ぎ!?)

そして、ビリヤードをひたすらガツガツ。


でも、その結果を出す1つのアイテムでもある国際トーナメント(チャイナオープン)、、、

やはり実力が不足していてやはり勝てない。


ワタクシ、、、相当タフであるつもりではありますが、さすがに今回は心がボキッと行きました。

「今まで何をしとったん??」、プラス、「どんだけセンスないねん」と。

ここ最近の台湾、ビリヤードは3年の期間があればワールドクラスまで行けるとも言われ
始めています。(開始年齢+努力+センス込みこみで)

・・・

・・・

・・・

もちろん、自分の人生は自分が決めるべきだと思います。


「人生」なんて言葉を使うのもなんか、、、大げさかもしれませんが、個人的な考えとしては

ビリヤードだけですべてが左右されるというような人生の選択はありません。


過去にさかのぼっても、音楽大好き、釣り大好き、学問も好き。

(その他余談として、マニアックかもしれませんが、半導体や電子部品関係の最先端テクノ
ロジーに関する知識収集もライフワークの1つだったりします、ちなみに半導体であれば
前工程~後工程の1通りの学習をば!?なんて、、、ははは。<追伸>尚、得意分野は
前工程ならエピ、エッチング、成膜(CVD)、後工程ならトータル実装までど~んとこい!?、
なははのは、なんて。関係のない業界の方からするとマニアックな小話ですびばせん。)


あとは、海外に出て行って見聞を広げるのが超大好き。


ここ2年はチャンスがあって台湾、中国、マレーシア、インドネシア、フィリピン、香港、マカオ

とアジアばかりではありますが、文化や習慣や考え方など、僅かながらではありますが、

垣間見ることができたような気がします。


それらを総括しましてズバリ、、、今後のテーマは「もっとマクロ的視野で」。(ははは)


もっともっと広い視野でこの、、、長いようで短い人生を更に楽しんで行きたいと思う次第です。


「楽しまなきゃソンソン」ということですな。


ヨシッ、ということで、、、明日からとりあえずはセンターショット&ブレイク100連練習じゃー!

再始動!!!!!!ふっか~つぅ!(ははは、タンジュンですびばせ~ん)

スポンサーサイト

2009.07.07 | | Comments(2) | Trackback(0) | 【滞在記2008年】<中国上海>(主にチャイナオープン関連)

上海の球屋さん

先日まで滞在してきました「上海」は今、ビリヤードブームがスゴイそうです。

現地の方にお聞きした話によると、1週間に1件のお店がオープンしている勢いだそう。

(空前の大ブーム!?)

そんなこんなで台湾のTVニュースで取り挙げられていたことをば。

そのTVニュースの主題(中国でのビリヤード事業、台湾選手の中国行きの傾向について)とは

異なりますが、台湾ビリヤード業界の御大、いや、世界のビリヤード界の御大の1人である

趙豊邦サマがインタビューをお受けになられておられます。

以下、you tubeご参考。


趙豐邦

6月11日の台湾のTVニュース(中文新聞ch)によると台湾のビリヤード場、最盛期には

協会加盟店が約3,000店舗以上あったのが、約500店舗にまで落ち込んでいるそうです。

(現在、台湾のビリヤード場自体は非加盟店合わせて全体で約2,000店舗あるそうですが、

それでも約1,000店舗はなくなってしまった訳ですね。。。)

台湾撞球界、、、加油~!!

<追記>中国初の国際ビッグトーナメント、チャイナオープ(ビリヤード9ボール)の

結果は、男子の部が2003年の9ボール世界チャンピオンであるドイツ(徳国)のトーステンホーマン

(Thorsten Hohmann)、女子はマカオインドアゲームズ8ボール金メダリストの台湾の

蔡佩真が制したそうです。おめでとうございますっ!

2009.06.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞在記2008年】<中国上海>(主にチャイナオープン関連)

中国(上海)から台湾へ戻りました。(上海遠征番外編!?)

チャイナオープン(ビリヤード9ボール国際トーナメント)、決勝ラウンド真っ盛りですが、

一足お先に台湾へ戻ってきました。

今回の日記は「ビリヤード」の事だけでなく、「中華人民共和国(以下、中国とします)に

ついての、ほんの少しばかりの概要のオベンキョータイム!?」、「試合終了後の現地

での行動」等を含めた「上海遠征番外編」的内容です。

※まずは少しばかりのおベンキョータイムです。(なはは)

(1)超マクロ的に「中華人民共和国とは?」→コチラ「Wikipedia」

(2)お次は「上海」についてです。→「Wikipedia」

(3)そして「上海」の位置をばザックリと以下マップにて。


(4)「首都」は「北京」ですね、そしてこの「チャイナオープンの行われている
  「上海」が中国最大の都市だそうです。

(5)中国全体の人口は約13億人、「上海」には約2,300万人が住んでいるそうです。
  台湾の人口も約2,300万人ですから、「上海の人口」とほぼ同じですね。

(6)「通貨単位」は台湾と同じく元ですが、台湾は「台幣」、中国は「人民幣」でお札&硬貨
  共に違いますので、価値も全然違います。なので交互使用ももちろん出来ません。
  (台湾1元=約3円、中国1元=約15円)
  
(7)「言語」は言わずもがなの中国語ですね。(台湾の中国語との違いについては下の方で。
  「字体」に関しては「中国」は「簡体字」、「台湾」は「繁体字」ですね。
  <例>「台湾繁体字」の「開」、「中国簡体字」の「开」等。
  <余談>過去滞在したことのある「香港」や「マカオ」は台湾と同じ「繁体字」でした。

  また、滞在期間中に限っての所感ですが、台湾の普通語、中国の普通語、
  多少の言い回しが違う程度で、特に気にせず過ごせました。
  (たまに「へー、そう言うんだ」程度でした)
  
  あと、「字体(繁体字と簡体字)」の違いに関しても中国語がある程度出来る状態
  ならば、すぐに見慣れてくるかなという印象でした。(私、ほぼ「繁体字」の学習歴
  しか無し状態です。)
  だから台湾選手やコーチがバンバン行ってるんですな。
  (よく問題となりがちな言語の壁がないんですもん)

  ちなみにコチラでは、中国語の普通語とは違う、「上海話」というのもあって、
  これはサッパリ分かりませんでした。
  (台湾で例えるならば「台語」に当たる感じと言うと分かり易いでしょうか)

以下は一部写真付きでーす。(そういえば今回は写真、チョットしか撮らなかったなー。)

※飛行機着陸後、すぐに機内で新型インフルエンザ検査を1人ずつ実施。(はひ~)
新流感検査

※「(上海)浦東国際機場」です。
上海浦東国際機場

※試合会場(上海力道台球館)の玄関です。
会場玄関

※試合会場下見時に台湾の御大、ゴッド中のゴッドである趙豊邦(ヂャオフォンパン→
過去世界選手権を2度制覇!)とハイチーズ。(カッコエエ~アイヤー、アチョー!)
趙豐邦

※国際試合に行くと、もはや”定番”の平場勝負撞きの風景。
1テーブルに100人以上の人だかりができ、自分がエントリー(笑)したり、ひいきの選手
を応援しています。フーザーウエイ、、、負けまひた。。。お~い。。。ということは、、
ハイっ、ワタクシも負けまひた(涙)
平場のフーザーウエイ

※大勢の上海在住日本人の方々が連れて下さった超有名店へ。とてもおいしかったでーす。
(お世話になりました皆様方、本当にありがとうございました!)
南翔饅頭店
<お店>南翔饅頭店
<備考>1900年創業の上海で最も名の知れた上海小籠包の老舗店だそう。

※「呉江路小吃街」です。(あっ、そういえばこの近くにモ○マネブランド品!?(ははは)
 専門百貨店があり、徘徊してきました。すごいなー、巧妙でした。)
小吃街

※上海の地下鉄にも乗ってみました。
地下鉄 南京西路駅
<以下乗車時の小話です、すびばせ~ん、オチ無しです、心アタタマるお話ということで。>
「南京西路」駅からテクテク乗車。途中、「人民広場駅」で乗り換えようとしたところ、
目的地へ向かう「地下鉄8号線」が何らかの問題で走らなくなっていました。
「ええーっ」て表情をしていると、ナント現地の麗しきお姉サマ方が声をかけて下さり、
目的地方向が一緒とのことで、そこからはタクシーで途中までご一緒させて頂きました。
お名前も伺わず、料金も。。。恐縮です、その際はありがとうございました。(てへへ)

※そうそう、写真はありませんが、「朝までカラオケ」にも。(やっぱり!?なはは)
私の大好きな、、、もちろん中国でも大人気の「周杰倫」、もちろん新曲も含めて
バリバリあったので、上海でも歌いまくりまひた。(なはは)

~~~「以下は台湾の中国語(普通語)と中国の中国語(普通語)の違い
について自分が体感したことをば」~~~

※上の方で触れました「台湾&中国の中国語の違い」についてですが、
結論から申しますと、自分は違和感なかったです。「発音や言い方の違い」は多少
あるものの、特に気になるほどでもなかったです。(それは日本語も同じですもんね、
福岡の人が札幌に行ったら会話が通じないなんてことはないのと同じ!?)

尚、「言い方の違い」を例にしますとこんな感じでした。

<例>レストランで店員さんを呼ぶ際、台湾では「小姐(シァオジエ/女性への呼びかけ)」とか、
「先生(シエンシェン/男性への呼びかけ)」、あるいは、「哈囉(ハルォー/英語のHelloです)」等。

これを中国の場合は「服務員/フーウーユエン」と言っています。

でも、これも中国語が少しできる方なら一度聞けば「あー、そーなんだー」位だと思います。

ちなみに余談ですが、逆に中国で店員さんを呼ぶときに台湾の「小姐~」と使うと
「夜のお店のお姉サマ」チックに!?(なはは)。

<その他>「先入観だったのかな」的なお話です。
(但し、短い上海滞在期間に限ってのお話であり、中国に在住している訳ではないので
統計的と言いますか、習慣的と言いますか、、、つまり「人によって」ということもあります
ので、そのあたりはあしからずでございます。)

「台湾」ではタクシーのことを「計程車/ジーチェンチェー」と呼んでいます。
「中国」ではそれを「出租車(チューヅーチェー)」と言うんだよって友人に教えて貰っていました。

もちろん、それはあっていると思いますが、中国の方と団らん中に私、思わず「計程車」と
使って会話(習慣で思わず出て、言った後に「あっ、こちらでは出祖車って言うんだっけ」と
気づいた状況)したのですが、相手の方とは何の違和感も無く会話が続きました。

念のため後で、その中国の方に「こちらではタクシーは出租車って言うのですよね?」
って、改めて聞き直してみたのですが、「えっ、どっちでもいいですよー」だそうです。
これも気にすることもなさげ!?ですね。

※中国語語学留学の為に台湾or中国、どちらに行かれるかを悩まれていらっしゃる方は、
上記ご参考までに。(中国と台湾の中国語発音に関して、あくまで個人的体感イメージです
が、台湾発音はハッキリクッキリ系(重音)!?、中国発音は少しライト系(軽音)!?な印象です。)

ということで、「上海遠征番外編的日記」でした。

<最後に>
神箸P、内垣P、大井P(お二人)、田口P、高野Pはじめ、日本選手の皆様方、また上海在住

日本人の皆様方、現地では大変お世話になりました。そしてお疲れ様でした、またたくさんの

貴重なお話を頂きましてありがとうございました!

2009.06.13 | | Comments(4) | Trackback(1) | 【滞在記2008年】<中国上海>(主にチャイナオープン関連)

チャイナオープン参戦を終えて

中国で初の国際ビッグトーナメント、チャイナオープン(世界九球中国公開賽)。

自分の試合は終了しました。

今回は、参戦して感じたことなどを綴ってみたいと思います。

まず、個人結果ですが全くダメでした。

相手がどうとかではなく、自分との闘いですね。

(惨めな結果を書くのが恥ずかしい位なら参戦していないと思いますので下記へ列記します)

【初日】1回戦敗退。(対戦相手は去年のバリオープン優勝のNurdin(インドネシア)選手。)

【2日目】2回戦敗退。(対戦相手は台湾のアニキ的存在、世界選手権5位の劉峻銓選手。)

【3日目】1回戦敗退。(対戦相手は一昨年の9ボール世界選手権でStage2入り最年少記録
      を作った末恐ろしい若干15歳の中国選手、王灿。)

毎回(国際)試合に出ていっては、、、

「負け」

「心がポッキリ」

「もう、いやだー」

「その後・・・(反省)」

「練習再開」

ビリヤードはホントに「正直な」努力努力努力の賜物。

時に「練習」はホントに辛いと思ってしまうことも。
(一番大切な「楽しむ」ことを忘れてしまい、「球入んない、もう、いやっ、ビリヤード
なんかもうやんない」の様な)

・・・

・・・

・・・

そして「試合」というのは「結果」が出ます。

Stage1最終選出(決勝ラウンド行き)の9名は以下の通り。(5/9が台湾勢という結果に)

・Do Hoang Quan(ベトナム)
・李柏宪(台湾)
・古田和男(日本)
・張皓評(台湾)
・羅立文(台湾)
・趙豊邦(台湾)
・郭 華 (中国)
・Rudy Susanto(インドネシア)
・汪国斌 (台湾)

結果だけ見ると、日本勢は台湾在住日本国籍の古田和男師匠1人という厳しい状況でした。

でも、この場で戦ったサムライ戦士を見ていて強く思ったことがあります。

今回、日本から参戦されたサムライチャレンジャー(男子の部)は12名前後だったと

思いますが、本当に奮闘されています。


以前の日記にも触れましたが特に国際試合では、普段の練習環境が作れるだけ

でなく、金銭面(エントリーフィ、渡航費、ホテル、その他諸経費)、スケジュール等、、、

多くの環境面を全てクリアすることができて初めてその国際試合という大舞台に立つ

ことができるわけですね。

・・・

・・・

・・・

えっ!?、日本は弱いですって!?


いえいえ、確かに結果は結果ですが、これだけのサムライチャレンジャーが勇敢にも

海外に出て行って奮闘しています。

日本のビリヤードプレイヤー、ここ最近は特にそう!?なのでしょうか、、、どんどん海外に

出ていく選手が増加していっている傾向だと思われます。

それに影響を受けた他のプレイヤーが「ヨシ、俺もっ!」って思うサムライが更に増えて

いけば、長期的に国全体としてのレベルアップにきっと繋がると思います。


だって、こんな場で戦うって足震えても全然おかしくないですよ。
(そういえば台湾に来てすぐに参戦した1発目の台湾プロツアーなんて思い出すと(汗))

海外の強い選手だって、こういった場では手がガクガク震えていたりもします。

また、接戦になっている時の緊張感なんてモーレツです。

(負けたときの衝撃も確かに強いですが。中にはしばらくその場から立てない人もいます)

・・・

・・・

・・・

「強い」といわれる台湾も、この10年がかりで世界強国の1つになったのだと思います。


そうそう、今さら!?かも、、、そして、、、もはや半ば捨て身的!?かもしれません!?が

自分自身も海外の試合にバンバン出ていくことで、超微力!?、もしくは無い!?

のかもしれませんが、それでも、この自分のブログ、「Hammerの台湾撞球生活」に

世界戦の参戦記を書いたりしているのは、ご覧いただいている日本プレイヤーの方々の

発奮材料の1つになれれば的な意図もあったりします。

本当にすみません、超大柄なことを言ってしまって。
(でも、個人的にはそろそろ落ち着いてもいいのかな的な気持ちも少し、ははは)


そうそう、自分のことを言えば、、、以前の日記にも何度か書いていますが、

「自分、、、ビリヤードセンスないです、ハイ。」


でも、、、好きなんですね、、、私、、、、ビリヤードが。。。


※※※日本が将来のビリヤード超強国となる為にも海外に思い切って出ていく勇敢な
サムライ達を含め、ビリヤード仲間みんなで長い目で見て応援して行きましょう!

<追記>
そういえば、以前リューフェイザンと練習中に、こんな会話がありました。

Hammer「なんでこんな簡単な球外したんだろー、くやしいなー、君ならまず外さないよね?」

リュー「おれ、何年やってると思ってるん、約15年だぜ、Hammerはたかだか5年じゃん、
センスうんぬんを抜きにしても年数だけでもその3倍長くやってるんだぜ。」

「長い目」で、、、でも「確実にレベルアップ」していって、将来日本という国がビリヤード
最強国になれることを期待したいですね。

2009.06.12 | | Comments(2) | Trackback(0) | 【滞在記2008年】<中国上海>(主にチャイナオープン関連)

古田和男!2/128を通過!

超激戦のチャイナオープン(ビリヤード9ボール国際トーナメント)stage1。

初の中国開催ビッグトーナメント。

かなり盛り上がっています。

選手だけではなく半端ない人の数です。

このチャイナオープン、恐らく興行的にも大成功を納めそうな予感がします。
(今後はひょっとして毎年の恒例行事的国際トーナメントに!?)

ここ最近でいいますとビリヤードの大きい国際試合の開催国と言うと、フィリピンのイメージが

ありますが、その要因の中にはきっと英語が通じるということもあると思います。

中国はもちろん中国語な訳ですが、それをさしおいても、今後はドンドン、試合が増えていく

のではと思われるようなビリヤード白熱中の中国。

以前から何度となく「中国はきっと、ここ数年の内にビリヤード世界強国になる」とブログに

書いておりますが、、、来てみてホントに体で感じることができました。

そしてその中国選手のレベルについてですが、現時点ではstage1通過選手は現れて

いないものの(国際試合に対する経験不足!?)、ビックリするほどのレベルの高さです。

以前から台湾のコーチが中国へ行って育ててますしね。

そんなこともあってかやはりイメージは台湾スタイル。

でも、それに更にプラスαとして「お国柄的」とでも言いましょうか、ハングリーさが

加わった感じです。

もちろんブレイク、、、かなりキツイです。

そんな厳しいトーナメントを抜け出したのが、古田和男師匠!世界選手の時もそう。

自力stage2行きを決められています。祝!!!

その古田師匠。先日の日記で書きましたが、国籍の問題でご気苦労をされています。

また、不景気による師匠所属店の経営問題。

台湾育ち日本国籍の古田さん、ひょっとしたら日本へ戻ることも検討の中にあるそうです。

そんな球以外で、色々気を揉まれながらも勝ちとったstage1優勝!是非、この勢いで

頑張ってくださいませ! 恭喜!!!古田和男!!!

2009.06.10 | | Comments(2) | Trackback(0) | 【滞在記2008年】<中国上海>(主にチャイナオープン関連)

世界九球中国公開賽

20090608121102
ということで、チャイナオープン前日、男子stage1会場に練習に行って来ました。テーブルが約50台設置された会場は圧倒の景色。
そして試合スタート~!
シングル128名のトーナメントでどの2人が通過するかー!

激アツの試合、開始です。

2009.06.08 | | Comments(3) | Trackback(0) | 【滞在記2008年】<中国上海>(主にチャイナオープン関連)

初日対戦組み合わせ発表(チャイナオープンSTAGE1)

チャイナオープン(ビリヤード9ボール国際トーナメント)の初日分のみですが

試合の対戦相手が発表されました。

いやー、それにしてもスゴイ数ですね。

男子128のシングルトーナメントで、1日2人のみしか通過出来ないという、、、、

つまり残りの126は全員、「サヨ~ナラ~」という超過酷トーナメントです。

ということで、以下男子の組み合わせです。

見方は上から2人1組ずつの対戦で例えば一番上から見ますと、

1&2、3&4・・・という組み合わせです。

尚、「轮空」=「1回戦相手無し」となります。

【A組】
1.何友友 He Youyou(CHN)
2.(轮空)
3.Akihiro Tazuhara(JPN)
4.朱熙禾 Zhu Xihe(CHN)
5.曾昭东 Zeng Zhaodong(CHN)
6.Luu Minh Phuc(VIE)
7.罗立文 Lo Li-Wen(TPE)
8.汪国斌 Won Kuo-Bin(TPE)
9.陈维知 Chen Wei Chi(TPE)
10.王泓翔 Wang Hung-Hsiang(TPE)
11.吴仲民 Wu Zhong Min(TPE)
12.潘雷雨 Pan Leiyu(CHN)
13.刘峻铨 Liu Cheng Chuan(TPE)
14.Takao Takayama(JPN)
15.Wiharto(IDN)
16.Kazuo Furuta(JPN)
17.(轮空)
18.Haryadi Hadi(IDN)
19.Quach Vy NAM(VIE)
20.陈英杰 Chen Ying-Chieh(TPE)
21.高 翔 Gao Xiang(CHN)
22.Edu Nugraha(IDN)
23.宋滨辉 Song Binhui(CHN)
24.韩浩翔 Han Haoxiang(CHN)
25.郭玄伟 Kuo Hsuan-Wei(TPE)
26.刘长飞 Liu Changfei(CHN)
27.Le Quang Trung(VIE)
28.许宏民 Hsu Hung Min(TPE)
29.徐 猛 Xu Meng(CHN)
30.Lee Poh Soon(MAS)
31.(轮空)
32.Lee Van Corteza(PHI)

【B組】
33.An Siu Wai(HKG)
34.(轮空)
35.Nurdin(IDN)
36.hammer(JPN)→私でーす、なははのは
37.王 灿 Wang Can(CHN)
38.Toh Lian Han(SIN)
39.刘政杰 Liu Cheng-Chieh(TPE)
40.Demosthenes Benoya Pulpul(PHI)
41.于 庭 Yu Ting(CHN)
42.唐问天 Tang Wentian(CHN)
43.曾 峥 Zeng Zheng(CHN)
44.张海楠 Zhang Hainan(CHN)
45.方小郎Fang Hsiao Lang(TPE)
46.李 健 Li Jian(CHN)
47.杨要辉 Yang Yao-Huei(TPE)
48.Albrecht Lapena(PHI)
49.阮乐乐 Ruan Lele(CHN)
50.Ricky Chew(SIN)
51.李柏宪 Li Bo Xian(TPE)
52.Ali Khojasteh Anbaran(IRI)
53.谢召辉 Xie Zhaohui(CHN)
54.柏舸飞 Bo Gefei(CHN)
55.高舜旸 Kao Shun-Yang(TPE)
56.John Rebong(PHI)
57.许俊洋 Hsu Chun-Yang(TPE)
58.张境文 Cheung King Man(TPE)
59.Goh Tuan Kiat(SIN)
60.苏 俊 Su Jun(CHN)
61.Fukuda Takeshi(JPN)
62.安振杰 An Zhenjie(CHN)
63.(轮空)
64.Rudy Susanto(IDN)

【C組】
65.朱宏铭 Chu Hung-Ming(TPE)
66.(轮空)
67.Kamihashi Hisataka(JPN)
68.代 勇 Dai Yong(CHN)
69.赵丰邦 Chao Fong-Pang(TPE)
70.Yoedi Kristianto(IDN)
71.邴 宁 Bing Ning(CHN)
72.Tey Choon Kiat(SIN)
73.Masato Hiraoka(JPN)
74.杨宗龙 Yang Tsung Lung(TPE)
75.Sit Shun Ching(HKG)
76.张皓评 Chang Hao-Ping(TPE)
77.张 毅 Zhang Yi(CHN)
78.Kenichi Uchigaki(JPN)
79.樊志松 Fan Zhisong(CHN)
80.须晓磊 Xu Xiaolei(CHN)
81.(轮空)
82.张 凯 Zhang Kai(CHN)
83.Nguyen Hnat Thanh(VIE)
84.杨建耀 Yang Jianyao(CHN)
85.Kenji Taguchi(JPN)
86.潘文正 Pan Wenzheng(CHN)
87.寇思祥 Kou Sixiang(CHN)
88.Do The Kien(VIE)
89.王 铭 Wang Ming(CHN)
90.刘海峰 Liu Hai Feng(CHN)
91.Reza Masoumi(IRI)
92.李 克 Li Ke(CHN)
93.Kazuki Nishimura(JPN)
94.Ahmad Mir Aghayi(IRI)
95.(轮空)
96.Mithutoshi Mizuno(JPN)

【D組】
97.李 磊 Li Lei(CHN)
98(轮空)
99.郭 华 Guo Hua(CHN)
100.孟 江 Meng Jiang(CHN)
101.郭小朋 Guo Xiangpeng(CHN)
102.Do Hoang Quan(VIE)
103.李泓铮 Li Hongzheng(CHN)
104.Warren Kiamco(PHI)
105.张玉龙 Chang Yu-Lung(TPE)
106.Akashi Kimura (JPN)
107.丁天海 Ding Tianhai(CHN)
108.Tomoo Takano(JPN)
109.刘文博 Liu Wenbo(CHN)
110.Luong Chi Dung(VIE)
111.Naoyuki Ooi(JPN)
112.孙志杰 Sun Zhijie(CHN)
113.Ricky Zerna(PHI)
114.Ricky Yang (IND)
115.Ibrahim Bin Amir(MAS)
116.Kwok Chi Ho(HKG)
117.See Kiong(IDN)
118.李昆芳 Lee Kun-Fang(TPE)
119.庄志祥 Chuang Chih-Hsiang(TPE)
120.刘 巍 Liu Wei(CHN)
121.丁大智 Ding Dazhi(CHN)
122.Nguyen Anh Tuan(VIE)
123.Wong Chi Wa(HKG)
124.Chan Keng Kwang(SIN)
125.林迪迪 Lin Didi(CHN)
126.Jun Shimizu(JPN)
127.(轮空)
128.卢海鹏 Lu Haipeng(CHN)

以上、男子の部の組み合わせです。

そして以下は女子の部の組み合わせです。

1.尤斌声 You Binsheng(CHN)
2.谭湘玲 Tan Hsiang Ling(TPE)
3.刘莎莎 Liu Shasha(CHN)
4.沈 清 Shen Qing(CHN)
5.吴 晶 Wu Jing(CHN)
6.Ikumi Ushiroda(JPN)
7.张中梅 Zhang Zhongmei(CHN)
8.朱婷婷 Zhu Tingting(CHN)
9.Julie Kelly(IRL)
10.庞 玲 Pang Ling(CHN)
11.范瑞芳 Fan Jui Fang(TPE)
12.朴恩志 Park Eun Jip(KOR)
13.Junko Tuchiya(JPN)
14.周萌萌 Zhou Mengmeng(CHN)
15.苏忆云 Su I Yun(TPE)
16.Angeline Magdalena Ticoalu(IDN)
17.李 佳 Li Jia(CHN)
18.Suhana Dwi Binti Sabtu(MAS)
19.玄知原 Hyun Ji Won(KOR)
20.Lee Tricia Gar Yun(HKG)
21.Akio Otani(JPN)
22.郑晓春 Zheng Xiaochun(CHN)
23.林润美 Lim Yun Mi(KOR)
24.韩 芳 Han Fang(CHN)
25.叶思思 Ye Sisi(CHN)
26.Keiko Yukawa(JPN)
27.曲飞飞 Qu Feifei(CHN)
28.雅婷 Chan Ya Ting(TPE)
29.蔡佩真 Tasi Pei Chen(TPE)
30.张雪雯 Zhang Xuewen(CHN)
31.周豆豆 Zhou Doudou(CHN)
32.Cha Yu Ram(KOR)
33.Kaori Ebe(JPN)
34.Yukiko Ooi(JPN)
35.Hoe Shu Wha(SIN)
36.赖慧珊 Lai Hui Shan(TPE)
37.Esther Kwan Suet Yee(MAS)
38.党 婵 Dang Chan(CHN)
39.林筱 Lin Hsiao Chin(TPE)
40.Chia Zeet Huey Charlene(SIN)
41.陈思明 Chen Siming(CHN)
42.王雅辰 Wang Yachen(CHN)
43.陈纯甄 Chen Chun Chen(TPE)

2009.06.07 | | Comments(0) | Trackback(2) | 【滞在記2008年】<中国上海>(主にチャイナオープン関連)

準備完了~!

チャイナオープン(ビリヤード9ボール国際トーナメント)に向け出国準備をば。

今回は「中国」ということもあり、言語的な面を含めチョット気が楽です。

(世界選手権なんかで行くフイ○○ンは、何度行ってもやっぱりちょっとコワイっす。
以前、マニラで襲われかけたことがあったので。モチロン、メッチャ逃げました、なはは)

出国準備といいましても、最悪キューさえあればネ。(ははは)


ということで、着替えだのなんだのを詰め込み、空港までの

車の手配(スーツケースなので)もOK!

ヨシっ、あとは体だけ持って行けばなんとかなるでしょう。


余談ですが、こっちの人はホントおおらかなの!?

今回、団体でホテルや飛行機のチケットを予約しているとはいえ、

現時点でもホテルがどことか周りの人、知りませんです。(ははは)


みんな、、、飛行機に乗る時間だけ把握!?

着いたらなんとかなるんちゃう系なの!?(心配性なのは私だけ!?)

ちなみにステージ2の某プレイヤー、そのステージ2自体がいつから始るか

今日の時点でも把握してなかったし。

とりあえず飛行機に乗って中国に行けばいいんですな、きっと。カッコイイです。

試合も何先とか、、、多分知らないんじゃないかな、種目は9ボールって位で。


日本人気質かもしれませんが、あれこれ事前に住所メモを用意したり

するのは私くらいだったり!?

だって情報を集めようとして聞いても、皆んな知らないんだもん。

自分的にはホント苦労します(笑)


でも、球撞きに関してもコチラの選手の表情がクールなのは、そんな感覚気質なのかもですね。

ということで行ってきまーす!

そして、いつも通りではありますが頑張りますよー!

※中国からも日記更新予定でーす。どんな珍道中が待ち受けている!?なんて。(ははは)

2009.06.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞在記2008年】<中国上海>(主にチャイナオープン関連)

【STAGE1会場】チャイナオープン

目前に迫ったチャイナオープン。(6/8スタート~)

チャイナオープンポスター

元々はShanghai Pudong Yuanshen Stadium(浦東源深體育館)で

全トーナメントを行う予定でしたが、あまりのエントリーの多さに急遽

STAGE1の会場が変更となりました。

その会場はコチラ。(男女で会場が違います、ご注意をば)

【STAGE1】  
  <男子>
  [会場名]上海力道台球館(中山北路/共和新路口)(Shanghai Lidao Billiard Club)
  [住所]上海市閘北區共和新路1165号(1165 Gonghexin Road ,Zhabei District)
  [備考]有名な張明雄コーチ、それから御大の趙豊邦がいらっしゃる会場の様です)

  <女子>
  [会場]腾龙球会(Shanghai Tenglong Billiard Club)
  [住所]上海市浦东新区浦建路346-358号4楼
(4th floor,358 Pujian Road Pudong New Area)


【STAGE2】
  ※男女共に予定通り「浦東源深體育館(Shanghai Pudong Yuanshen Stadium)」です。
  ※(参考)→「過去日記」

ということで、チャイナオープン直前情報でした。

2009.06.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞在記2008年】<中国上海>(主にチャイナオープン関連)

【更に追加】チャイナオープンStage1は激烈必至!!!

いよいよ中国で開催されるビリヤード9ボール国際ビッグトーナメントのチャイナオープン。
china_openロゴ

とうとう、Stage1の参戦メンバー(氏名)が公開されましたねー。

「男子」の試合については、、、やはりというか、、、中国選手だけでエントリー数が約40人。

どっひゃー、スゴイ数!

そして台湾の男子選手は以下の23名が参戦予定。

李昆芳、劉峻铨、許俊洋、高舜旸、郭玄伟、庄志祥、朱宏銘、張皓評、趙豐邦、
羅立文、劉政杰、王泓翔、陳英傑、方小郎、汪国斌、張玉龍 、楊要輝、江振宇、
許宏民、楊宗龍、陈维知、呉仲民、李柏宪(一部、簡体字です)

つまり、、、中国&台湾選手だけで60名以上!!!

そして、その他上記以外の国(日本含む)のエントリー数が約50名。


結果、、、「第1回チャイナオープン」、Stage1男子はトータルで約110名のエントリー!


うわ~、これはキョウレツですね。

といいますのは、この「Stage1」を通過できるのは「1日につき2名(最終日は4名)のみ

(予定)」という超難関。


コレ、、、ざっと計算しましても「Stage1」の「1日につきの予選突破確率」=「2/110」。。。

ということは、、、ナント合格率1.8%の受験戦争!?。。。

「弁護士試験」もなんのそのな!?、、、スゴイ難関ですね。


でも、当日にはこの内の誰かが突破する訳ですもんね。


そして気になる日本人エントリーですが。
(試合公式HPに氏名公開されていますので、もう大丈夫でしょう)

神箸久貴、内垣健一、大井直幸、田口憲司、高野智央、木村明士(From JPBA)、古田和男

、、、ということで「日の丸軍団」からは計14名の勇士がこの超難関のStage1に挑みます。

・・・

・・・

・・・

そしてそして(なはは)、、、

・・・

・・・

・・・

実は、、、ワタクシもエントリーしています。(なははのは)


はは~ん!、だからやたらとチャイナオープンの事を良く知ってて最近の日記に

コツコツ書いているんですな。(以前からバレてる!?笑)


そして女子の部のStage1エントリー数は約40名。(中国15名、台湾8名、日本6名・・・)

女子の部は男子よりも確率論的にはチャンスかもしれませんね。

日本女子(もちろん男子含む)の選手皆さん、頑張ってくださいませ!


ということで個人的にも初上海、楽しみですっ、ワクワク!

<参考/チャイナオープン公式HP→>「上海公開賽」

2009.06.03 | | Comments(10) | Trackback(0) | 【滞在記2008年】<中国上海>(主にチャイナオープン関連)

«  | HOME |  »

プロフィール

hammer

Author:hammer
台湾のビリヤード(撞球、POOL)スタイルにハマッたHammerの日記。(這個是Hammer的部落格上面還記
載了學中文及生活的許多事)...そして2012年4月以降、中国広東省シンセン市南山区にてHammer Billiard Club本店(深圳汉默台球俱乐部)を、2014年8月に深セン最大級のポケットビリヤード場、Hammer Billiard Club旗艦店を、その後帰国し2016年4月8日より広島ビリヤード&カフェバー胡町電停前店をOPEN!

@台湾

2009年(JET) jet2.jpg 2008年(中文台) 爆桿bingo logo

Blog Logo

Blog Logo

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

POOL!

ボール写真

CalendArchive

ブログ内検索

World Pool Championship

2009年(球歴5年生) blog用world pool championship 2008年(球歴4年生) 圧縮版 2007年(球歴3年生) 2007年世界選手権

MY CUE

1代目サウスウエスト

MY CUE CASE

myキューケース

翻訳Leggero

地獄の世界選手権STAGE1

地獄のSTAGE1!

月別アーカイブ

FC2カウンター

Dragon cue case@台湾廟

ビリヤードケースと廟logo

リンク

このブログをリンクに追加する

I’mラックマン!(ははは)

delta13.jpg

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

不撓不屈

龍馬精神

ASIA好き!

@台湾  台北101煙火 台北101新年 @台湾 台南(お店入口!) 台南搾門      ジャンプしょっとお! フィリピン上空     @フィリピン フィリピン @マレーシア @マレーシア @マカオ マカオにて     @香港 「THE100万$夜景」 100万ドルの夜景 名物「せり出し看板」 香港のせり出した看板 「STAR FERRY」 定番色スターフェリーlogo 「HONG KONG NEW YEAR!」 香港TST時計台花火 「アチョー!」詠春拳!? 服    @中国   「深セン」 シンセン駅 「中国高速鉄道CRH」 和#35856;号 「広州」 広州駅 「珠海(九州港)」 The 船! 「湖南省張家界」 天橋

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。